ブログ一覧

肩こりを解消するなら、どうする?

肩こりを楽にしています。

肩こりを楽にすることと、肩こりを直すことは違います。しかし、肩こりを直すためにも、まずは肩こりを楽にすることから始めていきます。

肩こりを楽にする時には、注射を打っても、湿布を貼っても、マッサージしても、ボキボキしても、低周波治療器や電器をしても楽になることはあります。

肩こりと低周波治療器や電器

しかし、これらは一時的な肩こり解消をしているだけです。

肩こりが楽になっても一時的にコリを感じないだけで肩こりの原因はあります。
注射を打っても、湿布を貼っても、マッサージしても、ボキボキしても、低周波治療器や電器をしても肩こりを感じなくすることはできます。しかし、感じないだけで感じない間も肩こりの原因は進行していきます。

つまり、根底化で肩こりの原因は進行していくと言う事です。
肩こりを感じた方が今は肩こりがなくても、先将来に内臓の病気を起こしているという事があります。

肩こりと言っても軽く考えることはできません。筋肉のコリ??飛んでもありません。もっと原因は根深くあります。
肩こりを改善したいと思うなら、まずはコリを楽にして直していくこと。

湿布を貼ったり、低周波治療器や電器をしたり、マッサージをしたりしても楽になることもありますが、肩こりの原因になったものは残ったままになっています。
当院の肩こりを解消する方法は、まずは何といっても筋肉からほぐしていきますが、筋肉も揉めば良いと言う訳ではありません。

本当に筋肉がコリを起こしているのか、確認することを検査でしていますから、肩こりの筋肉の状態が判断できます。

筋肉の状態

筋肉のコリなのか、筋肉の炎症という事もあったり、筋肉がハレていることもありますし、筋肉がかたくなっていることも、また、免疫に関係するものが増えてパリパリになって肩こりになっていることもあります。

肩こりを起こしている筋肉が、どの状態なのか、検査することで確認して肩こりの治療に入ります。

限定しないと効果も出にくいためで検査することで筋肉の状態がわかって治療しやすくなります。

肩こりというと筋肉というイメージが強いですが、肩こりには色々な原因があります。内臓といっても病気ではありません。ここでは出てきませんが脳疲労も肩こりの原因です。脳疲労から起きる肺の問題、心臓の問題が増えています。脳疲労は眠りの浅さです。

肩こりとマッサージする

自分でも気が付かない状態で肺や心臓が疲労しているかも知れませんが、病気ではありません。

肩こりというと

肩こりというと筋肉のこりのことですが最近の肩こりは簡単、単純ではありません。筋肉をもめば良いと言う肩こりは少なくなっています。
肩こりの筋肉のコリも背骨のズレや首の骨のズレから起きることもあります。背骨の骨や首の骨がズレを起こすと、筋肉も引っ張られたり固くなることもあります。

それ以外で、免疫力の低下の方が増えていて敵対勢力が増えると全体に取りつくとダルイ感じやハリを感じたり、神経に取りつくと痛みになります。
本当に最近の肩こりの方は以前とは違い、全員と言って良いほど免疫細胞が減ることが起きています。免疫細胞の数が減ると敵対勢力が増えていきます。

あまりネットでは言えませんが、例えばノロウィルスとかが嘔吐下痢症を起こす細菌ですが、嘔吐下痢を誘発する部分だけにつくことはなく、急性状態は治まっても、また、

自分がなっていなくても慢性状態で体内に入っている方が多くいます。

このノロウィルスが筋肉や皮膚についていたりする方もいます。
筋肉や皮膚についた細菌を確認して減らすことをしないと肩こりは改善できませんから。この陽気の変動が多い世の中ですから、本当に変な症状が起きています。

当院は30年

当院は30年間で多く方の肩こりの状態を確認して治療してきましたが、最近の方は肩こりの筋肉のコリと言うよりも違う所が原因で起きている肩こりの方が増えています。
今は、この陽気の変動の多さで睡眠負債の方が増えています。
睡眠負債(NHKの番組で使用)は、毎日の眠りの時間不足、眠りの浅さです。

良い睡眠時間は7時間です。

布団に入る時間よりから眠りについて、それから7時間の時間が一番、良い長さです。
この毎日の時間の短さが睡眠負債になっている場合が多く負債がどんどん多くなって積み重なっています。

睡眠負債とは眠りの借金をしている状態です。
眠りの借金の睡眠負債を多くしていると心臓が一番に弱くなります。脳と心臓は深く関係があります。しかし、心臓と言っても病気ではありません。

心臓が病気ではなく弱ると言う事ですから病院で検査しても陽性反応も出ないし出なければわかりません。

自覚症状的には時々ですが一瞬で起きる場合が多く、動悸、息苦しい、寝汗、頭から汗をかく、手のシビレ、階段の昇降の時の状態、手首の痛み、足首の痛みなどが、本当に

一瞬、起きることです。

本当に一瞬なので気に留めてない方が多くいます。
1日とかではなく毎日の積み重ねの状態で起きていますから気が付かないで心臓疲労や脳疲労が起きている方が、肩こりになっています。
当院ではこの脳疲労や睡眠負債の検査もできますが、今日も肩こりの方が来院されましたが、この方も検査してみると睡眠負債による肩こりでした。
睡眠負債は正解的に増えているのですがアメリカでは研究がなされていますが日本では、まだまだです。

そんな折、最近、NHKの番組で放送していましたが当院では以前からこのことを言っていました。睡眠負債と言う言葉は初めてですが。

睡眠負債が多くなるとイライラしたり、頭がボーとする、頭痛、偏頭痛、めまい、肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、足がつる、胃の持たれ、胃炎、浮腫み、太り、うつ、パニック、物忘れ、うっかり、記憶の問題、引きこもり、不登校、性格の荒れ、落ち着きがない、成長痛、自律神経失調症、更年期障害、認知症、ボケ、ガン、内臓の病気、精神の病気になりやすくなります。

睡眠負債が多くなると脳の細胞の減少が急速に早くなります。
免疫力も極端に減少していきます。
眠りが浅いのに免疫細胞があるわけありません。免疫細胞の減少はガンや腫瘍を作ります。

肩こりと言っても色々な肩こりがあります。
肩こりと言うと筋肉のコリのことですから、筋肉のコリから解消していくようにしていきます。

筋肉が緊張して固くなったり、血行から循環が悪くなったり、リンパの流れが停滞して老廃物が多く蓄積したり、筋肉の問題だけでも色々な状態があります。

いつも使っている腕や肩に負担をかけてばかりいると
筋肉疲労が起きて肩こりになることもあります。
仕事的には、キーボードを打つ、スマホを良く使う、レジ打ち、事務仕事、重いものを

持つなどなどや肩や腕を使うスポーツなどでも肩こりは起こりますから、色々な肩こりが存在します。

肩こりは色々な原因で起きています。一番は、筋肉のコリです。筋肉はコリを起こすことが肩こりということなので、筋肉のコリからほぐしていくようにしています。
筋肉のコリが一度起きるとリンパの流れが悪くなったり老廃物が多くたまったり乳酸が多くなったり循環なども悪くなります。

①リンパの流れ、②老廃物の解消、③乳酸の蓄積、④血流の停滞なのいろいろなモノが悪くなると肩がコリを起こし肩こりになります。

連続使用が

この連鎖的な状態が肩凝りをくりかえしおこりやすくしています。
肩こりを解消していくためには湿布を張ったり病院の外来で薬をもらったり低周波などの電気を当てたり肩の筋肉を揉むことよりも、しっかりとした原因を検査でみつけていくことをしませんか。
肩こりの方の筋肉を院長が触るだけで、どういう状態で肩凝りが起きているのか検査することで原因がわかります。
ただ肩こりの筋肉を揉むことよりも、原因から改善するようにしないと繰り返し起こりやすく原因もいつまでも同じではありません。
原因はどんどん進行して悪くなっていきますので、体が年をとるように原因も年をとるような感じになっていきます。原因が年を取るということは、進行していきます。
人においては肩の筋肉が硬くなりすぎて肩こりを感じない方もいます。以前肩こりがあった方もいろいろな治療をしてきたかもわかりませんが治っているわけではなく筋肉の悪さが進行してしまって肩こりが分からなくなっている場合があります。

肩こりというと

低周波治療器や電器などでコリを散らすことはできるかも知れません。低周波治療器や電器などを使うと一時的な解消を作れますが、問題は肩こりを感じない時でも肩こりは奥底で進行していると言う問題です。
低周波治療器や電器などを使うと確かに誤魔化すことはできます。肩こりを治すのではなくわからなくすることが。
肩こりと言うと肩の筋肉だけで起きている方は、ほとんどなく筋肉もコリを起こしていますが、別の原因がある場合がほとんどです。
筋肉だけではなく歪みが原因の場合も多くあります。背骨の歪みなどが起きると筋肉は骨から骨についていますので骨がゆがみを起こすと筋肉も自然と硬くなるということが起こりますからそうすると肩こりになります。
肩こりを楽にしていくためには原因から改善していかないと筋肉だけコリを解消しようとしても繰り返し肩凝りが起こりやすくなります。
どうして筋肉のコリが起きるのか、必ず理由があります。この理由から改善していくようにしないと肩こりを感じない時も原因は進行を途中です。
肩こりといっても筋肉のコリだけとはかぎりませんので原因から改善していって肩こりを解消しています。
多くの方が肩こりを感じていますが筋肉のコリと思っている方が多くいます。確かに筋肉のこりも起きていますが筋肉のこりがけで起きていることはありません。

肩こりのメカニズム

肩凝りが起きるメカニズムを説明します。肩こりは筋肉の使い過ぎると、体にも多くの疲労や疲れがたまったことで肩の筋肉が緊張したり一時的に硬くなったりして筋肉のコリが起きて、つまり肩こりになっています。
肩の筋肉に疲れやストレスがたまって疲れやストレスが限界を超えてたまってくると筋肉だけで持ちこたえられなくなって体の中にたまっていきます
体の中に多くの疲れやストレスがたまっていくと体の中からバランスが悪くなりますのでこのバランスの崩れから背骨のゆがみが起きていきます。
背骨の歪みが起きると筋肉は骨から骨についていますので骨が歪むことで筋肉バランスがさらに悪くなります。
この繰り返し起きていく連鎖的なものが肩こりの原因になっています。

肩こりになるのは

体調が落ちてしまうと、肩こりの原因がある方が肩こりになります。 肩こりが起きる原因がない方は、いくら体調を落としても肩こりには、なりません。

肩こり

●第一段階:肩こりに関係する筋肉をほぐして肩こりを少しでも楽にしていきます。 肩こりを主に起こしているのは僧帽筋と言う筋肉ですから首から肩まであって背中まで行っている筋肉です。
この筋肉が緊張したり、リンパの流れが悪くなったり老廃物がたまって硬縮したりして肩こりになります。この筋肉を柔らかくするだけでも肩こりは楽になる方もいます。
肩こりが回復するもの体力が必要です。体力がない方はダルクなる方がいます。ダルクなっても体力を上げていく事で回復力も上がりますので全体が変わります。

●第二段階:
肩こりと言っても筋肉だけではなく歪みから起きている肩こりもあります。なんでもかんでも筋肉だけと思わないで、その下には、もっと重要な要素があります。
背骨の歪みが起きてズレがあると筋肉は引っ張られたり、緊張したり、硬縮を起こしていきます。
この歪みでも肩こりが起きている方が多くなっています。

●第三段階:肩こりを起こしている原因があります。これは筋肉でもなく歪みでもありません。
筋肉のコリを起こした原因であり、歪みを起こした原因でもあるものです。
この原因を解消していく事が出来ます。 肩こりを体質改善のレベルで直していく事が出来る唯一の方法です。肩こりの原因になっているものを若返りさせることで強くしていく施術になります。
肩こりを原因から解消する

【 肩こり 】
肩こりも、疲れが原因で起こります。 体に蓄積した疲れが、肩こりの原因になります。 肩こりは筋肉のコリと、首の骨のズレ、歪み、内臓からも起こります。
肩こりは
① 筋肉のコリ筋肉のコリは、僧帽筋と言う筋肉の緊張です。しかし、なにも原因がないのに、いつまでも、肩こりは起こりません。 普通は肩こりと言うのは一時的で、肩を使うと筋肉は緊張してコリになります。
このコリは、内臓から出るホルモンが筋肉のコリを感知したら、緩和することができます。しかし、あくまでも、チャンと働いている場合です。だから、普通は、肩こりは一時的であって、長くは続かないのが、普通の肩こりです。
筋肉のコリが長いと、筋肉も固くなります。 固くなって、何をしても柔らかくならない筋肉になる場合もあります。 肩こりの筋肉は、僧帽筋という筋肉が主です。
僧帽筋で肩こり

② 首の骨・背骨のズレ首の骨の歪みやズレが起きて肩こりになってる方もいます。

③ 内臓から起きる肩こり内臓から起こる肩こり
肩こりは筋肉の循環が悪くなって起きています。
肩で筋肉がコル、だから肩こりです。コリとは肩の筋肉が緊張している事を言います。
肩の筋肉が緊張すると、血流が悪くなります。 血流が悪くなると、老廃物もたまります。 肩を使って起きるコリと肩を動かさないで血流が悪くなって肩こりが起きる場合があります。

しかし、肩こりに関係する筋肉は、循環が悪い時間が長いと、筋肉も固くなります。 一時的に固くなって、肩の筋肉が張る場合と筋肉が老化して固くなっている場合があります。

一時的な筋肉の張りでしたら、柔らかくするだけで良くなります。
持続的に肩こりを感じる方と、繰り返し肩こりを感じる方は、筋肉が固くなっています。つまり、肩の筋肉が老化しています。
老化からくる肩こりは、いくらもんでも一時的で、また繰り返す場合が、ほとんどです。

理由は、いくら筋肉をもんでも、もう柔らかくならないと言うことです。
この方の場合、筋肉を、柔らかくなるように若返らせる必要があります。
肩の筋肉を若返らせて、良くするためには、体質改善 アンチエイジング 若返りをする必要があります。

場合によっては、筋肉だけでは起きていない場合もあります。この場合は、もっと別な原因があるかもしれません。
その原因を見つけていくためにも、筋肉から柔らかくしていく方法で、どれくらい改善できるかやってみて判断していきます。 椎間板ヘルニアが起きているかもしれません。

又は、肩こりも内臓から起きているかも知れません。(病気ではありません) 本当は、内臓の疲れから起きている肩こりも多くあります。 単純に肩こりも筋肉のコリと思わないでください。肩こりを解消するには
体質改善 アンチエイジング(若返り)
あとは肩こりを楽にしたら、そこで肩こりが良くなったかと言うと違います。
肩こりを起こした原因があります。 肩こりを起こした原因の改善は、痛みやしびれがなくなって、楽になったら始めませんか。肩こりの原因を 体質改善 』 で変えていくの施術があります 》

当院では体質改善をお勧めする意味があります
色々起きる痛みやコリなどの症状は、老化と関係しているからです。身体が老化していっているから、色々な痛みやコリになります。
体の中の、どこが老化しているかで、痛みやコリが起きる場所が違います。筋肉が老化して起きると『 コリ 』 になります。
老化して起きる『 コリ 』は、いくらもんでも、電気をしても、何をしても、一時的には良い感じがあるかもしれませんが、その時だけです。
コリを感じなくても、筋肉はいつの間にか、固くなっていきます。一度、固くなり始めると、進行していきます。

これが、歳をとると言う事です。

内臓にも、同じことが言えます。内臓が老化していくと、最終形態は、病気です。 でも、すぐに病気になるわけではなく、少しずつ少しずつ、老化していきます。内臓が老化したからと言って、病気とは言いません。 1年で1歳、年はとりますが、内臓は、そうはいきません。
内臓を若返らせるのが、体質改善 アンチエイジング 若返り の施術です。 体質改善 アンチエイジング 若返りをご希望の方は、回数券のご利用をお勧めします。

2021年03月16日

肩こりを解消するなら原因から

当院の施術は2通りの方法をしています。

一つ目は

① 体の崩れを整えること
⇒ 体に何かの症状が起きる時には、体の崩れが原因で起きています。

筋肉のコリでも自力で解消できない時やバランスの崩れからも体の崩れが原因で起こります。しかし筋肉のコリは揉んだりマッサージすると楽になり、さも体の崩れは関係ないと思えてしまいます。筋肉のコリであろうと体が起こすボディランゲになりますから

体に異常がないのにコリが起きる事はありません。

体の崩れがあると、コリが起こりやすく自力で解消もできなくなります。

しかし体の崩れに関係なく筋揉んだりマッサージすると一時的に楽になって中和されてしまいます。
つまり筋肉だけ楽にしても体の崩れは残っています。

肩こりに限らず、腰痛でも生理痛でも頭痛でも首のコリでも体の崩れから痛みやこりが起こります。

当院の施術は他とは違い、まずは楽にすることから始めて、楽になったら 原因を見つけ出す事もしています。

楽にすることと、本当の意味で直す事は違いますが、直していく為には体の崩れを整えることをしないと進むこともできません。

痛みやこりが起きていたり、何かの症状がある時には、体の崩れから起きています。

体の崩れとは、筋肉のバランスの悪さや緊張や疲労や代謝が悪くリンパの問題が起きていることや、それだけではなく骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレも起きていますが、それだけでもありません。

体の崩れは脳の中の脳脊髄液の生産と循環も悪くしてしまいますし、血液の流れの低下、粘度の上昇、内臓の働きの低下を起こします。

体の崩れは、生活すること(料理を作る、洗濯物を干す、掃除をする、買い物をする、荷物を持つ、車の運転、階段の上り下りなど)、仕事をすること、体を動かす、眠りの浅さ、寝不足、あらゆることで生まれた疲れの蓄積が原因で崩れが大きくなります。

しかし人は疲れが感じても、一時的にしか感じない為、簡単に考えています。
疲れは感じないだけで無くなるものと、残るものに別れます。

無くなるものは、あまり体にダメージを与えることはありませんが、無くならない疲れの蓄積は感じていないでも体に取ってはストレスになります。
これが体の崩れを起こしたり、体の崩れを大きくしていきます。
そうすると必然的に体の崩れから代謝が悪くなりリンパの流れに影響して老廃物が多くなります。

また筋肉の緊張や疲労やバランスが悪くなりコリが起こります。
また骨盤の歪み・骨盤の開き・背骨のズレが大きくなれば、どこかの痛みになります。

また内臓の働きの低下からも症状は起こります。(病気ではありません)
その結果、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどが起きたり自律神経失調症になったり、更年期障害が続いたりしていきます。

また体の崩れから浮腫み、脂肪が増えていき顔が浮腫んだり、骨盤の脂肪が増えたりして太っていきます。

だから体の崩れを整えることが痛みやこりを解消したり、浮腫み、脂肪を減らしたりすることができれば体は徐々に疲れが取れて元気になっていきます。

疲れの蓄積が、どれくらいあるのか?、 どこにたまっているのか? と言うことも考える必要があります。
疲れが、体にたまると言っても、体の全体にたまっているのか?、部分なのか?で違いますから。

体の崩れから

体の崩れからありとあらゆる症状や痛みやコリになりますが、体の崩れも軽いのから、ひどいのから程度があります。

逆に体の崩れがない方はいません。

体の崩れが起きるのは、特別なことではなく日常に普通に起きています。
例えば、仕事で疲れることをして、「今日は仕事が忙しく疲れたな~」と思っても、疲れは数秒から数分しか感じません。
感じなくなることが解消したように、無くなったように思えてしまいますが、違います。
例えば仕事をして100の疲れを感じても、全部が解消することもないんです。

例で説明すると、月曜日に仕事で100の疲れが生み出されて、その日に95の疲れが解消できても、5の疲れが体にたまっていきます。

火曜日も110の疲れが生み出されて、解消できたのが85だとしたら、25の疲れが体に残ってたまっていきます。
月曜日に5の疲れの蓄積があり、火曜日には25の疲れがたまる、と考えれば週末や月末には、どれくらいの疲れがたまっているのか。

疲れを解消できるのは

日々、たまっていく疲れが溜まっていくと疲労になり、疲労が蓄積すると蓄積疲労になり、蓄積疲労が溜まるとストレスを感じやすくなります。
疲れや疲労や蓄積疲労が溜まるのは限界はありません。限界なく無限大にたまっていきます。

無限大までたまりますが、唯一、減らす事ができるのは栄養です。
疲労解消できるビタミンはαーリボ酸、クエン酸、イミタゾールジペプチド、バントテン酸、Lカルチニン酸、ビタミンB群、ビタミンC、マグネシウム、タウリンなどと言われています。

特にビタミンB群のB1,B2,B6、B12、ナイアシン、葉酸と言われますが、かつお、まぐろ、鮭、豚ヒレ、鶏ささみ、バナナ、サツマイモ、玄米ご飯に多く含まれます。
しかし、それだけではありません。
眠れていないと疲れは減る事はありません。
眠りと疲労解消
栄養や食べるものも大切ですが、一番は眠りです。
眠りには、疲れを減らすことができる熟睡の眠りがあります。
しかし気が付いている方もいますが、多くの方は眠りが浅いことに気が付いていません。

大半の方の眠りが、目が覚めいないから寝ていると思っている方が増えています。
眠りには、3つの眠りがあります。
熟睡の眠り、不眠症の眠り、睡眠負債の眠りの3つです。

熟睡の眠り

熟睡の眠りは、脳が寝ることができていれば熟睡をしています。
体は休んでいても脳が眠れていないと、熟睡はできていません。

熟睡ができていても、あとは時間です。
熟睡の時間が80分あれば最高です。
しかし多くの方は、寝ている時間が6時間~8時間あっても、80分もありません。
熟睡の時間が3分、5分、20分くらいです。熟睡していない方もいます。

2021年03月16日

痛みやコリが起きるのは


例えば

生理痛の方は、生理に関係する弱い部分に疲れが溜まると、生理痛がひどくなります。

便秘の方は、大腸が弱いから蠕動運動ができないで、便を前へ、先へ送る事ができません。その為、便通が悪くなり数日の便秘になります。

生理の方も便秘の方も疲れが溜まるのは内臓です。つまり便秘体質(弱い体質)の方が疲れを多くためると、便秘がひどくなり、疲れが軽くなると便が出やすくなります。

生理の方も関係するのは子宮と卵巣とホルモンですから、すべて内臓の状態です。しかし病気ではありません。

※内臓といっても病気ではなく、疲れや疲労の蓄積です。病気といってる訳ではありません。

疲れが溜まらない所はありません。体質的に弱い部分に毎日の日常で多くの疲れが溜まっていきます。だから体質改善をしています。

また、睡眠の問題からも疲れはたまっていきます。睡眠の問題からたまる蓄積疲労はレベルが違います。眠りとは脳が寝ている事を言います。つまり熟睡です。

布団の上でやベットで横になって目を閉じてスースー寝息を立てていても寝ている訳ではありません。

人は見た目で騙されてしまいます。

脳が寝る

脳が寝ていない限りは眠れていません。そうすると歪みやズレが起きていても脳のマヒが起きると痛みやコリも体調も悪いと思わない方もいます。

体調が悪いから痛みやコリになります。体調の悪さ以外は、あとは病気以外ありません。

体調の低下、体調の悪さは疲れの蓄積している度合いが違います。疲れが溜まると、深みにはまっていくからです。奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしている方もいます。

回復が簡単ではない方もいます。

こじらせている方もいます。

自分で思っているほど簡単ではない方もいます。

矯正が合う

自分で思うほど、体調が良くない方が多くいますから、当院でも、『早く良くしたい』と思って矯正しても本人の体の状態が、そんなものじゃない事もあります。落ちすぎていると気が付かない方もいます。

落ちていると感じる方と、感じにくい方がいます。

自分で、そんなに状態が悪くと思っていない方が、矯正したあとダルクなったり、キツクなったりしています。なかなか説明しても、わかってくれない方もいます。

特に眠りが浅い方が多くいる為、体調の検査をすると奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。ここまで落ちた方は簡単ではありません。由一、体調を上げる事ができるのは、もう体質改善で直さない限りは回復しない方もいます。

奈落の底のような体調、ドン底のような体調の方は、どんなに、いくら体調を上げようとしても上がりませんし、安定しません。その為、回復させることをしたら、間髪入れずに体質改善で無理やり変えていかないと体調も安定しませんし、直りません。その為には体を整えていくことからしなければいけませんし、期間を空けると、また疲れが多くなって体質改善はできなくなります。

毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、眠りの浅さで、どれだけ多くの疲れが溜まるのか、どこだけ体の中が弱いのか、体質改善を進めるのが決まります。

当院では整体の技術を使いながら体を整えていくことで、腰痛や肩こりや頭痛や生理痛や便秘など色々な症状を改善したり美容整体部門では小顔矯正や骨盤矯正や浮腫みを解消したりウエストを細くしたりすることをしています。

体を整えると

当院の整体の技術というのはボキボキしていませんし、電気や機械を使うこともなく手の技術だけで身体を整えていくことをしていますので、年齢に関係なく安心して受けてもらうことができます。

痛みやコリを緩和して

●体を整えていくと、痛みやコリ、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどが楽になっていきます。⇒ 楽になってきたら原因を見つけ出して体質改善で変えていくことができます。

小尻、小顔

●体を整えていくと、顔が小さくなって小顔に、また、骨盤が小さくなって小尻になり、浮腫みも減って、ウエストが細くクビレができます。 ⇒ 数回後には体質改善で変えると、さらに変わり維持する事や持続性が付いてきます。

良くある質問で不安解消

色々な症状が
•どうして痛みやコリが起きているのか?
•どこから起きているのか?
•痛みやコリの原因は?

その為には、見つけ出すことが必要になります。その方法は、

体を検査する事から(腰痛、肩こり、頭痛、生理痛、便秘)

色々な症状というのは検査することをしなければ状況判断ができないしどこから起きているのかということも見つけ出すことができませんのでマッサージすればいいというわけでもなく電気や機械をかければいいというわけではありません。

仮にマッサージしても電気や機械をかけても原因が残ったままになっている場合があります。

しかし検査するということはすごく難しいものですから病院で行っている病気の検査のようにデータが一度に出ることはなく、一つ一つ解消する事や全体的な体調の状態しかわかることはありませんので、まずは目先にあるものから改善していくことをしていきます。

当院では普段から検査することをしていますので体がどうして痛みやコリを起こしているのか、どうして痛みやコリが改善しないのか、ということを見つけ出すことを普段からしています。 しかし検査するということは大変難しいので誰でもできるものではありませんので、当院では30年の経験と研究の成果から的確な検査することをして、何が起きているのかということを見つけたしながら解消することをしています。

しかし解消する時も程度と言うか段階がありますので、深いものや悪いものは回数がかかってしまうのは当然です。

整体の歪みの矯正は保険は効きません

矯正とは

整体やカイロプラクティックというのは保険が適用ではありませんが保険が適用になっていないのは骨盤の歪みや骨盤の開き背骨のズレなどを矯正することをしているからです。 骨格の矯正というのは保険が適用ではありませんが、 保険が効くところは骨格のゆがみやズレを矯正している所はありません。

腰痛とは

腰痛、腰の痛み腰痛は腰の痛みが起きるかたは必ず骨盤の歪みや骨盤の開きがありますから骨盤の歪みや骨盤の開きから矯正していかなければいけませんが骨盤の歪みや骨盤の開きが起きるのも特別なものが原因ではありません。

普段から誰でも起きているものなんですが軽ければ痛みやコリはありません。しかし歪みやズレというのもいつも変化しているものですから大きくなってしまったときに重たい物を持ったりしたり中腰で何かをしたり、くしゃみをしただけでも痛みになっていきます。

しかし骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレが腰痛を起こしている原因なんですが歪みやひらきやズレを矯正しなくても楽にする方法があります。

楽にする方法というのは対症療法という方法なんですが湿布を貼ったりしても楽になることもありますし家族の方に揉んでもらっても楽になることもあるでしょうし専門家の先生にマッサージをしてもらっても楽に感じてしまうことはありますしサプリメントを飲んでも楽になることもありますし低周波治療器や電気などをしても楽になることはあります。

当院は整体とカイロプラクティックの技術を使って矯正していますがボキボキしたり痛い矯正ではありません。そして低周波治療器や電器を使う事もしていません。院長の手の技術だけで体を整えたり体調を回復させたり腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みの改善と美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット矯正をしています。

体の状態に関係する事

●腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどが起きる時にも深く関係しているモノと、美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをする時に関係するモノは同じモノが関係しています。

この両方に関係するモノは特別なモノではなく、誰でも多くたまっているモノですが、たまっていくと痛みやコリを起こしたり、浮腫みを増やしたり脂肪を多くしたり、太らせたり、顔を大きくしたり、骨盤が太く大きくなるモノです。

両方に関係するモノは、何をしても多くなり体に積み重ねていくモノですし、何もしなくても多くなって蓄積していくモノです。

蓄積疲労

体は毎日、毎日の生活、掃除をしたり、洗濯物を干したり、料理を作ったり、買い物をしたり、歩いたり、階段を上ったり下りたり、車の運転をしたり、ドライブしたり、旅行に行ったり、温泉に行ったり、デスクワークで働いたり、体を動かしたり、仕事をしたり、パートをしたり、体操をしたり、運動したり、筋トレしたり、ジョキングしたり、腹筋をしたり、ゴルフに行ったり、水泳したり、サウナに入っても、お風呂に入っても、上司からの精神的な緊張、プレッシャー、眠りの時間が取れない方や、寝る時間が不規則な方、眠りが浅い方、寝つきが悪い方、夢ばかり見る方、寝ているようで眠れていない方などで多くの疲れをためていきます。

疲れは、何をしても、何もしなくても多く生み出されていき、体にたまっていきますが、生み出された疲れは、まずは全身にたまっていきます。この時に『疲れたぁ~』とか、『息が上がる』と感じています。しかし、いつの間にか、全身にたまった疲れは、そのままではなく、どこかに集中してたまっていきます。この時に人は、疲れを感じなくなり、『疲れが取れた~』と思います。疲れと言うのは簡単にたまったモノが無くなる事もありません。疲れは全身にたまっている時に、感じますが、人の体は弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は痛みやコリなどの症状につながる事はありませんし先将来につながる事もありません。しかし弱い部分はそうはいきません。

仕事をしたり階段の上り下り、歩いたり、生活したりすると疲れが生み出されてしまった疲れは、弱い部分にたまっていきます。弱い部分は体の中にあります。人の体は大半が水分です。人の体重の65%から76%は水分ですが水を言っても血液、リンパ液、脳せき髄液、体液などです。水に疲れがたまる事はありませんので、あとは神経と血管とリンパ管と皮膚と筋肉とじん帯と脂肪と骨と内臓しかありません。疲れが溜まりやすい部分は人、それぞれで違います。

弱い部分は筋肉の方もいるでしょうし、関節の方もいますし、内臓の方もいます。筋肉よりも、この中で一番、奥にあるのは、内臓です。多くの疲れは最終的に内臓にたまっていきます。しかしなんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れや蓄積疲労が内臓にたまると言うことが多くあります。

つまり内臓疲労が痛みやコリ、体調の悪さ、調子の悪さの原因です。

運動選手が試合の前にストレッチをして十分しても筋肉やじん帯、スジを痛めるのは、内臓疲労の関係で起きています。どんなにストレッチをしても筋肉を伸ばしても、筋肉をほぐしても、関節を柔軟にしても、痛めてしまうのは内臓から起きる歪みやズレを解消していないからです。

内臓は日常で多くの疲れをためていきます。体を動かす事でも、ストレッチすることでも、運動する事でもジョキングすることでも、歩くことでも、ショッピングして歩くことでも、荷物を持つことでも、仕事でもデスクワークでも、生活でも疲れを生み出していきます。この疲れが全身にたまりながら、集約されて弱い部分に多くたまっていきます。

また、食べる事でも内臓は消化や分解を行うので、働くことで体を動かすエネルギーを作ってくれます。内臓が働くことで。人は何も考えせず食べたり飲んだりしています。

内臓も働けば、疲れを自分自身にためていきます。

体を動かすことでも疲れが多くなり、消化したり分解したりすることでも疲れ生み出されていきます。

疲れが多くなると疲労になり、疲労から蓄積疲労になって、体に色々なダメージを与えていきます。これが体の崩れになり、ありとあらゆることが起こります。この一端が骨盤の歪み・背骨のズレです。

●腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みの方も、骨盤の歪み・背骨のズレ、代謝が悪くなって浮腫みも増えています。顔が大きくなり、骨盤も大きく太くなります。ウエストも細く引き締まっていません。

●美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット矯正の方も骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。当然、流れも悪く代謝も悪くリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪く浮腫み・脂肪が増えていきます。

疲れは体にとって、すごい軋轢でありプレッシャーになり、ダメージになります。これをストレスと言います。ストレスとは肉体的なストレスと精神的なストレスがあります。

一般的にストレスと言うと、理解していないで使っています。ストレスと言うのは体にたまるものと、精神にたまるストレスの2つがあります。

ストレスという言葉を使うと、わかりにくなりますから蓄積疲労で説明していきます。

普段の日常では気が付かない事でも、疲れがドンドン多くなり、積み重ねたものが疲労になり、疲労が蓄積したモノを蓄積疲労と言います。

常、日ごろから蓄積疲労を減らすことをしていない方が、ほとんどです。その為、多くの蓄積疲労がの残ったままになっています。

蓄積疲労が多くなればなるほど、限界なく蓄積していきます。奈落の底のように蓄積した疲れがドンドン大きく膨らんでいきます。これが体にたまって、体はダメージを受けて骨盤の歪み・背骨のズレになり、歪みやズレから腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のこり、膝の痛みなどになります。

また、蓄積疲労が多くたまると痛みやコリだけではなく、代謝が悪くなりリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。そうすると浮腫み、脂肪が増えていきます。それが太りにつながります。

蓄積疲労がいつの間にかたまっていくと顔が大きくなります。

蓄積疲労がたまると浮腫み、脂肪が増えるだけではなく骨盤の歪み・骨盤の開きが起こり骨盤が太く大きくなります。

蓄積疲労がたまると体は正常に働くことはできません。

蓄積疲労がたまると、必ず、骨盤の歪み・骨盤の開き、背骨のズレが起こります。

しかし蓄積疲労もたまる所があるから、たまっていく訳ですが、体のどこにたまるのか??

もちろん筋肉にもたまるんですが、筋肉だけに、たまることはありません。

全身に疲れが溜まっていきます。そして弱い部分に多くの疲れが溜まっていきます。

人の体は弱い部分と、そうでもない部分があります。そうでもない部分は痛みやコリにもなることはありませんが、弱い部分は、そうはいきません。

弱い部分には多くの疲れが毎日、毎日、365日たまっていきます。弱い部分にたまる疲れが大きくなり疲労に変換されてしまうと体はダメージを多くしていきますから、体は骨盤の歪み・背骨のズレを多くしていきます。

疲れはたまる所を選んでたまってくれませんから、全身にたまりながら、さらに弱い部分に多くたまっていきます。

2021年02月22日

腰痛を楽に


腰痛を楽にして行くならまずは楽にしていくことから始めていきますが楽になったらその先にあるものも確認して進めていかなければいけません。

多くの腰痛の治療というのは表面上の痛みだけを楽にすることを中心に考えていますが実は奥にあるものが本当の原因になるんです。

腰痛を起こす原因として一番に考えられることは筋肉靭帯の炎症と晴れですがその先にあるものは骨盤の歪みや骨盤の開きがあるから体を支えることができない姿勢や重たい物を持ったりしたのが原因で痛みになっていますので骨盤の歪みや骨盤の開きから改善していかなければ表面上の痛みだけを楽にすることは可能なんですが原因が残ったままになっています。

表面上の痛みを楽にする治療というのは対症療法という方法です。

対症療法とは

対症療法という治療法は多くの治療いって用いられている治療法ですが原因なんかは関係なく表面上の痛みだけを楽にしていく方法です。

表面上の痛みを楽にする治療というのは湿布を貼ったりすることでも 腰の痛みはなくになっていくこともありますし ドラッグストアで売っているサプリメントや痛み止めを飲んでも楽になることもあるでしょうし家族の方に揉んでもらっても楽になることもありますし専門家の先生にマッサージをしてもらっても鍼を打ってもらってもお灸をしてもらっても指圧をしてもらっても楽になることもありますがまた低周波治療器や電気などをかけても楽になることはありますが原因が残ったままになっています。

痛みの原因というのは残したままになっているとそのままではいられないということがありますので進行していくということがあるのが怖さです。

腰の痛みの原因

腰の痛みの原因というのは骨盤の歪みや骨盤の開きに原因があったりその上に背骨がずれたために体の安定状態を失ったために体を支えきれない状態の姿勢をした時に痛くなったということが多くあります。

腰の痛みが起きる時にはきっかけが必要ですからきっかけというのは重たい物を持ったりして腰を痛めてしまったり前かがみになった時に腰が痛くなったり 座って仕事をして立とうとした時に腰が痛くなったり 同じ姿勢を座っていると腰が痛いとかくしゃみをしただけで腰が痛いとか色々な原因を皆さん言われますがすべてこれらは切っ掛けにしか過ぎません。

腰が痛くなる時にはきっかけと原因が存在していますので両方が初めて揃った時に 痛みになっていきます。

腰痛を起こす原因

腰痛は腰の痛みというのは 骨盤の歪みや骨盤の開きそして背骨のズレがあるんですが歪みやズレやひらきというのはどうして起きるのかという原因がありますので原因から改善していかなければ表面上の痛みだけは止めて直したと思うしかありません。

しかし病院やマッサージや指圧院や鍼灸院や整骨院というのは 骨盤の矯正や背骨の矯正を行うところでもありませんし専門家ではありませんので原因が残したままになっているということでマッサージをしたり電気をしたり注射をしたり針をしたりということがあるようです。

矯正を行うというのは整体院やカイロプラクティック院が専門ですが当院では矯正すればいいというわけではありませんのでボキボキしたりすることもなく背骨の歪みやズレを整えていくことをしていますが、どうして背骨のズレが起きたのか歪んでしまったのかという原因まで見つけ出していくことをしています。

北九州市小倉でボキボキしないし体の歪みを整えていることをしている徳力整体。

 

楽になることがあっても原因が残ったままになっています。腰痛を起こす原因として考えられてる一番の事は毎日毎日の生活や運動することや仕事をする事や寝不足状態で多く積み重なっていくものです。

積み重なるものというのは疲れやストレスなんですが疲れやストレスというのは人の弱い部分にたまる傾向がありますので弱い部分に溜まっていくと骨盤の歪みや骨盤の開きになったり背骨のズレになっているということでさらに多くの疲れやストレスがたまると椎間板ヘルニアに進行していくということも起きてしまいます。

腰痛、腰の痛みの検査

腰痛の治療は

① 腰痛を楽にしていくためには、まずは筋肉や靭帯の炎症があれば検査することで見つけ出して改善していかなければいけません。

② さらに筋肉や靭帯だけではなく筋肉のバランスも見つけ出さなければいけませんから、必ず腰痛と言うと筋肉のバランスが悪くなっていることがあります。

③ 筋肉や靭帯の炎症やバランスをの解消をしたら骨盤の歪みや骨盤の開きを矯正して整えていく必要があります。

④ 骨盤の問題がクリアできたら背骨のズレを見つけ出さなければいけませんが必ず腰痛というのは背骨のズレを伴いながら起きていますので場合によっては椎間板ヘルニアになってる方もいます。

⑤ そしてさらに背骨のズレや骨盤の問題を起こした原因が存在していますので、骨を矯正すればいいというわけではありません。

⑥ さらに当院では体質改善という施術がありますので体質改善で弱い部分を強くしていくことをお勧めしています。

腰痛とは

腰痛、腰の痛みとは腰痛が起きた時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。しかし歪みの程度が軽いと痛みにはなっていません。ですから誰でも歪みやズレは多少なりともあります。

腰痛が起きた時には、骨盤の歪み・背骨のズレがありますから体を支える事ができない姿勢をした時に痛みになります。

肩こりとは

肩こり、肩の痛みと解消肩こり は多くの方が筋肉のコリだと思っていますが、実は専門家の先生も知る人が少ないんですが筋肉のコリだけで起きていることはありません。もちろん筋肉のコリも起きています。筋肉のコリがある上に背骨のズレがあります。筋肉と言うのは骨から骨へ引っ付いていますから骨がズレて動くと筋肉は引っ張られたり緊張したりしてリンパの流れが悪くなり老廃物が多くなり循環が悪くなります。

肩こりとは

肩こりというのは筋肉のこりというイメージがありますので筋肉のコリから、ほぐさなければいけませんが、筋肉のこりというのは筋肉の疲労だったり、筋肉の緊張だったり筋肉の一時的な硬さだったりということがコリになります。

肩こり、肩の痛みと背骨のズレ

肩こりの治療は

① 肩こりというのは筋肉の凝りから起きているものと多くの方が思っているように筋肉の凝りからほぐしたりマッサージをしたり柔らかくすることからしてリンパの働きを解消して老廃物を流して循環を良くすることからしています。

② 筋肉の凝りがほぐれてきたら背骨のズレを確認しなければいけませんが多くの場合背骨のズレが必ず存在したり椎間板ヘルニアが起きている方もいますので背骨のズレを矯正して椎間板ヘルニアを改善しなければいけません。

③ そして背骨のズレだけではなくどうして背骨のズレが起きたのか椎間板ヘルニアにまでなってしまったのかということの問題がありますので見つけ出すことをして背骨のズレの原因を確認しながら整えなければいけません。

④ 体質改善という治療で弱い部分を変えて行くことができます 。

美容整体(小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み、ウエスト痩身、ダイエッ)

骨盤矯正とは

骨盤矯正で

骨盤矯正をしていくなら自分で骨盤が小さくなったのが、わかるようにしています。骨盤矯正をして行くときには自分で骨盤が小さくなるのが、わかるようにしています。その為、骨盤矯正に入る前に自分で骨盤を触っておぼえてもらいます。





小顔矯正とは

小顔矯正小顔矯正で顔を小さくしていくなら初回から顔が小さくなることで評判の小顔矯正をしている当院へ。顔を小さくしていくには、まずは考えなければいけない事があります。それは何をしたら顔を小さくする事ができるのか、と言う問題です。

小顔矯正をして初回から顔を小さくすることができると説明しているので、今までは全員の方が顔を小さく小顔になっています。

当院の小顔矯正は希望されてきた方が自分で小さくなったのが、わかるようにしています。その為には矯正に入る前に顔の大きさをおぼえないと変化したのがわかりませんよね。

その為、まずは鏡で顔の大きさ、輪郭、浮腫み度合い、左右差をおぼえてもらいます。初めは鏡で自分の顔の大きさをおぼえて、そして次に糧で顔を触っておぼえてもらいます。



① 鏡で顔をみて顔の大きさ、輪郭、浮腫み度合い、左右差を見て下さい。

② 鏡で顔をみておぼえたら、次は手で顔を触って顔の大きさ、輪郭、浮腫み度合い、左右差を覚えます。

③ 施術台に寝てもらって院長とともに顔を触って見ます。(どうして3回もするのかと言うと、時々、わからない方がいますので)

④ 小顔矯正に入ります。

⑤ 小顔矯正したあと、もう一度、顔を触って見て下さい。小顔になっていますよ。

⑥ 体質改善で小顔矯正をしていくと、さらにかわり持続力が出てきます。





生理痛とは

生理痛生理痛・生理不順が起きるのは原因から。

生理の時に起きる色々な症状を緩和したり楽にしたりするのは、原因があります。原因から改善していかないと生理痛は繰り返してしまいます。いくら薬を飲んでも、痛み止めですから、一時的な痛み止めにしかなっていません。

一時的な痛み止めにはなる為に、多くの方が薬を使っています。

しかし生理痛には原因があります。原因から改善して変えることを考えないと生理痛は治りません。

生理痛を治そうと思うなら、まずは体調を上げていく事が優先されます。つまり体を整えていく事です。

生理痛を解消・改善するなら


生理痛と薬体調が落ちている時に生理になると、ひどく感じてしまいます。

疲れやストレスが多くたまっている時に生理になると、生理痛がひどくなります。

眠りが浅いと、生理痛・生理不順がひどくなります。

自覚的に体調の悪さや疲れやストレスを感じていないでも、多くの場合、落ちています。当院では検査する事ができますから。

誰でも毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。それが疲れやストレスです。疲れやストレスが多くたまると弱い部分にたまっていきますので、生理に関係する部分が弱ければ、当然、骨盤の歪み・骨盤の開きも起こります。

しかし、骨盤の歪み・骨盤の開きは中の内臓の状態が原因で起きています。

生理痛・生理不順の原因

生理痛の原因は関係する内臓の弱さにあります。もし生理に関係する弱さがなければ生理痛は起こりません。体を整えたり歪みやズレを痛くない方法で解消したり疲れやストレスを減らしたりすることを、まずはしていきます。

体の状態が安定してきたら体質改善の施術で弱い部分を変えていきます。

生理痛の原因は体調と体質が深く関係しています。

膝の痛みとは

膝の痛みが起きるのは、体調と体質が関係して起きています。老化で膝の軟骨がすり減ったり、関節の使い過ぎと言うのもありますが、それだけではありませんから病院で注射を打ったりする事や水を抜いたりすること治療もありますが、注射を打ってヒアルロン酸をすれば良いという訳ではありません。

当院では病気で水を抜いたりした方や、ヒアルロン酸を飲んだり注射したりしている方が多く訪れますが、膝を検査してみると全員の方が、炎症やハレを残しています。

膝を触ると炎症やハレがあれば確認する事ができます。例えば片方だけ膝の痛みあれば、膝を触るととブヨブヨしていたり反対と比べると太くなっています。

① 膝を触って左右を比べること

② 触るとブヨブヨしていたり、太くなっていることもある。

膝の痛みを楽にする治療は

① まずは膝の炎症やハレが確認できれば解消を目指していきます。

② ある程度、膝の炎症やハレが改善出来たら体を整えていくこと

③ 膝の痛みの原因を改善すること

④ 体質改善の施術で変えていくこと。

    となります。



体質改善とは

体質改善と言うのはアンチエイジングの治療になりますが病気を治しているモノではありません。体を直していくのが体質改善の治療です。

体には弱い部分と、そうでもない部分があります。弱い部分には疲れやストレスがたまりやすく歪みやズレになっていきますから、変える事をしないと進行していきます。

体質改善の説明へ

2021年02月18日

整体とカイロプラクティック


美容整体とは(小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエット)

痛みやコリにも関係して美容整体の小顔矯正、骨盤矯正、浮腫み解消、姿勢・猫背矯正、ウエストが細くクビレができる矯正、体重よりも見た目を細くするダイエットをする時でも、基本になるのが体にたまっていくと、必然的に浮腫み、脂肪が多くなっていきます。

整体とカイロプラクティック

また、これが多くあると顔も大きくなっていき、骨盤も太くなっていきます。そして、この蓄積が多いと、どんなに良いダイエットをしても痩せにくいのが特徴です。

痛みやコリにも関係して、美容整体でも関係しているモノは、毎日、毎日の生活、仕事、運動、精神的な緊張、プレッシャー、睡眠負債で多くなるモノです。人が生きている限り多く積み重なるモノが原因です。

これは、疲れやストレスです。

疲れやストレスの蓄積

疲れやストレスをためていない方はいません。疲れやストレスは、買い物でも料理を作る時でも掃除をする時でも洗濯物を干す時でも、乾いた物をたたむときでも、階段の上り下りでも、歩くことでも、ジョキングする時でも筋トレする時でもプールで泳ぐ時でも、ストレッチする時でも、アルコールを飲むときでも、焼肉を食べる時でも車の運転の時でも、旅行にいく時でも、本を読むときでも、テレビを見る時でも、家でゆっくりゴロゴロしている時でも、増えていきます。

疲れやストレスは減ることなく増えていきます。疲れやストレスはストレッチしても減りません。焼肉を食べても減りません。サプリメント、医薬部外品を飲んでも減りません。

疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起こります。また脂肪が増えていき浮腫み、太りやすくなります。

唯一、疲れやストレスを自力で減らす事ができるのは、眠りです。しかし、最近は眠りが出来ているようで寝ていません。

眠り、眠る、寝ているとは

夜に眠くなれば、誰でも寝ます。しかし寝る時間に、アクビが出ていますか??

普通は寝る時間がある程度、一定であればアクビが出て眠くて性がないと言う感じになりますが、最近は昼間にはアクビが出ても、夜の寝る時間にアクビが出てない方が多くいます。

アクビと言うのは大脳が寝たいと言う要求です。眠りとは大脳が寝ている時間を言います。つまり熟睡です。いかに夜に熟睡ができているのかが、眠りです。

不眠症と睡眠負債

不眠症と睡眠負債は違います。

不眠とは

多くの方が勘違いしていますが不眠症は夜に寝ようとすると寝つきが悪く、1時間も2時間も眠れません。また、眠れても夜中に何回も目を覚ましてしまいます。目が覚めてしまうと30分も1時間も眠れないのが不眠症の特徴です。また、夢ばかり見て寝た気がしないのも不眠症です。

睡眠負債とは

これに対して、睡眠負債は目が覚めません。夜に寝たら朝まで目が覚めないのが睡眠負債の特徴です。その為、多くの方が寝ていると思っています。ここに、落とし穴があります。

睡眠負債は夜に寝てしまうと朝まで目が覚めません。その為、寝ている、眠れていると思う方が異常に多くいます。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

睡眠負債の特徴は寝ながら考え事をしている睡眠です。寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。脳が寝ることが眠りですから、脳が熟睡をしていないと寝ているとは言えません。

疲れやストレスを減らす事ができるのは、唯一、熟睡だけです。

熟睡は、ただ寝れば良いと言うことではできません。

疲れやストレスがたまると

●腰が弱い方でしたら腰痛になります。

●肩が弱い方でしたら肩こりになります。

●生理に関係する部分が弱いから生理痛になります。

●便秘に関係する大腸が弱いから大腸に疲れやストレスがたまると余計に働きが悪くなります

当院でしている整体とカイロプラクティックとは

整体とカイロプラクティックとは違いがあります。整体とは日本の骨盤・背骨矯正法の事であり、カイロプラクティックはアメリカの骨盤・背骨矯正法です。

整体とは

整体とは日本の矯正法ですが1921年の大正から名称が出来ました、これ以前も矯正はしていましたが、正式な整体と言う名前が付いたのは、ここからです。整体は柔道家の師範の先生が練習や試合で痛めた肩や腰、膝などを治療していたのが整体です。整体は、この時代、学校もなく先生から弟子に受け継がれる技術でしたので世間一般には広まることはありませんでした。

整体が学問として治療技術として整う前にアメリカからカイロプラクティックが入ってきました。整体は国が認めていませんので保険は効きません。整体はボキボキする矯正をしていますが、当院ではしていません。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとはアメリカから入ってきた骨盤と背骨矯正法です。カナダ生まれのアメリカ人のダニエル・デイビット・パーマーが始めての矯正を行いました。

その日は1895年です。カイロプラクティックと言う意味は手の技と言う意味になります。つまり手技と訳されています。

カイロプラクティックは手の技で体を整える事です。カイロプラクティックは世界中に広まっていますが、整体は日本だけになります。カイロプラクティックはアメリカでも日本でも保険は効きません。と言うかアメリカには保険自体がありません。カイロプラクティックは日本でも保険は効きません。カイロプラクティックでもボキボキしたりする治療法がありますが、当院ではしていません。

2021年02月10日

小顔矯正で小顔に


小顔矯正で顔を小さくしていく事です。当院では北九州市で30年の経験があるボキボキしない痛くない小顔矯正をしています。

小顔矯正

顔を小さくするために

顔が小さくなる小顔矯正では、当院は一番だと思います。小顔にしていく為には、体調の施術と体質改善の施術があります。まず、初回からできる施術が体調による小顔矯正です

自分でも気がつかないでたまって体調を落としているものがあります。この体調が落ちる原因になるものがたまると顔が大きくなります。しかも顔の歪みや浮腫みも起きやすくなります。

体調が落ちるのは

体調が落ちるのは、ストレスの蓄積が原因です。自分でも気がつかないで多くのストレスがたまっている方が多く見受けられます。

ストレスが体にたまっていると、ストレスと言うのは際限なく蓄積させる事が出来ます。際限なく蓄積したストレスは顔の浮腫みなども起こしています。顔に多くのストレスがたまって、浮腫みが起きていると、骨まで浮腫みを起こしています。

顔にもストレスがたまる

顔にもストレスがたまる事が起こります。顔にストレスがたまると顔色が悪くなったり、お化粧のノリが悪くなったり、老け顔になったり、ニキビが増えたり、吹き出物が多くなったりします。

小顔矯正をするにしても、体調から入ると言う事は、顔色や顔の浮腫みなどが減ると言う事です。ただ、小顔矯正をするのではなく、体調から上げてストレスを減らす小顔矯正は、色々な意味で違います。

他院の小顔矯正は

当院以外の小顔矯正は、体調と関係ありません。体調を上げる施術は難しい技術ですから。体調を上げることはできません。
当院の小顔矯正は1回で終わりと言う小顔矯正ではありませんが顔が小さくなれば良いと言う小顔矯正でもありません。

顔を

小顔矯正をして小顔になる為には、ただ、顔が小さくなれば良いと言う小顔矯正は、戻りが大きくなるのが普通です。
どうして戻りが大きいかと言うと、体調を上げる施術が出来ないからです。

当院では体調を上げる施術で小顔矯正をして初回から変える事をしています。

次に

体質改善の施術

体質改善の施術で小顔矯正をしていくと持続と小顔効果が大きくなります。
体質改善の施術は体の中から変えていく小顔矯正です。体質改善の施術はマッサージや電気、ボキボキすることと違い体を直すことを目的とした体質改善による小顔矯正になります。

小顔矯正で小顔に

体質で矯正は

小顔矯正を体質改善で行うと体が変わり始めます。色々な意味で変わります。
体質改善の施術はアンチエイジング、又は、若返りの施術です。こういうとわかりやすいと思いますが、簡単ではありませんが、小顔矯正を体質改善の施術でしていくと、本当に顔や体も変わり始めて小さく、又は、体が細くなります。

当院の小顔矯正で、顔が小さくなって骨格から小顔になります。
しかも、マッサージ感覚で顔が小さくなるので痛くない歪みも矯正できる小顔矯正です。

他で小顔矯正を受けて、いまいちだと、思う方が来院させて、変化に驚く方もいます。
簡単にしていますが、特殊で、高度な小顔矯正術です。
当院でも、変化の度合いは色々なので、大きく変わる方もいれば、少ししか変わらない方もいます。
しかし、どんな方も、多かれ少なかれ、顔が小さくなることには、間違いありません。

小顔になれる小顔矯正

ご本人にも、気がつかない状態で、疲れやストレスは、たまっています。
この疲れやストレスを軽くして減らしていくと、顔が小さくなって、頬骨のでっぱり、エラの張りなどが解消させていく小顔矯正です。

疲れやストレスが、たまると顔の歪みや顔が大きくなったような印象を与えてしまいます。
だから、ほとんどの場合、体調を上げて調子を良くすると、顔が小さくなって小顔になることができる施術です。
1回でももちろん、何度も繰り返しお越しいただくことで、さらに小顔になる矯正効果と小顔の持続を実感していただけます。

また、当院には、小顔矯正を体質改善のテクニックでおこなう施術があります。
この体質改善のレベルで小顔矯正をすると、さらに変化が大きく維持力があります。
詳しくは、体質改善のページで説明しています。

小顔矯正に入る前にご自分の手で触っておぼえて下さい
矯正前後の変化がわかりますから。

当院の小顔矯正は、特徴があります。

今まで、いろんな所で小顔矯正を受けて、いまいちだった方も、当院の小顔矯正を受けて見ませんか。

小顔矯正

当院の小顔矯正は、ボキボキしない痛くない顔を無理に押さえつけない小顔矯正です。
無理やりやるから、小顔矯正をしても、又、戻りやすく、いくら小顔矯正をしても、顔の輪郭変形やエラが張っていきます。

もちろん、電機や機械は、論外です。
電器や機械では刺激にしかならないので、また、戻ります。

当院の小顔矯正は、顔の浮腫みも解消することができます。

浮腫みを減らしただけで、顔の形が小さくなる方もいます。
当院の小顔矯正は、持続力と効果が意味を持ちます。

①体調を上げる事で小顔矯正をする場合
②体質改善で小顔矯正をする場合(下の方で説明しています)

①の体調を上げて小顔矯正する矯正法は、

誰でも、知らない間に たまって蓄積した疲れやストレスがあります。
この蓄積したものを軽くすることで小顔になれる小顔矯正です。
疲れやストレスは、誰でもあります。
ない方はいません。

気が着かない方も多くいます。
電器や機械では、この蓄積したものは、取れません。
ボキボキしても体調が上がることはありません

ボキボキするのは、指の関節をボキボキしているのと同じですから。
体調を上げるのは、サプリメントや食事でも上がるときはありますが、蓄積したものまでは減らすことはできません。

体調を上げると言う事は、体が元気になることです。
元気になると言う事は、どういうことなのか??
体と言うと、何があるのかを考えて見ましょう。
体内には、体液(水)骨・筋肉・靭帯・神経、血管・リンパ管、内臓などがあります。

特に疲れやストレスがたまりやすいのは、このうちの何処なのか??
これが、一番重要です。
顔と体は関係があります。
顔は体と関係は密接にあります。
体の状態が顔に出ている方もいます。

小顔矯正に入る前に

当院の小顔矯正の施術法は、痛くもない怖くもない小顔矯正です、
小顔矯正に、入る前には必ず当院では、ご自身でしてもらう事があります。
それは、ご自分の手で、顔の輪郭やエラの張り、頬骨の高さを触ることです。
貌の形などを、おぼえて下さい
小顔矯正した後に、もう一度触ってもらいます。
つまり、小さくなっているのを確認してもらう事です。
小顔矯正する前と、小顔矯正した後の違いを、ご自分の手で実感できるから人気なんです。

小顔矯正に入る前には

① 顔の輪郭や幅をおぼえます。
② 頭の大きさをおぼえましょう。
③ 小顔矯正中も、途中で変化をお見せしています。
④ 小顔矯正後に、もう一度触って、顔の形の変化を実感していただきます。

必ず、小顔矯正に入る前に、しっかり自分の顔を触って、おぼえるようにしてください。

時々、おぼえていない方がいますので。
おぼえていないと、変わったのかわからなくなります。
本当に変わるので、しっかり顔の形をおぼえましょう。
小顔矯正の触り方
上の写真は、顔の輪郭や幅を触り方です。
小顔矯正の方は、このようにして顔の大きさをおぼえるようにします。

小顔矯正と体質改善の関係

当院の小顔矯正には2通りの小顔矯正があります。

①体調を上げる事で顔が小さくなる小顔矯正
②体質を改善することで変わる顔の大きさや形
小顔矯正は体質改善で

①の体調を上げる事で小顔矯正は、初回からできます。
いつのまにか、蓄積した疲れやストレスが誰でもあります。
これを減らすことで、顔が小さくなっていきます。
顔の輪郭やエラの張りも減っていきます。
頭も小さくなっていきます。
これらが、体の調子を上げる、体調を良くするだけで、顔が小さくなっていきます。

もう一つは、

②体質改善で小顔矯正にするやり方です。
体質改善で小顔矯正にすると言うことは、体を治していく体質改善で体を変えていくと、顔がもっと変わって効果が長く続きます。


当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしていますが顔を小さくするためにはどうやって顔を小さくするのかと言うと体を整えていくと言う感じが1番強いイメージになりますので体を整えていくことで顔を小さくすることができます。

小顔矯正

体を整えていく小顔矯正と言うのはイメージ的に見ても関係がないような感じなんですが顔を小さくするためには体の崩れというのが大変重要になってきますので体が崩れてしまっていると顔を小さくできても維持することができなくなってしまいますし持続性が低下してしまうことがもちろん起きています。

体の崩れと小顔矯正

小顔矯正をしていくときに体の崩れと言うよりも言葉的に変な意味になりますが顔の崩れというのがあります。

顔の崩れが起きてしまうと顔が徐々に大きくなってしまっているため朝から顔がパンパンになっていると言うことを聞くと思いますが朝からパンパンに顔が膨れると言う事は体が崩れている証拠なんです。

顔を小さくすることをしても体が崩れているとむくみや脂肪が多くなっているということが起きてしまいますのでむくみや脂肪が多くなる原因は運動不足や高いカロリーがあるものを摂取したり炭水化物や糖分や油分や食べ過ぎなどが原因の場合もあるんですがそれだけではないんです。

食べ物を控えても

確かに糖分や炭水化物や油分を抑えたりカロリーが高い食べ物を食べることを控えたりすると痩せることがあるでしょうが今まで食べ過ぎていると言うことで痩せてしまうことが起きてしまいます。

しかしいくら糖分や炭水化物や油分や高いカロリーの食べ物を控えても多く運動しても脂肪やむくみは減っていく可能性もあるんですが体は崩れたままになっています。

しかも運動すればするほど体は崩れていくこともあるし日常的に生活することでも普段のことをしているだけでも疲れは多く溜まっていきますので疲れが多く溜まってしまうとストレスになりストレスから体を崩れていくと言う現象が起きてしまいます。

体の崩れは

何かの症状を感じたりすることもなく痛みやコリもないからといって体の崩れがないと言える事はありません。

今まで小顔矯正に訪れた方全員の方に対して体調はどうですかとか調子は悪くないですかと聞くと全員の方が調子は悪くありませんとか体調は良いですと簡単に答えていますが調べてみると骨盤の歪みや骨盤の開きが大きくあったり背骨がずれてガタガタになっていても痛みやコリとして感じていない場合も多くあるからです。

小顔矯正をしていくときに骨盤の開きや骨盤の歪みや背骨のズレと言うのは大変重要な要素になりますので歪みやズレが多いと言う事は体が崩れていると言うことになり代謝が悪くなりリンパの働き悪くなって老廃物が多くたまると言う現象が起きてしまっているんです。

こういう状況を見逃していて小顔にしても小顔の効果があまり出なくなります。

2020年12月03日

ダイエットして痩せる


当院のダイエット法は、体を整えていくことで体を細くスッキリさせていく方法です。

体を細くしていくことで体重よりも体が引きしまって細くなって脂肪も減って浮腫みも解消していきます。

ダイエット

ダイエットするためには

体重が減ることがダイエットなのか??

体が細くなるのがダイエットなのか??

脂肪が減ることがダイエットなのか??

浮腫みが解消することことがダイエット??

当院では体重は後回しにして体を細くしていくことを重要視しています。

体が細くなって脂肪、浮腫みが減ることは、もちろんですが、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレ、内臓の働き、リンパの流れ、体調などを上げていくことでダイエットさせていきます。

ダイエットするには疲れやストレスの蓄積も大切な要素です。

体に多くの疲れやストレスがたまっていると痩せません。

疲れやストレスがたまっていると浮腫みやすくなります。

疲れやストレスがたまっていると脂肪になりやすくなります。

いくらサプリメントを飲んでも疲れやストレスは減りません。

運動をしても疲れやストレスは減りません。

疲れやストレスと言うのは、簡単、減りません。

疲れやストレスがあると浮腫みやすく、脂肪になりやすく、循環も悪く、リンパの流れも低下しています。

こんな状態で痩せる訳ありません。

疲れやストレスが多いと体調は落ちて悪くなっています。

普通は、体調が落ちると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起こります。

しかし、体調と言うのはマッサージしても上がりません。

体調は低周波治療器や電器をしても良くなりません。

注射を打っても体調は良くなりません。

基本的なものは脳の力と内臓の力です。

体調を上げるのも脳のパワーですし、内臓のパワーです。

眠りが浅いと脳のパワーは落ちています。

眠りが浅いと内臓のパワーが落ちています。

疲れやストレスは最終的に、内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではありません。

内臓に疲れやストレスがたまると循環も悪くなります。リンパの流れも悪くなります。

痩せるためには

小倉から多くの方が来院で、おかげさまでカイロプラクティック徳力整体は30周年を迎えました。
感謝を込めて初回5000円が期間限定3000円になります。

当院の骨盤ダイエットは、初回から変わります。
しかも、体重よりも、見た目から変わっていきます。
体重よりも、見た目と言うのは、見た目が細くなるダイエットです。
身体や顔の浮腫みだけではなく、体が細くなるから人気の骨盤ダイエットです。

体重計で測る体重よりも、ご自分以外の方の、ほとんどの方は、見た感じが細くなると、痩せてきたと思います。
体重は変わっていなくても、見た目が細くなることからしていくと、『ほっそりして痩せてきた』と、誰でも思います。

特に、
① 骨盤周りが細くなります。
② ウエストがクビレてきます
③ 前の肋骨の左右が、出っ張りが減ります。
④ 上体(体の上、両脇の幅)の所が細くなります。
⑤ 顔が小さくなります。
⑥ 頭が小さくなります。

1度で変わる所と、数回以上で変わる所はありますが、体が固くなるのではなく体がしっかりしていく骨盤ダイエットです。
無理に痩せる事をすると、体調を落として体を悪くするか、体が固くなります。
特に、体が固くなると、キレイに見えません。
顔色も悪くなります。
当院の骨盤ダイエットは、良い状態を作るダイエットです。
体が自然に無理なく細く変わります。

骨盤矯正を最新の技術と特殊な施術で骨盤を小さくしていく方法です。
今までどこに行っても良くならなかった症状を当院の施術で改善していきませんか!!

ダイエット

当院の骨盤ダイエットで小尻になれる骨盤矯正で骨盤が細くなることで口コミで
小尻になれる骨盤ダイエットは1回受けてみたいと言う方は、骨盤を小さくする施術をしています。
もし、変わることがわかったら、初めは数回は受けて見ようと思ってください!!

当院では、骨盤ダイエットだけではなく、小顔矯正やウエストがクビレてくる矯正もしています。
同時に行う事が出来ます。
しかも、料金は同じです。
つまり、3000円だけです。

ただし、条件があります。
施術する前に、
1.顔を触って、幅などをおぼえること
2.ウエストを触って幅をおぼえること
3.骨盤の幅をおぼえること
4.頭の大きさをおぼえること  です。

初回から、変わるので、幅をおぼえてくれないと、変化と小さくなったのがわかりません。

施術を続けていくと、だんだんと、体が細くなったり、体重の変化がみられるようになります。

無理なダイエットは、体を痛めつけるだけです。
身体から変えていく事で、体が正しく働いて、いらない栄養は、体外に排出したりできるようになります。
体が正しく働いていると、コリや痛みもなくなります。
色々な症状が楽になっていきます。

水を飲んでも、太ると言う事があります。
これは、水に栄養があるわけではなく、いらない水が排出できないのが理由です。
体調が上がることで代謝も良くなります。
代謝が良くなることで、体の脂肪が減っていきます。

定期的な骨盤ダイエットで体は変えられる

受けると、本当に骨盤の幅が狭くなり小尻になリます。
カイロプラクティック徳力整体院の小尻になれる骨盤矯正は、痛くもないボキボキしない、

電機任せにしない手のみの骨盤矯正ダイエットです。

いくら食事を制限しても、骨盤が歪みを起こしていたり、骨盤が開いていると、太りやすく、脂肪になりやすくなります。
骨盤が歪みを起こしたり、骨盤が開いたりしている方は、体調も悪く、疲れやストレスがたまっています。
体調が呈して疲れやストレスが、たまっていると、浮腫みも起きやすくなっています。
浮腫みが起きると、脂肪もできやすくなります。

骨盤ダイエット

脂肪には
1.皮膚の下の脂肪(皮下脂肪)
2.内臓の周りの脂肪

①の皮下脂肪は、皮膚をつまむとわかります。
皮膚をつまんで、厚みがどれくらいあるのかで、脂肪の量と厚みがわかります。
②の内臓の周りの脂肪は、自分ではわかりずらいですね。
この脂肪は、骨の内側ですから。

皮膚の皮下脂肪と、内臓の周りの脂肪を定期的な施術で減らしていく事をしています。

体質改善で骨盤ダイエットを

骨盤ダイエットで体を変えていくには、体質改善 アンチエイジング(若返り)の施術が必要な場合もあります。

小尻になれる骨盤矯正をすると、生理痛や生理不順、便秘などが改善する場合もあります。

骨盤ダイエットで矯正していくと、色々な症状も楽になっていきます。

2020年12月03日

小顔矯正で小顔に


当院の小顔矯正のやり方は、顔を揉んだりして小顔にしていく小顔矯正です。
揉んだりと言うと、マッサージ?と思う方がいますが、ただ、単にマッサージして小顔にできるのもではありません。

小顔矯正

それだけで、できれば苦労しないし、ご自分でもできますよね。

小顔矯正とは

当院の院長の手で顔を揉んだりしているだけで、本当に小顔になっていきます。
アゴのエラの部分を触っているだけで、顔の形が変わります。
そんなことができる訳ないと思う方もいますが、当院では、そういうやり方で、小顔矯正をしています。

しかも、皆さんから喜ばれています。

1回目は顔だけで、変化をお見せできると思います。
2回目からは、小顔矯正を希望の方も、顔だけではなく、体も施術していくと、ウエストがクビレてくる・お尻が小さくなる骨盤矯正もできます。

顔だけ小さくなっても、体が疲れているとか、浮腫みが多いとかでは綺麗に見えません。
全身が細くなってキレイになることが理想ですから。

初回から顔の形が小さくなったりしますが、1度で変わる顔の形には限界があります。
ですから、必ず、数回は受けるようにしてください。
と言うのは、理由は、もっと変わるからです。

② 当院には、特殊な顔が小さくなる矯正があります。

これは、体の中から変えていく体質改善でアンチエイジング・若返りをする施術法です。

人の体は、色々、弱く庵った所、悪くなったところ・老化した所があります。
この部分を変えていく事で、もっと小顔が維持しやすくなって、効果が長続きする小顔矯正法です。

小顔矯正とは

弱く庵った所、悪くなったところ・老化した所を矯正していくと、もっと小顔になれる小顔矯正です。
体から顔の方に影響する場合も多くあります。
体質改善の施術をすると、全体から元気になることができるし、骨盤の幅が狭くなって小尻にもなれます。
そして、ウエストがクビレてくる施術法でもあります。
体も引き締まる事ができる特殊な体質改善の小顔矯正です。

体質改善レベルの顔が変わる矯正は、初回からはできません。

体質改善を行う準備が必要です。
開けないで来ると早い方で2回目からか、数回目から体質改善はできるようになります。

カイロプラクティック徳力整体院は30周年です。
30周年を記念して初回5000円が期間限定で3000円になります。
この機会に、小顔矯正を受けて見ませんか。

小顔の矯正は

小顔矯正は1回目から小顔になりますが、当院では、数回から、もう少し受けて頂く事をお勧めしています。
と言うのは理由があります。
それは、もっと小顔になれるからです。
そして、体質改善アンチエイジング(若返り)の小顔矯正をお勧めしています。

矯正をしていくと

小顔矯正をしていくと顔が小さくなりますが、顔が小さくなって変化するためにも体力が必要です。
顔が変わる方に体力を取られてしまうと、体力がない方はダルクなります。しかし、安心して受けて頂くと、だんだんと体力も上がってダルクなることは無くなるどころか、体調が上がって動きやすくなります。もちろん痛みやコリも楽になっていきます。
体が回復するのも体力が必要ですから、顔が小顔になるのも体力が必要です。
体力がある方は、ダルクなったりすることはありません。

当院では、小顔矯正をして顔を小さくしていきます。
ただ顔だけを矯正しても顔の小ささが維持できません。維持するには、もっと深くのものと体調から整えていく小顔矯正が必要になります。
体調と言うのは、当院だけでしかできないものです。電器をしてもボキボキしてもマッサージしてもサプリメントを飲んでも体調は上がりません。

普通は、それらを飲んだり、することで刺激されて自力で回復していきますが、最近は眠りが浅い方が多く、それで脳が弱っているので、脳から出るエネルギーが出なくて自力回復は望めません。

脳が人が動くためのエネルギーを生んでくれます。その脳が弱っているとエネルギーを生んでくれません。
そのため、自力で回復することが困難になっている方が多くいます。

顔が小さくなる

小顔矯正をしていく為には体力も必要です。
体力、元気、、健康と言いますが病名がついている方が来て健康と言っていました。高血圧でも薬などを飲んでいれば病気です。入院していないと病気ではないと言う事はありません。

病院で薬をもらって飲んでいれば病気です。病院は病気の専門家ですから。

小顔矯正は病気ではありませんけどね。

2020年12月03日

小顔矯正で小顔に


当院では 小顔矯正をする時にはボキボキしない痛くない怖くない小顔矯正をしていきます。

しかし当院に訪れている小顔矯正を希望される方はほとんど小顔矯正の意味というものをよく知りもしないで受けている方がいますので小顔矯正の意味というものを説明していきたいと思います。

小顔矯正とは

小顔矯正というのは、どういうことでしょうか。

顔を小さくする小顔矯正というのは何を小さくするのでしょうか。

顔を小さくすることが小顔矯正ですから 顔を小さくしていくためには何を小さくすれば小顔になることができるのか。

顔と言うと朝から顔がむくんでいるということをよく話に聞きますが顔のむくみを減らすことが小顔矯正になるのかと言うと小顔矯正ではなく顔周辺矯正です。

小顔矯正

顔にできた 脂肪が多くなった顔を小さくすることでも顔が小さくなりますが小顔矯正ではなく顔周辺矯正の一部だと思います。

顔周辺の脂肪やむくみを減らすことをして顔が小さくなったということは確かに顔が小さくなりますが この小顔矯正では顔ではなく顔周辺の矯正になっていますので正確な小顔矯正と言えることはありません。

もちろん顔周辺矯正でも脂肪や浮腫みを減らすことでも顔は小さくなったということはあります。

顔にできた脂肪や浮腫みを減らすだけでも確かに顔は小さくなります。

顔を小さくする小顔矯正というのはどうすれば顔を小さくすることができるのか。

そこまで考えて小顔矯正を 受けに来る方はいません。

小顔矯正をしていくときに顔にできた脂肪やむくみでもなく何をしたら顔を小さくすることができるのかということがありますが多くの方の場合小顔矯正の意味を考えてもいないで矯正することばかり顔を小さくすることばかり希望されていますが小顔矯正というのは顔の骨を小さくすることをしていくわけです。

顔の骨を小さくするというのは頭蓋骨を小さくすることにも繋がっていきます。

顔の骨と頭蓋骨というのは同じ骨の一部分にしか過ぎませんので。

頭蓋骨を小さくする小顔矯正というのは脳に影響を及ぼしてしまいますし はや鼻やにも影響をしていくこともありますが当院では危険な小顔矯正をしているわけではありませんので安心してください。

当院の顔を小さくする小顔矯正は 検査をすることができますから検査をしてみると明らかになる部分があります。

今まで小顔矯正を訪れたの全員と言っていいほどの方が顔に何らかのトラブルを抱えています。

このトラブルというのも検査をすることで見つけることができるので検査するというのも簡単なことをしているわけではありません。

小顔矯正をする時に顔の検査をしていきますが 顔を検査してみると浮腫や死亡の判断も検査をすることでできますが骨が炎症を起こしたり腫れたりということが起きています。

骨の炎症や腫れを正常レベルまで持っていくと顔が小さくなって脂肪やむくみも減って解消していくことができるのが当院の小顔矯正です。

顔の骨の炎症や腫れが起きているとむくみやすく脂肪も多くなったりしますし肌荒れが起きたりすることもありますから正常レベルの方に近づけていくということで顔が小さくなって腫れや炎症が取れていくと本当に小顔になっていきます。

炎症や腫れが 解消してくると本当に骨の辺りがすっきりしてきて顔が小さくなっていきます。

しかし顔にできた炎症や腫れを見つけ出して改善するということは簡単な方法ではありませんから誰でもできるものではありません。

しかし顔の炎症で腫れというのは正常では起きないまたは起こらないものですからどうして起きたのかということがあります。

顔にできた炎症や腫れというのは普通では起きませんし日常生活で生じることはまずはありません。

最近多くの方は 普通に生活しているだけでは起こらないものが起きている方が多くなっていますので今まで小顔矯正に訪れた方全員が顔に何らかの問題を持っていてトラブルになっています。

顔に炎症や腫れがあっても痛みやハレも気がつきませんから普通通りに思っているという方も多くいます。

どうして顔に炎症や腫れが起きるのか。

何かの原因があるから骨の炎症や腫れが起きるわけです。

何の原因で顔の骨や炎症などが起きてしまうのかということを見つけ出さなければそれを改善することができなければ正常レベルになることはありません。

顔の炎症や腫れが起きる原因の一つとして考えられているものは最近多くの方が気がついていない状態で起きているまた多くなっているものです。

顔の炎症や腫れが起きている原因として挙げられるものは疲れやストレスの蓄積です。

何をしても生じてしまうまた多くなってしまう疲れやストレスというのは体の部分に溜まっていきますが体の部分の蓄積するところに問題があります。

疲れやストレスというのは生活するだけで多くなったり少し減ったりしていきます。

疲れやストレスというのは 仕事をするだけでも多くなったりします。

疲れやストレスというのは 食事をするだけでも多くなったりします。

疲れやストレスの蓄積というのは美味しいものを食べても焼肉を食べてもアルコールを飲んでも多くなります。

栄養豊富なものを食べても疲れやストレスが多くなっていきます。

タバコを吸うことでも何かが動いているからタバコを吸うことができるわけですから何かが動いているというのは体の中から動いていますので気がつかない状態でも疲れやストレスは生じて多くなっていきます。

携帯やスマートフォンを扱うことでも疲れやストレスが多くなっていきますし ゲームをすることでも音楽を聞くとことでも疲れやストレスは生まれて多くなっていきます。

テレビを見たりすることでも疲れやストレスは生まれて多くなっていきます。

長時間のテレビの視聴というのは疲れやストレスを多くするだけです。

携帯やスマートフォンの着信音が鳴っても疲れやストレスは生まれたりしますし目覚まし時計の音が鳴っても目を覚ますことでも疲れやストレスは多くなっていきます。

疲れやストレスというのは何をしても生じてしまいますからこの疲れやストレスというのが体にも溜まっていき顔にも溜まって炎症や腫れを起こしていきます。

このように炎症や腫れが起きる物事はいろいろありますので多くの物事が疲れやすとレスと直結してしまい体を弱らせたり疲れやストレスをためて多くしてしまうことをしています。

疲れやストレスが改善できれば疲れやストレスは徐々に減っていきますが一度に全て減ることはできませんし、減らせることはできません。

疲れやストレスというのは多くなればなるほど蓄積して 簡単には減らすことができないくらいの多さになります。

疲れやストレスをほど簡単にどかないものはありませんからサプリメントを飲んでも疲れやストレスは軽くなることはありませんしマッサージをしても疲れやストレスを減らすことはできませんし注射を打っても点滴を打っても疲れやストレスは改善することはありませんし低周波治療器などをしても疲れやストレスを減らすことはできません。

本当に一番厄介なもので減らすことがなかなか難しいのが疲れやすとリスの蓄積ですが疲れやすレスは体に蓄積していきますが体のどこの部分にどれくらいの疲れやストレスが溜まるのかということもあります。全体で見るよりも部分的に見た方が疲れやストレスの蓄積状態を差別化できます。

小倉南区で人気のある 小顔矯正 をしています。

2020年11月24日

肩こりを楽に

肩こりを楽にして行く為には筋肉のコリからほぐしていくようにしています。

肩こり と言うと筋肉のこりというイメージがどうしても強いですがどうして筋肉の凝りが起きるのかということに疑問があります。

多くの方は、この疑問を考えもせずに、ただ肩こりだということばかり気にしているような感じですがどうして肩がこるのか 肩こりが起きるのかということを考えていく必要があります。

肩こりと言うと筋肉のコリから起きる場合が多くありますので筋肉が凝る場合や筋肉が緊張する場合は多くの肩コリの場合 筋肉を使いすぎていることが多くあります。

特に最近は携帯やスマートフォンなどを扱うことが多くなりましたから 操作するときに自然と細かい部分を押したりすることが多くなりましたから肩や腕に力が自然と入ってしまっています。

いつもいつも肩や腕を多く使うことが多いために肩に力が入ると筋肉疲労が起きていきますのでこの筋肉疲労が癒されることなく連続して使用することで 余計に筋肉は緊張したりコリを起こしていきますから筋肉のコリが肩こりになります。

いろいろな原因が肩こりを起こす

また携帯やスマートフォンの操作だけではなく 同じ姿勢をしていつも動かさない状態で運転している時なども肩に自然と力が入っていますので肩に力が入れば 筋肉は緊張したり疲労したりストレスを溜めたりしていきますので それでも肩こりが起こります。

多くの肩こりの場合、重たいものを持ったりいつも同じ位置でバッグを持ったりすることでも肩に力が入りますので肩に力が入ることで筋肉は疲労したりストレスを溜めたりしていきますので肩こりになります。

小さいものを手で持ったりする時でも肩や腕に力が入ったままになりますので肩に力が入った状態が長い時間に及んだりすると肩こりになります。

買い物やショッピングをして荷物を持つことでも肩に力が入っていることがありますしショッピングカートを押すことでも肩に力が入っていますので自分でも気がつかない状態で肩の筋肉を酷使している場合が多くあります。

運動やスポーツをしてもストレッチというほぐしをやったと思っていますが多くの場合は筋肉疲労につながっている場合が多くありますので筋肉疲労が多くなればなるほど肩こりが起こりやすくなります。

運動やスポーツをする前のストレッチだけでも疲れることがありますのでストレッチをやっただけでも筋肉は疲労につながっていきます。

炊事をする時でも料理を作ったりする時でも色々、腕や肩を使っていますので腕や肩を使うことでも筋肉疲労が起きていきますので筋肉疲労が肩こりになります。

筋肉が疲れることが肩こり

掃除機をかけて掃除をする時でも肩や腕に力が入っていますので気にかけていないでも肩の筋肉は緊張していますので筋肉疲労が起きて、それが肩こりになります。

肩や腕を使うことを動かすこと が多くなればなるほど筋肉は緊張したり力が入りっぱなしになりますので筋肉疲労が起きていき肩こりを起こしていきます。

自分でも気が付かない状態で肩こりを起こすことを多くしていますので多くすればするほど筋肉疲労が起きて解消できないと肩こりが起きやすくなっていきます。

肩こりが起きるというのは自然と自分でも気がつかない状態で多くの方が肩や腕を使うことが多くなっていますので多くなればなるほど肩に力が入ってしまって筋肉疲労が起きます。

力が入ることが肩こりに

寝ている時でも歯を食いしばっているという方もいますし自然と腕に力が入っている方が多くなっています。

筋肉を多く使ってしまうと多くの方がそのまま方りっぱなしの場合が多いようですが野球選手のように肩を酷使しなくても腕に湿布を貼ったり肩に湿布を貼ったりという事も必要になる場合もあります。

筋肉疲労が起きてから湿布を貼ったりすることではなく肩こりが起きてしまって湿布を貼ったりするものではなく湿布というのはコリが起きる前に貼ると有効な意味があります。

多くの動作や仕事や趣味などでも肩や腕を使うことが多くありますので足で歩いているよりも運動するよりも肩や腕は多く使っています。

肩や腕を多く使えば使うほど筋肉疲労は起きていきますので筋肉疲労が起きてしまうと肩こりを起こしてしまいます

最近は多くの方が肩こりの症状で訪れていますが多くの方は筋肉の使いすぎが肩こりを起こしていますので 筋肉の酷使を解消するようにしています。

そして肩こりには筋肉だけで起きているものもありますが筋肉以外で起きている肩こりも多くあります。

筋肉以外で起きている肩こりというのは背骨の歪みや首の骨のズレです。

背骨の歪みや首の骨のずれが起きていると筋肉というのは骨から骨にくっついていますので位置が狂ってしまうと筋肉は引っ張られたり緊張したり緩んでしまっていきますので、それが肩こりになってしまいます。

骨の位置が動いてしまうことが筋肉にとっての緊張だったりストレスだったりということで力が入った状態になりますのでリンパの働きも低下してしまって老廃物が多く溜まっていきます。

筋肉が硬くなっていくということも起こりますので筋肉が硬くなれば老廃物も多く溜まっていき循環が悪くなっていきます。

しかし姿勢で背骨の骨が曲がったり首の骨がずれたりということはありませんので何かの原因があってずれたり歪んだりして肩こりになっていきますのでその原因を見つける必要があります。

重たいものを持ったりすることでも背骨の骨がずれたり分かったりすることはありません。

猫背や姿勢などで背骨が歪んだりずれたりすることはありません。

背骨の歪みや首の骨のズレというのは体に多くのものが溜まったのが原因なんですがこの体にたまる多くのものというのが疲れやすトレスです。

疲れやストレスが筋肉にもたまりますが筋肉以外に溜まることが多くありますので筋肉以外にたまるものが背骨の歪みや首の骨のズレを作っています。

体にたまる疲れやストレスというのは誰でもあるものなので仕事上でも生活する上でも睡眠不足をする上でも必ず疲れやストレスが蓄積しています。

疲れやストレスがないという方はいませんので疲れやストレスを感じないという方はいるかも分かりませんが感じないまでも疲れやストレスは溜まって蓄積しています。

疲れやストレスの蓄積が肩こりに

疲れやストレスがないという方はいませんし疲れやストレスを 生じることなく生活することができませんし生きていくこともできません。

必ず疲れやストレスというのは隣り合って生活していかなければいけませんし生きていくことが必要になります。

疲れやストレスというのは 体にたまるわけですけど体にも溜まる場所とたまりにくい場所があります。

たまりにくいところはあまり歪みやズレの影響を受けませんがたまりやすい場所というのは歪みや ズレの影響を出していきます。

疲れやストレスというのは簡単に誰でも疲れが溜まったとか疲れやすくなったとか疲れが溜まったとか簡単に言いますがその疲れやストレスはどこにたまるのか。

たまる場所があるからたまるわけですけど、そのたまるところを多くの方は知りませんし専門家の方も知らない場合が多くありますので説明することができません。

必ず貯まる場所があるから背骨の歪みやズレが起きるわけです。

疲れやストレスの溜まる場所、これが肩こりを起こす本当の原因になっています。

疲れやストレスというのは多くの方にあるものです特別なものではありません。

小倉南区で 肩こり を改善していくことをしています。

2020年11月24日

カイロプラクティックと痛みやこり


カイロプラクティックというのは歪みを矯正することで体を整えて行って色々な症状などを楽にしていく方法がカイロプラクティックの方法です。

カイロプラクティックと言うと低周波などの電気をしたり ボキボキすることという感じが強いですが当院のカイロプラクティックの治療はそういうことはしていません。

体に優しいカイロプラクティックの治療などで年齢に関係なく赤ちゃんから年配の方まで多くの方が受けられているカイロプラクティックです。

カイロプラクティック

カイロプラクティックの適用

カイロプラクティックの適用するものは色々なものになりますが多くの場合病気になっていても歪みはありますので病気を薬で治すというよりもゆがみからも改善していくようにしないと 薬だけでは効果はいまいちです。

内臓の病気になる時にも

必ずその対する床の背骨の骨は曲がっていますのでその曲がりからも改善していかないと正しく働いてないどの状態が良くなることは少ないようです。

カイロプラクティックと言うと何も痛みはこれだけやを改善するというわけではありませんので体調を上げたり調子を整えたり、内臓の働きを良くしたりということを変えていくても出来ますし、病気の方も病気を治すというのはできませんけど薬だけで頼ることよりも体の体調を上げたり歪みを矯正することで、治りが早くなることは カイロ プラクティックの理論上で可能です。

カイロプラクティックと言うと

ボキボキ士たり痛いというイメージが強いですが 当院ではそういうことはしていません。

カイロプラクティックというのは体全般に関係することを変えていくことをしていくのがカイロプラクティックなので背骨からも 改善したり、内臓の病気なども早く改善していくようになっていくと思いますので内側からも改善していくようにして薬を服用された方は服用のままで結構ですので薬と体を治していくことからしてください。

当院では病気を治す ことはできませんので病気という方は病院の診断のもと、薬を服用しながら当院に 来院されて治療を受けるようにしてください。

当院の治療は病気を治すものではありませんので必ず医師の診断のもとに それ以上のことをしていきます。

当院では薬の質問は

薬の質問は できませんので一切質問にはお答えはできません。

カイロプラクティックというのは テクニックもそれぞれの治療院で差がありますし当院では30年の経験で 色々なテクニックを持っていますが最初にできることは体調を上げることですがこの体調をあげるというテクニックはかなり特殊なもので他では真似できないと思います。

ただボキボキしたり電気をかけても体調というのは上がりません。

サプリメントは栄養は

サプリメントや栄養とっても注射をしても体調というのは上がりません。

当院では体調をあげるということをしていくテクニック治療技術がありますので体調からあげることをしていますが体調というのは基本的なものなので根底にあるものです。

当院の治療も1回で終わることはありませんので数回または数十回かかる方の場合が多くはあります。

当院では普通はそんなものは治らないものというのも変える治療がありますので、 その治療のことを体質改善または若返りまたはアンチエイジングの治療と言います。

カイロプラクティック とは歪みを矯正することで痛みやコリを楽にしていく方法なんですが多くの痛みやこりは歪みやズレから起きていますので歪みやズレを矯正できるのは唯一カイロプラクティックだけです。

カイロプラクティックというのは電気や機械を使ったりすることもなくての技術力のみでつまりての技だけで体を整えていくことをしていくのがカイロプラクティックの手法です。

カイロプラクティックでよく行われているボキボキする療法というのは 強制している音ではなく手の指をボキボキすることと同じ音ですから関節が大きいために骨の矯正のような音のように聞こえますが実際では手の指の音と同じ音です。

手の指をボキボキしたりして矯正していると思う人をいないと思いますので 矯正音、つまり骨が動いてる音ではありません。

手の指も背骨の矯正をも同じなんですがどこからボキボキする音が出ているのかということを説明するとボキボキする音は椎間板に、または軟骨に溜まった疲れやストレスが原因で気泡が多くなったことで気泡が多くなって一つに偏ると大きくなる為に大きくなった 気泡音がボキボキする音に聞こえてしまうようです。

実際にボキボキする時には椎間板の中に気泡が溜まって泡が大きくなっていますので偏らせる姿勢をすると弾けてしまいますので弾ける音がボキボキするという音になります。

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックというのは痛みやコリを起こしている原因から改善することをしているので痛みはコリを原因から改善することができますが 何も歪みやズレを矯正しなくても痛みやコリが楽になることもあるために本当に歪みやズレから起きているのかということがわからなくなると言うかと思います。

歪みやズレを改善や解消しなくても湿布を貼ったりすることでも楽になる場合もありますししかし湿布を貼って楽になる程度の痛みやこりでしたら楽になるということです。

マッサージをしてもマッサージをして筋肉を揉んだだけで楽になる痛みやコリであれば楽になるということですが原因が残ったままになっていますので原因は歪みやズレです。

色々な所に起きる痛みやコリの原因は歪みやズレにありますのでマッサージをして歪みやズレが矯正できたり整えたりということはできません。

はりや指圧、お灸でも同じなんですが何もツボを通して行うことをしなくても実際に内蔵に疲れやストレスを改善することをしていかなければ問題は改善しないと思いますのでツボで内臓を刺激しても効果は遠回しにしか現れにくいと思います。

いくらツボを刺激して経りゃくを通して内臓を刺激することをしても効果的には遠回しにしか聞かないと思います。

治療院でよく用いられる低周波治療器というのは定電流の電気をプラス端子からマイナス端子に流して筋肉を刺激してリンパの働きを一時的に良くして循環を解消していく方法でリンパの働きを良くし同廃物を多く流していきますが筋肉を刺激して運動させているだけですから刺激によるお疲れやストレスが多くなっていきます。

歪みやズレは

歪みやズレというのはどうして起きるのかという原因があるから歪みやズレになるわけですから歪みやズレの原因を軽くしていくことが痛みやコリをまた歪みやズレを改善していくことになると思いますので歪みやズレの原因になるものは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスは毎日の生活や仕事や寝不足状態で 溜まって蓄積していきますので多くなると歪みやズレに進行していき歪みやズレが悪化した状態で痛みやコリになります。

最近は多くの方が毎日の生活や仕事上でも疲れやストレスが多くなるし精神的な緊張やプレッシャーなのでも疲れやストレスが多くなっていき唯一減らすことができる寝ている間の時間が夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしてる方が多くなっているのが疲れやすとレスを解消できない原因になっています。

疲れやストレスを減らすことができるのは唯一眠れている時だけなのでね無理というのは脳から眠れていないと眠っているとは言えません。

夜寝ようとするとすぐ眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っている方ほど 夢というのは目が覚める前に見ているから記憶に残りを覚えていますが寝ながら考え事をしている睡眠というのがありますので寝ながら考え事をしてる睡眠というのは脳が全然休んで眠っていませんので眠っていない限りは脳が弱っていき脳疲労になりの衰弱状態まで起きてしまうということで痛みやコリを限界まで食べてしまわないと分からないという方まで多くなっています。

眠りと歪みとズレ

寝ているようで眠れていないと脳が弱っていきますので脳が弱るということは 骨盤の歪みは骨盤の開きが大きい背骨のズレが大きくなっていくということなんですが 脳が元気だから痛みやコリが起きる状態が起きると感じることができますが脳が弱ってしまった方は限界まで蓄積してしまわないと痛みやコリも感じにくくわからないつまり麻痺した状態が起こります。

疲れやストレスを脳に多く 蓄積してしまうとどうが日増しに終わるので一番気が付きやすい脳疲労の正体は物忘れやうっかりや記憶障害などが起きていくということで分かる方もいますがわかっても自分では解決しようもないしどうしようもありません。

最近は眠りが浅い方が多くなっていますのでイライラしたり頭がぼーっとしたり怒りやすいという方が多くなっています。

最近は寝ているようで眠れていないために脳が寝ながら考え事をしている時間が長くなると 脳がどんどん弱っていきますので脳の形が変わって頭蓋骨の形まで変わって変形状態を起こしているという方が多くなっていますので変形状態が起きてしまうと脳の形や骨の形まで違った状態で垂れ下がりますのでたり下がってくると一生治ることはないということが起こります。

カイロプラクティックとは

毎日毎日の生活で仕事で疲れやストレスが多くだまり寝不足状態でもさらに疲れやストレスが多くなっていきますので歪みやズレが起きていきそれが痛みやコリになりますが疲れやストレスは筋肉にもたまにながらある部分に多く溜まっていきます。

疲れやストレスというのは筋肉にも貯まりますが例えばですけど体重100キロの方がいるとしたら65 kg つまり65%は水分です。

あと残ったものの35 kg つまり35%は神経と血管とリンパ管と筋肉と脂肪と靭帯と骨の重さとあと残ったものは内臓と中枢神経系しかありません。

つまり筋肉にも疲れストレスは溜まりながら内臓と中枢神経系にも多くの疲れやストレスが溜まっていきますので一度内臓に疲れやすいですが溜まり始めて蓄積とは胃が大きくなっていくと自力で解消できるのは大変困難になっていきます。

この疲れやストレスというのが歪みやズレになる原因なんですが軽いと回復できるかも分かりませんが徐々に悪化させていくと回復できる手段は整えていくことしかできませんのでその時にカイロプラクティックという技術を用いながら骨盤の歪みは骨盤の開きそして背骨のズレを矯正して整えていくことをして痛みやコリを楽にしていくわけです。

何もカイロプラクティックと言ってもボキボキするだけでは強制することはできませんので色々な治療を用いながら天気や機械などを使いながらということが一般的に多く見受けられるカイロプラクティックの治療院になりますが当院では30年の経験で電気や機械などに頼ることもなく痛みやコリを家でしたりすることもなく強制することで整えていくことをしていますが当院の治療技術は手の力つまりての技術力一本のみです。

カイロプラクティック とは歪みを矯正することで痛みやコリを楽にして行くことです。

当院では30年の臨床経験がありますので痛くないボキボキもしないカイロプラクティックをしています。

2020年11月14日

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言う意味は手の技と言う意味があります。熟練の手の技で痛みやコリになる歪みやズレを整えていく事をしていますから、低周波治療器や電器などは使いません。カイロとは「手」と言う意味で「プラクティック」とは術と言う意味や技と言う意味になります。

カイロプラクティックとは

当院でも手の技術が伴わない時には低周波治療器や電器を多く使っていましたが、30年以上のカイロプラクティックの技術の研鑽により手の技術だけで治療技術と検査する技術の向上で手の技のみで原因を見つけ出して解消する事をしています。

他のカイロプラクティック院では矯正する前にマッサージをしたり揉んだりして骨が動きやすくすることをしたりして矯正して、矯正した後は低周波治療器や電器をするパターンが多いようですが、当院でも、初めはマッサージするように揉んだりしながら骨の矯正もマッサージするような感覚で矯正を行うことができます。

しかも、ボキボキすることもしないけど骨盤の歪み・背骨のズレもマッサージ感覚で矯正できて、それだけではなく他ではしていない体調を上げたりする施術、骨盤の歪み・背骨のズレが、どこから起きたのか見つけることをしていきます。

検査する技術

カイロプラクティックで重要なのは口先ではなく検査する技術と歪みやズレを改善する技術です。
他のカイロプラクティック院では骨盤の歪み・背骨のズレを矯正することで矯正は終わりですが、骨盤の歪み・背骨のズレはどうして起きたのか原因があります。
当院では骨盤の歪み・背骨のズレを矯正するカイロプラクティックの治療をしています。

カイロプラクティックと言うとボキボキしたりすることがありますが、当院のカイロプラクティックの技術はボキボキしない骨盤の歪み・背骨のズレを解消することをしています。

カイロプラクティックにはボキボキする矯正法もありますキボキしないでも骨盤の歪み・背骨のズレは解消することができます。当院のカイロプラクティックの治療は 痛みやこりを改善していく専門家です。

歪みやズレ

カイロプラクティックと言うのは

病院は内臓の病気から起きる痛みの専門家です。病気として完成してしまうと病院に行って検査すると病名がついて何らかの治療、薬の服用を始めなければいけません。
しかし痛みやこりは病気から起きていることもありますが、多くの症状は病気ではない状態で起きています。
この病気ではない状態で起きている痛みやこりの症状を変えていくのがカイロプラクティックの治療です。
病気を治す専門家ではありませんが、痛みやこりの専門家であり、歪みやズレの専門家が当院のカイロプラクティック院です。
普通は、カイロプラクティック院と言うとボキボキしたりすることや低周波治療器や電器と言う所が多きありますが、当院ではボキボキしたりも低周波治療器や電器もしていません。

ボキボキしない理由があります。

ボキボキしても、手の指をボキボキしていることと同じですし、低周波治療器や電器をすると痛みやこりが散ってしまって原因を隠すだけですから。
原因は変えないと治りませんし、治していくことをしないと、いつまでも原因はそのままではありません。
確かに低周波治療器や電器をしたりすると痛みやこりが散ってしまって楽になることを装いますが、原因はすべて残っています。
背骨は初めから真っすぐな方はいません。生まれつき何らかの歪みやズレがあります。それは遺伝が関係しています。もし背骨のズレがない方がいるとしたら人工的に作れらたロボットです。
背骨のズレは遺伝的に背骨のズレがある部分でも2通りの背骨のズレがあります。生まれつきある背骨のズレは何も痛みやコリもありません。
しかし生活することやや仕事をしたり運動をしたりすることで疲れやストレスが多くなります。この疲れやストレスがある部分に弱い部分に多くたまっていきます。

弱い部分は背骨のズレと関係がある内臓です。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。。
弱い内臓は疲れやストレスをためやすく、多く蓄積すると骨盤の歪み・背骨のズレになります。生まれつきある背骨のズレの上に、さらに気泡が多くなることが原因で背骨のズレが拡大されていきます。

この時に痛みやコリになります。

必ず何かの不調状態が起きる時には、原因があります。

確かに湿布を貼ったり、低周波治療器や電器をしたり、マッサージをしたり、注射をしたり、薬を飲んだり、サプリメントを飲んだり、健康食品を飲んだりすると、少しは変わるかも知れませんが、痛みやこりの原因は歪みやズレですから、低周波治療器や電器をしても湿布を貼っても、マッサージしても、その他のものを試しても、歪みやズレが改善するとは、考えられません。

カイロプラクティックと言っても無理な矯正や痛いことはしません。当院のカイロプラクティックの治療は痛くないボキボキしない手のみで整えることをするカイロプラクティックの治療です。

カイロプラクティックは手の技で体を整えていくという意味があります。手の技なので手技と言うことも言われます。
手の技を磨いてテクニックを上げることで色々な症状や美容整体で小顔にしたり、骨盤を小さくしたりすることをしています。
だから、常にテクニックを向上させることをしていますので、いつも良い効果や改善できるようにしています。

カイロプラクティック徳力整体院は、30年の経験と最新の技術で歪みを改善していく痛くない安心の施術法です。

疲れやストレスから歪みやズレに

当院ではカイロプラクティックの施術をしています。カイロプラクティックと言うのは、痛みやコリは歪みから起きていると言うことを全体に、歪みを矯正する施術法です。
カイロプラクティックの適応症は多岐にわたり腰痛、肩こり、頭痛、片頭痛、頭がボーっとする、便秘、下痢、疲れやすい、ダルイ、首の痛み・首のコリ、生理痛、生理不順、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、足のしびれ、胃のもたれ、胃の痛み、冷え、膝の痛み、関節痛、外反母趾、風邪を引きやすい、などの多くの症状が入ります。
美容整体でも小顔矯正、骨盤矯正、輪郭矯正、エラのハリを減らす矯正、頬骨矯正、アゴのラインをスッキリさせる矯正、ウエストがクビレてくる矯正、体重よりも見た目から体を細くする矯正をしています。
電器や機械で痛みやコリを散らしていないで、原因の歪みから解消することをしていきませんか。
カイロプラクティックと言うのは骨の矯正をしていく事です。普通は下のイラストにあるようにボキボキすることをしていますが、当院ではボキボキすることはしていません。
本格的なカイロプラクティックは電機や機械も使いません。電器や機械は痛みやコリを直すのではなく散らすだけです。電器などで痛みやコリが直ることはありません。
誤魔化しです。電器や機械で痛みやコリをわからなくすることをしています。
電器を充てることを対症療法と言います。
対症療法は原因は関係ありません。痛みやコリを散らすだけです。原因は痛みやコリがなくても進行していきます。体が歳をとるように、体も歳をとっていきます。これが進行することにつながります。
進行したものの最終形態が病気ですから。でも今は病気ではありません。病気になるのも、5年、10年、15年、20年かかって進んでいきます。痛みやコリはこれと関係があって起きています。この進行と関係があって起きるのが痛みやコリです。
カイロは
カイロプラクティックは手の技なので、手の技で解消していく事が、本当のカイロプラクティックです。それには熟練が必要です。熟練に達するには、修行も必要です。
当院の院長も開業してもセミナーに200回以上行っています。しかも、ほとんどが東京です。
セミナーでカイロプラクティックの巨匠と言う方たちのセミナーを色々受けてきました。

電器や機械を使うのは、簡単でセミナーや勉強をする必要もありません。痛みやコリがある所に電気を充てる対症療法ですから。
対症療法と言うのは、痛みやコリがある所に電気を充てる事です。原因などは関係ありません。
いくら電器を当ててても原因は残っています。この原因は歪みであり、歪みを起こしているのは内臓疲労から起きています。

内臓疲労から

内臓疲労から歪みが起こります。内臓疲労から、どうして歪みになるのかと言うと、疲れやストレスが内臓にたまるからです。
良くストレスがたまったと言いますが、このストレスは何処にたまるのか??
ほとんどのストレスは内臓にたまって内臓疲労になります。これが歪みの原因になります。
内臓と言うと体の中にあります。体の中から崩れていくことを起こすので、体の中から歪みが起こさせていきます。

痛みやコリ

痛みやコリが起きているときには歪みが起きて痛みやコリになっています。カイロプラクティックと言うのは、この歪みを矯正することをするのがカイロプラクティックと言う施術になります。
病院や整骨院なども低周波なども用いたりしている所がありますが、他のカイロプラクティック院でも電器を使っている所もありますが、当院では電器は使っていません。
電器などの機械は痛みやコリを散らしているだけで原因を改善できている訳ではありません。痛みやコリには原因があります。この原因があるから痛みやコリになっています。この原因は歪みです。
歪みが解消されないで痛みやコリだけが改善させるかも知れませんが、当院おの施術であるカイロプラクティックでは歪みから解消していく事をしています。
電器などの施術のことを対症療法と言います。対症療法と言うのは痛みやコリがある部分に電器を充てるだけでの施術になります。
反対にカイロプラクティックの施術は電機の対症療法に対して原因療法と言います。痛みやコリの原因から改善することを考えると言う事ですね。
ここが大きな違いです。このため保険は効きません。保険が効く所と、カイロプラクティックみたいに保険が効かない所があるのは、歪みから改善することをしているのがカイロプラクティックの施術です。
カイロプラクティックで
カイロプラクティックと言うのは、体の歪みやズレを矯正して整えていく施術法です。 痛みやコリが起きているときには、マッサージよりも、電機や低周波よりも、背骨を矯正して整えていく方が正しい考え方です。ほとんどの痛みやコリになる背骨の歪みやズレは、体調が落ちて悪くなっているから起きています。
体調が良い時には起こりません。 体調が悪い=調子が悪い=疲れがたまっている=ストレスがたまっている疲れやストレスの蓄積が これは、同じことです。 生活による疲れ(ストレスとも言います)。 仕事による疲れ。 夫婦関係の疲れ。 親子関係による疲れ近隣とのトラブルで疲れ。 精神的な疲れ。 肉体的な疲れ。 色々な疲れがあります。コレラの疲れが、少しでも解消していないと、積み重なるばかりです。
際限なく
疲れやストレスは、際限なく蓄積していきます。ここまで、と言う事がなく数限りなく蓄積して体を痛めつけます。この痛めつけられた状態で痛みやコリになっていきます。
一度落ち始めると、
自力では上がらない方も多くいます。時に、最近多くの方が眠りが浅くなっています。夜に寝たら、朝まで起きないから寝ていると思っていませんか??
これは大きな間違いです。

当院でいう眠りとは、脳まで休めている眠りです。脳が休むことが、熟睡と言います。 朝まで、眠りが浅いことは寝ていません。それを判断するのに、ちょうど良いものがあります。

それは、アクビです。

昼間のアクビではなく、寝る前のアクビです。寝る前に、アクビが出ているか、脳が眠れる睡眠かどうか判断できます。 脳が眠れる状態だからアクビが出ています。アクビが出ないで、もうこんな時間だから寝るか~と言う感じで寝ていませんか?????こんな寝方では、眠れませんよ。
朝まで起きないから寝ている?? 寝るというのと、眠るというのは違います。 一字の違いですが、意味が全然違います。

そして、朝も、アクビが出るのが普通です。どんなに良い睡眠がしている方も、毎日熟睡が出来るかと言うとできません。
体も休んで、脳まで休める事が体を元気にしていきます。当院では、この状態を作れるようにしていきます。これが当院のカイロプラクティックです。他のカイロプラクティック院とは違います。

眠りと痛みやコリ

しっかり寝ていれば、疲れやストレスは減っていきます。減っていくということは、痛みやコリは起こりません。
体調が良いのに、痛みやコリは起こりません。自分で感じていないでも、体調が落ちていて痛みやコリになります。 当院のカイロプラクティックによる施術は、体調を上げて働きを良くすることからしていきます。
カイロとはギリシャ語で手と言う意味で、プラクティックは本当はプラクティコスと言う『技』とか、『施術』という意味です合わせて手技療法と言うのが正しい意味です。

当院のカイロプラクティックは、ボキボキしません。痛くないカイロプラクティックで体の歪みを整えていきます。 体に疲れが溜まると、歪みになります。
カイロプラクティック
疲れがたまって起こる歪みは、イラストのような感じです。疲れが溜まれば、たまるほど、強く歪みが起こります。
この時には、疲れやストレスなどが多く、痛みはありません。体が歪みをおこしていくと、筋肉のコリは起こります。 筋肉のコリとは、筋肉の緊張の事です。筋肉のコリと緊張が起こると、循環が悪くなって、老廃物がいっぱいたまります。この時には、リンパの流れも悪くなっています。
疲れやストレスの蓄積
もっと、疲れやストレスが蓄積していくと、内臓に疲れやストレスがたまっていきます。この時に、痛みになっていきます。ズレが起きて神経の圧迫が起きると、痛みになります。
疲れが溜まった内臓で起きる所の痛みが決まります。 腎臓が疲れやストレスをためてしまうと、腰痛、腰の痛みになります。眠りが浅い方は、肺や心臓の負担が起きやすく、この方の場合は、肩こりになります。眠りが浅いと、脳が、疲れやストレスをためてしまいます。 脳に疲れやストレスがたまると、内臓に神経エネルギーを送れないで、内臓の支配する力がなくなって内臓も弱っていきます。
この時に、一番ダメージを受けるのが心臓と肺です。 心臓と肺が疲れやストレスを、ためてしまうと、動悸、息切れ、肩こり、肩が重い、手のしびれ、手の痛み、セキが出る、のどの痛みなどが起きやすくなります。
当院のカイロプラクティック療法で、色々な症状を改善解消していきます。

内臓と症状

当院の施術法には、体質改善という施術があります。この体質改善は、電器をしても、ボキボキしても、マッサージをしたり、押したり、何をしても変わらないものを少しずつでも、変える施術になります。マジックではありませんので、一瞬で変わるものではありません。 定期的に来院させて、変える事が出来る特殊な施術です。
根本的には、腰痛も、肩こりも、生理痛も、便秘も体質から起きています。 体質的な弱さ、悪さがある所に、疲れやストレスがたまると、痛みやコリなどの症状になります。
この体質的な弱さ、悪さが、もっと進むと、病気に近づきます。 病気になると、断言できるものではありませんが、可能性が多くなります。
例えば、

生理の時に生理痛になる方は、先将来、もしかしたら、卵巣や子宮の病気を起こす可能性が強い方です。
頭痛を起こす方は、テレビでも言っていましたが、先将来、脳こうそくを起こす可能性がある方が、頭痛、片頭痛を起こしています。
この例からもわかるように、今起きている症状も、先所来の可能性と関係があるかも知れません。

これを、待つだけではなく、ならないようにしていくのが、体質改善という施術です。ですから、そんなに、簡単には変わりませんが、少しでも、遅らせる事が出来れば、、また、ならないようにしていくのが体質改善という施術になります。
ほとんどの方に言えることですが、

体調と言うのがあります。体調が悪い時には誰でも年齢に関係なく歪みを起こしていきます。体調が悪いとは、疲れがたまっている時です、ストレスが多くたまっている時です、眠りが浅い時です。

いつのまにかストレス(疲れ)はたまっていきます。最近、多くの方が体調が悪い事がわからない方が増えています。体調と言うのは、自分で感じなければいけませんが、体調の悪さを感じる所が機能していない方が多くなっています。
自分の体を守れるのは自分です。

自分しかいないのに、自分の体の状態がわからなくなっています。すごく体調が悪くても自分で、そんなに思っていないと言う事になります。こんな状態では高齢者に限らず、変なことをしたリ、意味不明な言動が多くなったり、ボケと突っ込みみたいな会話が多くなったりしていきます。

当院のカイロプラクティックの施術を受けた方の声
カイロプラクティックと言うのはボキボキしたりすることではありません。体を整えていくのがカイロプラクティックの施術です。

カイロプラクティックと言うのは手の技で施術していく方法です、手の技で体を変えていくので、普通は低周波などの電機類は使いません。
電器を使う事で、痛みやコリを散らしているだけですから、電器などを使うと刺激して疲労させてわからなくなります。この電器を使う事を対症療法と言います。
痛みやコリの原因は関係なく痛みを散らしているだけです。必ず、痛みやコリには理由があります。痛みやコリをマヒさせる施術は、根本療法のカイロプラクティックとは言えません。

カイロプラクティックとは言えないものに注意してください。
体を直していくのに近道はありません。
カイロプラクティックといっても当院のカイロプラクティックはボキボキしたりしない痛くないカイロプラクティックの施術をしています。
カイロプラクティックの創生
カイロプラクティックを体系づけたのはD・D・パーマーと言う方です。カイロプラクティックは背骨の歪みを中心に改善していく方法です。
昔から人の体は2足歩行に向いていない骨格をしていましたから、人の体が2足歩行になってから背骨の歪みなどの問題が起きたと言われています。
まだ、4足歩行の動物の方が歪みが少ないと言われています。人は進化の過程で背骨に無理がかかっていると言いますから。
パーマーは1845年にカナダのオンタリオ州ポートベリーに生まれました。彼は二十歳の時に生まれ故郷を捨ててアメリカのイリノイ州ニューボストンに移り住みました。
パーマーを悩まされるあるテーマ
ニューボストンに移ってから彼はあるテーマに没頭する日々が続きます。
そのテーマというのは同じ人から生まれた兄弟でも弱い人とそうでもない人ができるのはどうしてなのか。
また同じ内臓でも病気になる内臓もあれば病気にならない内臓があるのはどうしてなのか。
パーマーはいろいろ考えることが好きな人でしたので、よくいろいろなテーマを考えでは研究をしていました。
そして彼は1885年アイオワ州のダベンボートに移り住みました。
あるストリートの角のビルの4階に治療院を構えた彼は磁気治療をしていました。

彼は病気を治していくのが天職と悟り研究に没頭する日々が続きました。
ある時にパーマーは治療院から帰ろうとして用意をしていた時に掃除人兼管理人のハーベィ・リラードが掃除に訪れました。

ダニエル・デイビット・パーマー

この管理人は耳が不自由でしたが全く聞こえないというわけではありませんでした。耳が不自由になる場合は、全然普通通りでしたので耳に不自由はりませんでした。
管理人は狭いところで掃除していたら急に首のところでボキッとしてそれ以来、耳が不自由になっていきました。

ちょうどパーマーは帰ろうとして管理人の横を通り過ぎようとしたときに首の出っ張りに気がつきました。
不自然なでっぱりできたので管理人に訊いてみると先ほど言ったことを話してくれました。

そこでパーマーは管理人に見せてもらうように言って快く承諾を得ました。
ベッドに寝てもらって首のところを見てみるとやはり不自然なでっぱりでした。
管理人に少し押しても良いかといぅって、了承もらって押してみました。パーマーが首のところを押してみるとボキッと大きな音がしました。
音がした後に今まで耳の聞こえが悪かった管理人は耳の音が急に大きくなって耳がよく聞こえると言ってきました。
このことがカイロプラクティックの初めての矯正だと言われていることです。
このことからパーマーはさらなる研究に没頭する日々が続きます。

カイロプラクティックの走者

カイロプラクティックと言う言葉は彼の友人である言語学者がつけた、名前で手技とか手の術とか訳されています。
カイロプラクティックという言葉は1896年1月14日に誕生した言葉です。
当院の院長は所属団体があります。東京の池袋に本部があるPAAC(パシフィック・アジア・アソシエーション)と言う団体に所属しています。この団体はカイロプラクティックの正しい普及に努力している団体です。

カイロプラクティック関連の書籍なども多く出していますのでカイロプラクティックのただし発展に努力をしている団体です。
院長もPAACと言う団体に所属しております。
今ではカイロプラクティックは世界じゅうにひろまっていますが日本が一番、法制度が遅れています。

法制度の遅れの原因はお医者さんの反対やマッサージ団体の反対や整骨院団体の反対などが原因でカイロプラクティックは未だに認められないで野放し状態などで色々な治療法が存在しています。

カイロプラクティックはエステなどの団体と同じような扱いを受けています。
痛みやこりの治療というのは色々な治療院でしていますが、

●参考までにわかる範囲ですが、まずは何と言っても病院の整形外科、外科です。レントゲンも撮れるし、薬や注射をすることができます。しかし主には骨折や骨のヒビ、外傷、ケガです。盲腸の手術などが主な項目です。あまり腰痛や肩こりなどは得意ではないと思います。と言うのはレントゲンで撮影しても骨に異常がなければ低周波治療器や電器をしているからです。あとは湿布を貼ったりすることもしています。レントゲンでわかるのは、骨のヒビや骨折ですから腰痛があるかたの骨と骨の間が狭いとかはわかりますし椎間板ヘルニアがあると言う事までレントゲンで判断できます。治療自体は低周波治療器や電器、注射をうつ、湿布を貼る、などです。

●整骨院は施術項目が決まっています、なぜか骨折、捻挫、打撲、打ち身、などです。これは法律で決まっていますから腰痛、肩こりなどは適応外ですが、それでは営業できませんから低周波治療器や電器、マッサージをしています。

●マッサージさんは筋肉に対してほぐすことをしています。

●鍼灸指圧さんはハリ治療とお灸の治療です。

●当院の他の整体院やカイロプラクティック院ではボキボキしたりマッサージしたり低周波治療器や電器をしたりまた、ボキボキしないで施術台でドロップ(台を少し上げて落とす)治療をしています。

●当院ではマッサージするようにして骨盤の歪み・背骨のズレの矯正を行います。低周波治療器や電器は使いません。低周波治療器や電器は痛みやこりを散らしているだけですから 。以前は低周波治療器や電器を使っていました、でも今は技術力が上がったので誤魔化すことなく治療をして直すことをしています。
これが当院のカイロプラクティックの治療です。

北九州市で小倉南区の徳力整体院。

北九州市小倉南区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年になります。

2020年05月29日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正とは

当院では初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。当院の小顔矯正は3通りの小顔矯正があります。

①1回だけの小顔矯正と ②しばらくかかる小顔矯正と ③体質改善による小顔矯正です。

① 1回だけの小顔矯正と言うのはお試しで受けて見ようと思う方、本当に顔が小さくなるのか疑問の方、他で小顔矯正をしたけど痛かった方、他で小顔矯正をしたけど効果がなかった方などのお試しで小顔矯正をしてみようとする方専用の小顔矯正です。

もし気に入って頂けたら②に進むことができます。

当院ではボキボキもしない痛くもない小顔矯正をしていますが小顔矯正をしたあとダルクなる場合があります。ダルクなるのは体調の低下、体力がない、睡眠負債の多い方です。

※変化に体調や体力が追い付いていかないと『ダルク』なる方がいます。施術をして体調や体力がついてくるとダルクなりません。

小顔矯正をしても顔が小さくなるのは変化が大きく体調の低下、体力のない方、睡眠負債で大脳が弱っている方は体調や体力の低下で顔が小さくなる方に体力が取られるのでダルクなります。

しばらく通うとなくなります。

当院の小顔矯正はボキボキもしないし痛くもない小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時は

小顔矯正をする時にはどうやって顔を小さくすることをするのか、と言うとマッサージをするようにしていると言えばあたりますがマッサージではありません。

マッサージをして顔がちいさくなることはないと思っています。ですからマッサージをしているように見えてもマッサージではありません。しかしだれが見てもマッサージをしているようにしか見えません。

専門家の先生もマッサージをしているように見えるけど、どうして小さくなるのか、と言われます。

そのため当院の小顔矯正をあらわすとマッサージ感覚で小さくしているとしか言えませんがマッサージではありません。

マッサージをするような感じで顔を揉んでいると顔が小さくなります。それは当院では院長の手が特殊なのと検査をしっかりしているからです。

小顔矯正するのに、どうして検査することが必要なのか、というと理由があります。

今まで多くの方を小顔矯正をしてきて顔を小さくすることをしてきましたが検査してみると色々な状況がわかります。

疲れやストレスと小顔矯正

疲れやストレスの蓄積が多いと顔は大きくなります。疲れやストレスと言うのは小顔矯正をしていくときに最大の邪魔なものになります。

疲れやストレスが多いと顔に浮腫み、脂肪が多くなります。

疲れやストレスはたまる所があります。疲れやストレスがたまる所は例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパとあとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所と言うのは中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一つですから内臓と筋肉にたまります。

内臓と筋肉に疲れやストレスがたまることで体は歪みやズレになります。そして顔にも疲れやストレスはたまります。

顔にも疲れやストレスがたまると顔の皮膚、筋肉、じん帯、脂肪、骨が炎症やハレを起こしていきます。

骨まで炎症やハレが起きると顔は肥大して大きくなります。骨も炎症やハレを起こすこともありますし皮膚も筋肉もじん帯も炎症やハレを起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が訪れる小顔矯正をしています。

2020年05月18日

自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症を解消

最近は体の不調状態を言う方が多くいます。そのため病院で診断されて自律神経失調症だと言われたという事で薬よりも体から改善、解消して欲しいと言う事で多くの方が訪れています。

自律神経失調症になってしまうのは原因があります。この原因から解消して変えていく事をしないと薬では解消できないこともあります。

当院の院長は現場でいつも、実際に患者さんの治療を行っています。

自律神経失調症になるとどんな症状が起きるのかは、あらゆる症状が起こります。病院で検査しても尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしても陽性反応が出ない時に症状を言うと自律神経失調症と言われてしまいます。

検査しても異常が見つからないのに、症状を言うと自律神経失調症と言われます。

尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査などの検査をしても、わからないのは理由があります。

自律神経失調症と言うのは病気のようであって病気ではないからです。

尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気は検査です。自律神経失調症は病名ですが病気ではありません。

病気ではありませんから病院で検査しても分からないのが現状です。

この場合に自律神経失調症と言われます。

自律神経失調症とは

自律神経失調症になる時には、実際にある神経が自律神経です。交感神経と副交感神経に分けられます。

それは自律神経失調症とは関係ありません。

自律神経は脳幹からでている神経ですからおおもとの脳幹に問題ができた時に自律神経失調症になります。

交感神経、副交感神経に問題ができると言う事はあまりありません。ないことはありませんが、普通では起こりません。

自律神経失調症になる時には、体がどうなっているのか、原因があります。

当院では院長が特殊な検査をしています。普通では何をしても分からない検査です。

整体院やカイロプラクティック院でも足の長短の検査くらいはするかも知れませんが、当然、自律神経失調症の方は足の長さが違いますが、これは当たり前なので、当院では見ません。これを揃えても良くなりませんから。

自律神経失調症の診断、検査は大変難しく、該当する検査はありません。

当院では検査することをできるから、簡単にしています。

簡単な検査ではありません。

誰でもできない検査ですし検査して習得しようと思って毎日、訓練しても3年以上かかります。3年かければできるものではありません。3年かけてもできない方もいますしできる方もいます。

この検査ではある部分を使いながら検査します。

患者さんの後頭部の検査で判断していきますが、1回、1回検査していると時間ばかり過ぎます。

そのため時間、短縮のため省いていますが、すべて検査することで判断していきます。

自律神経失調症になる時には

自律神経失調症になる時には誰でもあることが起きています。しかもこれが多くなっています。

これは疲れやストレスの蓄積です。ストレスと言う言葉は意味不明な言葉ですからストレスを日本語で言うと疲れの蓄積です。

この疲れの蓄積の多さがストレスです。一応、ここではストレスで説明しますが院長はあまりストレスを使いたくはありません。日本語でストレスと言うとわからないからです。

ストレスは、蓄積した疲れです。

ストレスが多くなればなるほど、限界なくためてしまいます。際限なくストレスをためてしまうと体は何が起きるのか!!!

ストレスを限界なくためてしまうと体調がドンドン落ちていきます。この時に自律神経は失調状態になります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら、ある部分に多く蓄積していきます。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとの残りは内臓です。大脳も内臓です。

65%になる水にストレスがたまると言う方はいません。

筋肉にもたまりながら内臓に蓄積していきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。。

病気ではないので尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査では異常が見つかりません。

内臓にストレスがたまると内臓の働きが悪くなっていきます。

食べても栄養成分も作られにくくなります。

食べることで弱っている内臓に負担になります。

特にアルコールの分解は負担が大きくなります。そうすると内臓はストレスをためていきます。

脂っこいものでも同じです。

内臓は消化することで働いてくれています。これを動かしているのが自律神経です。

肺でも酸素を吸って呼吸して肺で血液に酸素が混ぜられて脳へ送られます。

肺の働きが弱っていると酸素を混ぜることができません。つまりは脳への酸素供給量が減ると言う事です。

この毎日の生活で、仕事で多くなるストレスと、食事、息をする事でも働いてくれている内臓が弱っていることが自律神経失調症に結びつきます。

自律神経失調症の方は

自律神経失調症になっている方は、自力で回復できないほど体調を落としています。体調がドン底のような体調をしています。

こんな状態では自律神経失調症になるのは当然です。

しかも眠れていませんから、睡眠薬などで寝ているような状態では眠れていません。

薬で寝ているからです。

眠りと言うのは大脳が寝ていることを言います。大脳が休養をとることが眠りです。スースー寝息を立てていれば寝ていると言う事はありません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

寝ながら考え事をしている睡眠をしていると自律神経失調症になります。

自律神経失調症になると自律神経は乱れています。

自律神経失調症とは

 

 

 

小倉南区自律神経失調症を解消することができるのは体調から上げていくこと。小倉南区で自律神経失調症を症状と原因から解消、薬を使うことなく原因を見つけるチェック診断と漢方を使う事よりも病気よりも何科かわからなくても体を検査する事から。

 

2020年05月10日

頭痛

頭痛

楽になる頭痛

頭痛が起きると、いつも薬ばかり使って抑えていると思います。痛み止めの頭痛薬は、一時的な頭の痛みを楽にしているだけです。

頭痛を治している訳ではありませんし、頭痛にはどうして頭痛になるのか、原因があります。

しかし病気ではありませんから、病院にいっても検査しても、血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査をしてもわかりません。

血液検査、尿検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。病気になったら陽性がでて病気だとわかります。

しかし病気で何かの異常があって起きている頭痛があることもあります。その場合は病院で検査してみることも必要です。脳神経外科とかが病気から起きる頭痛の専門です。

しかし、なんでもかんでも病気と言うのを結びつけることも大切ですが、病気ではない状態で起きている頭痛もあります。

最近の頭痛は

最近の頭痛の方には同じことが起きている場合が多く見受けられます。最近の方の頭痛は眠りに関係することが多く起きています。

全員ではありませんが、確率から言うと高確率です。

気が付いている方はわかると思いますが、眠りと言うと脳から寝ていないと眠りとは言えません。

誰でもスースー寝息を立てていれば寝ていると思うでしょうが、違います。

スースー寝息を立てているか、グーグー寝息を立ているか、いびきをかいているか、など色々な眠りがあります。

横になって寝ていても脳が休養を取って寝ていないと寝ていることにはなりません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

寝ている本人はわからないと思いますが。寝ると言うことは簡単なようで簡単ではありません。

寝るのも体力が入ります。

上手く寝ることが重要なんですが、多くの方ができていません。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思いますよね、しかし、実際は寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は最悪な睡眠で脳を弱らせていきます。

脳を弱れせていくと脳疲労になります。さらに進行していくと脳が弱りすぎて脳マヒになります。

脳マヒになると体調が良いか、悪いか、わからなくなります。普段通り生活できますが、時々、変なことを言ったり、変なことをします。そして物忘れが多くなります。

そのうちに進行していきます。脳細胞の急激な減少を招いていきます。

また頭痛の方は脳梗塞になる確率が高いとテレビで言っていました。脳梗塞の予備軍の方が頭痛になっているという事です。

脳梗塞の予備軍の状態ですから脳梗塞になる前に頭痛になっていると言う事です。

頭痛には原因が

頭痛になる為には何かの原因があります。脳梗塞になる前に、ならないようにしていくことを考えましょう。

その為には何をするかです。

進行してものを変えていくことは簡単ではありません。

簡単に変わるものではないから変えていく必要があります。間に合ううちに。

頭痛と言うのは頭で起こりますから、頭は、簡単に変えられる部分ではありません。

頭痛を解消する為には頭だけではなく体も整えて行く必要があります。

頭と体は相互関係があります。

その為には体調が深く関係しています。

体調が落ちている時に頭痛になります。

眠りが浅い時に頭痛になります。

自分でも気が付かないでも、この両方とも関係があります。

体調が良い時には頭痛が起こりません。

眠れていれば頭痛は起こりません。

もし体調が良いのに頭痛が起きれば、それこそ病気です。

しかし病気の方も体調を落としています。

頭痛になる時には、何かが原因で体にあるから頭痛になります。

頭痛とは

 

小倉南区頭痛を楽にしていく事をしています。

2020年05月06日

自律神経失調症

自律神経と言うのは脳幹から発祥して背骨の両横にある神経のことです。交感神経、副交感神経を両方合わせて自律神経と言います。

当院では自律神経失調症の方が良く来院しています。病院で薬を使う事もいいかも知れませんが、薬で抑えるよりも、自律神経失調症をおさえるのではなく直していきませんか。

自律神経失調症

自律神経失調症と言う神経は実際にある神経のことですから、自律神経自体を変えていくことで自律神経失調症は解消されていきます。
薬は抑えるだけですし、直している訳ではありません。簡単に数回で治ることはありませんが、しっかり治療計画を立てて直していくことで自律神経失調症は直っていきます。

ちょこちょことして治るものではありませんが、原因がわかっているから直す事ができます。

自律神経を改善するためには

自律神経失調症になる方の多くは眠りが浅く眠れていません。寝ている状態でも眠りが浅いと言うことですね。
眠りが浅いと脳は興奮状態ですし、脳の緊張も強く起こります。こんな状態では自律神経失調症になるのは当然です。

自律神経と言う神経は脳幹から出てきます。そして脳幹から出て背骨の両横になりますから、この神経の乱れは、脳幹にあります。
脳幹と言うのは一番、大事な部分です。脳幹が元気で働いてくれているから生活や仕事ができます。

この部分の乱れが自律神経失調症です。
多くの場合、体調の落ちすぎです。
体調が落ちすぎていると自力で回復することもありません。
自律神経失調症は、原因があって起きていますので原因から解消と改善するように目指していきましょう。

最近、多くの方が睡眠負債状態になっています。毎日の積み重ねの睡眠負債状態が多くなると強く脳疲労を起こしていきます。
脳疲労を起こすと脳幹の近くにある自律神経が乱れていくのは当然、起こります。自律神経は脳幹の横から出ている神経のことで交感神経と副交感神経からなっています。
自律神経が交感神経と副交感神経のコントロールを無くしたときに自律神経失調症になります。

自律神経失調症が起きるのは、体調と体質と睡眠負債が主な原因です。
①体調が関係する自律神経失調症は、疲れやストレスの蓄積で起きる物です。
②体質が関係する自律神経失調症は、老化から起きるものです。
③睡眠負債から起きる自律神経失調症は睡眠不足から起きる現象です。
特に最近、多くの方に言えることがあります。それは睡眠負債が多すぎと言う事です。
睡眠負債が多いと脳疲労が起きていきます。脳疲労どころか、さらにひどい方もいます。

脳疲労が起きると頭痛、偏頭痛、頭がボーとする、イライラする、くらくらする、動きたくない、外出したくない、目の疲れ、目のカスミ、目やにが多くなる、目が見えにくい、鼻炎がある、アレルギーが出る、下痢、生理痛、生理不順、便秘、ダルイ、腰痛、肩こり、セキが出やすい、息苦しい、無呼吸、長く歩けない、膝の痛み、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、うつ、パニック、物忘れ、うっかりする、記憶障害、自律神経失調症、更年期障害、認知症、ボケ、なども起こります。
脳はすべてを支配しています。内臓も支配しているし自分が生きているのも脳で生きていられます。それらが失調状態になると言うのが自律神経失調症です。

自律神経が失調する

生きていく神経である自律神経が乱れることを自律神経失調症と言いますから多くの場合は体調の低下で起きています。
病院では病気ではないのでわかりませんが、体調が落ちていると言う事は病気ではありませんから病院ではわかりません。
自律神経失調症と言うのは症状であって病気ではありませんから薬で抑えるようにしていますが薬は本当に抑えているだけです。
直しているのではなく薬で抑えているだけです。
当院では自律神経失調症を直していきますが、数回から数十回かかります。と言うのは数回で楽になっていきますが、本当の意味で直していくためには体質改善もする必要があるからです。

体質改善の施術

体質改善で自律神経失調症を直す場合は体を強くしていく方法で変えていきます。
普通は自律神経失調症は起きませんので自律神経失調症が起きる方は特別、自律神経が弱い方です。

弱いのを強くしていくことができますから強くしていけば自律神経失調症は安定して楽になっていきます。
神経が乱れるのは

体質改善

自律神経系の不定愁訴の症状が自律神経失調症になります。自律神経はストレスの影響を受けやすく影響を受けるとバランスが悪くなります。
自律神経には交感神経と副交感神経があります。
自律神経というのは、実際にある神経ですが、どこにあるのかと言うと脊髄から出ていますけど発祥は脳幹からです。

ここの働きが悪くなると普段から調整しているものが調整できなくなって色々な症状を起こすわけです。
自律神経は、普段の仕事は血管、リンパ腺、内臓の調節をしています。自分の意志とは関係なく自分ではコントロールができないで勝手に動くので自立(自律)神経と言います。

詳しくは呼吸や代謝、消化、循環などの自分の生命活動を調節することをしています。ここのバランスが悪くなってしまったものが自律神経の失調状態の症状と言う事で自律神経失調症と言います。

日本では

色々な検査をしても異常がなければ自律神経の関係打だろうという事で自律神経失調症と言う病名が付く場合が多いようです。

つまり、自律神経失調症は病気だけど、検査しても血液検査をしても尿検査をしてもエコー検査しても異常が出ないものとして扱われています。
検査しても異常が見つからないけど、何かの不定愁訴を言う方や訴える方がいる場合に、片付けられるのが自律神経失調症と言う症状と病名です。
似ている症状は更年期障害です。更年期障害も自律神経失調症と同じような症状が起きています。違いは性別と年齢と閉経が関係するという事だけです。
自律神経失調症は男性女性に関係なく起こり、年齢にも関係なく起きています。関係するのは閉経前後のホルモンバランスが更年期障害という症状です。
多くの症状は、ほぼ同じです。

自律神経の症状は

微熱、体が熱い、熱ぽっい、体温が高い、めまい、ふらつき、くらくらする、冷や汗、肩こり、ダルイ、倦怠感、耳鳴り、動悸、不整脈、手のしびれ、頭痛、吐き気、下痢、過呼吸、過敏性腸症候群、過敏性大腸炎、不眠症、寝つきが悪い、眠れない、胃が重い、胃の持たれ、生理不順、味覚障害、人間不信、情緒不安定、情緒障害、不安感、イライラしやすい、被害妄想、ウツ、パニック障害、など様々な問題になります。つまりこれらは自律神経が調節していたと言えます。
その自律神経が乱れた訳ですから、統制ができないで暴走していることで色々な症状が起きてしまいます。

自律神経失調症になる原因は

ストレスの蓄積、アルコール類、激しい精神的なショック、抑圧、プレッシャーなどなど自分でも追い込んでしまうことで起きる方もいます。
良く自分で自分を追い込んでいるとか、自分で自分を追い込んで強くしていくということを言われますが、本当にそうできていると思いますか??
自分で自分を追い込んでも強くなることはなく、余計に自分のことが変になります。イライラしやすくなったり、言動が荒れたり、意味不明なことを言うようになったり、怒りぽっくなったり、記憶力が落ちたり、うっかりが多くなったり、していく場合が多くなります。

ソフトは良くてもハードを痛めつけるとハードが壊れてしまいます。
ソフトと言うのは考えや、こういう良いことをしようとか、朝からランニングをするとか体を鍛えるとか、運動しようとか、スポーツをして体を鍛えようとか。
これらは筋肉を鍛えることです。
筋肉を鍛えることができても、脳幹や大脳は鍛えることができるのか??と言うとそうではありません。

疲れやストレスと歪みやズレ

余計にねじ曲がってしまいます。追い込めば追い込むほど心は強くなる所か、悪くなっていきます。
そうではないとスポーツ選手が犯罪を犯すことはありえません。それだけ鍛えて追い込んでいるのにと言う事が言えます。
しかし、全員ではなく、中には良い精神力を持った方がいて、鍛えることで伸びていきます。しかし、これは数パーセントの方だけです。
鍛えることで、疲れを蓄積してしまい、内臓の老化が急速に早くなります。急速に悪くなったものが病気に近づいていきます。

ストレスが

会社でのストレス、人間関係のストレス、夫婦関係のストレス、親子関係のストレス、生活するためのストレス、近隣住民とのストレス、騒音でのストレス、動物の鳴き声でのストレスなど色々なストレスの蓄積で自律神経はやられていきます。
ストレスと言うのは日本語で言うと「疲れ」、「疲労」、「疲弊」、「疲労困憊」、「衰弱」と言い換えることができます。

つまり、実体がないストレスと言うのは蓄積疲労のことです。
では蓄積疲労は体のどこに蓄積するのか。
蓄積する疲れですから、体のどこかにたまっています。このたまる場所ですが、ここが一番重要になります。

体を一つ一つ上げてみると、まずは体の70パーセントは水ですから、水が悪い?、水が汚れている?リンパ液も水ですし、血液も水です。細胞の中にも水があります。
骨の中にも水があります。内臓の中にも水があります。脳の中にも水があります。
人の体は水だらけですから、絞れば水が大量に出てきます。
では、水を取ったらあとは骨、筋肉、脂肪、神経、血管、皮膚、内臓です。これしか残りません。
では、この中で疲労が蓄積する部分はというと、もうお気づきでしょう!!

あとは、内臓ですよね。

内臓に多くの疲労は蓄積していきます。内臓の疲労は多くなると脳まで及んでいきます。

睡眠負債と自律神経失調症

中枢神経系まで起きていきます。

中枢神経系の脳がストレスや蓄積した疲れをためてしまったことが自律神経失調症と言う症状になります。
疲れと言っても色々な進行系の疲れがあります。簡単に考えることなく甘く考えないで、しっかり施術をしていきます。

当院には体質改善、アンチエイジング、若返りの施術の施術と言うのがあります。
この施術で体を変えていかないと戻りやすくなります。この先はまたの機会に
病院の薬では直しているわけではなく中和しているだけです。

北九州市小倉南区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年になります。

2020年04月28日

小顔矯正

小顔矯正

顔が小さくなる小顔矯正

当院では人気がある小顔矯正をしています。小顔矯正をする時には初めから、初回から顔が小さくなることができるから評判の良い小顔矯正です。

小顔矯正をする時には顔を無理やり押さえつけたりすることはしません。

小顔矯正をするときにはボキボキすることしていません。

小顔矯正をする時には低周波治療器や電器を使う事はしていません。

では、どうやって顔を小さくしていくのか、と言うと

手のみで顔を小さくしていく技術があります。当院の院長は特殊な技術を持っていますから手のみで顔を小さくしていく事ができます。

機械にも頼りません。

顔をエアーで締め付けることもしていません。

手のみを用いて顔を小さくしていく事をしています。

手のみで小顔矯正

当院の特徴が手のみで顔を小さくしていくことができる事です。本当に当院では30年以上、小顔矯正をしてきましたが、手のみで顔を小さくすることをしています。

今まで小顔矯正をしてきて小顔にならなかったと言う方は一人もいませんが、顔を小さくしてもわからない方はいます。

当院ではわからないことがないように小顔矯正を始める前に顔を触っておぼえてもらいます。つまり小顔矯正をする前と、小顔矯正をしたあとを比べることができます。

ビフォーとアフターを比べることができるようにしています。

その為には小顔矯正に入る前に顔をおぼえておかないとわかりません。

それが大変、簡単ではないので、わからない方がいます。鏡で見るよりも、この方法の方が笑顔が違います。

小顔矯正をする時の触り方は

小顔矯正をする時の顔の触り方はアゴの部分に両方の手首を合わせて触ります。

小顔矯正とは

手のヒラ、指が浮いたりしないように意識して下さい。この意識すると言うことが一番重要です。

そして触れたら左右差を感じるようにします。顔は左右が対象ではありません。顔は歪みがありますから、誰でも顔は非対称です。

つまり右の顔と左の顔は同じではありません。

左右を比べようとすると手だけで触っているだけではなく脳が働きます。脳の感覚神経を働かせていくことが大切です。

ただ顔を触っただけではわかりません。頭を使って顔の大きさをおぼえることをします。

手だけで触った方は、顔を小さくしても分かりません。

小顔矯正をして行くときに20センチも30センチも変わりません。と言うか、どんだけ顔が大きいのか。

小顔矯正をして行くときにはミリ単位と言うよりもセンチ単位です。

1センチ、2センチ、3センチの幅で顔が小さくなります。どれくらい小さくなるのかは小顔矯正をしてみないとわかりません。

でも小顔矯正ををすることで顔が小さくなっていきます。

特にアゴのラインは変わる方が多くいます。あと変わりやすいのはほほ骨の出っ張りです。この2つは変わります。

小顔矯正をして行くときには

当院では小顔矯正をしていく時にはマッサージをするような感じで小顔矯正をしていきますがマッサージではありません。

マッサージをして顔を小さくすることはできないと思っています。でも誰が見てもマッサージをしているようにしか見えません。

専門家の先生が見てもマッサージをしているようにしかみえません。ですから危険な小顔矯正ではありません。

マッサージするように顔を揉んでいくと顔が小さくなる小顔矯正をしています。

顔のマッサージをしているようにしか見えませんがマッサージではありません。

小顔矯正で顔を触りますから、できたら薄化粧でお願います。

洋服は普段通りでOKです。着替える必要もありません。

 

 

小倉南区で顔が小さくなる小顔矯正をしています。当院では小倉でも小顔矯正の専門で顔が小さくなることにかけては一番です。

2020年04月22日

更年期障害

更年期障害を楽にすることから始めて、楽になってきたら更年期障害の原因を見つけ出すことをしていきます。

更年期障害

更年期障害には原因がありますから、原因を見つけ出すことが更年期障害を早めに終わらせることになります。更年期障害になると50歳前後の方が閉経を迎えるときにホルモンバランスが崩れてしまうことで起きると言われています。
しかし、それが切っ掛けですが、原因ではありません。

更年期障害

更年期障害は直すことができます。いつまでも薬ばかりで抑えていないで、薬任せにしていないで原因から改善して行くと、一度には無理ですが、少しずつ楽になっていきます。

更年期障害は薬で抑えるよりも、原因から変えていくことをしてください。
更年期障害はちゃんと原因がありますから、薬泣かせにしないで原因から解消していくようにすると更年期障害は少しずつでも良くなって楽になっていきますので。

更年期障害を原因から直すことを目指していきませんか。
一度、更年期障害が起きてしまうと、いつ治るかもわからない状態になってしまいますので、自分からでも積極的に攻めていかないと改善できないのが更年期障害になります。
更年期障害というのは閉経だけが関与しておきているものではありません。

体調が関係しています

閉経の時に体調としてしまって戻りきらないのが原因です。
体調が戻りきらないのも原因があって起きていますので薬などで中和していないで原因から改善していくようにすると更年期障害を楽になっていきます。

更年期障害が起きるのは

更年期障害が起きるのは一般的には女性で45歳から55歳の範囲に入る方がいろいろな

調子を落として病気ではない症状の時に起きているのは更年期障害です。
更年期におけるさまざまな症状が起きるのは女性ホルモンの一つ、エストロゲンの減少と密接に関係を持っています。このエストロゲンは卵巣から放出されるホルモンなどで卵巣機能の低下からエストロゲンが放出されないことから起きるいろいろな症状だと思われています。

体調と更年期障害

エストロゲンのコントロール

しかし、エストロゲンの分岐をコントロールするのは脳の視床下部というところがコントロールをしていますのでいくら正しく視床下部が働いても、卵巣機能の低下によりエストロゲンが出ないことが原因だと思われています。
そして、視床下部は様々な体をコントロールする自律神経にも影響を与えてしまっていますので自律神経のコントロールができない状態の暴走状態が起きて更年期障害の代表的な症状であるのぼせ、微熱、ほてりなどの症状がおこることで知られています。
更年期は誰でも訪れる問題ですがイライラしたり突然の発汗が起きたり、体のだるさや体が重たくなります。

更年期障害はいろいろな症状起こしますが、代表的な例を言うと
ダルイ、疲れやすい、のぼせ、ほてり、多汗、腰痛、肩こり、首の痛み、首のコリ、めまい、頭痛、吐き気、手や足の浮腫み、シビレ、かゆみ、イライラ、不安、不眠などです。

若年性更年期障害

最近は閉経に関係なく起こる更年期障害があります。
普通は更年期障害というと45歳から55歳までの範囲ですが、30代の方に起きる更年期障害というのがあります。

若年性更年期障害は年齢が達しないまでも生理不順になったり生理が来なくなったりして女性ホルモンの分泌は正しくおこなわれていない方に起きる現象です。
色々なダイエットやストレスをためることで起きたり食生活や生活環境の変化において卵巣機能が低下状態に陥るとおこる現象だと思われています。

更年期障害の本当は

今まで更年期障害というものを説明してきましたが、多くの説明はあまり的を射ているとはいえない更年期障害の説明をしてきました。

本当の更年期障害の体調が落ちていて上がり切れないことが原因です。体調も限界なく落ちていくので、落とし方がひどいと簡単には上がらない状態なので、いくら休養を取ってもサプリメントや薬を飲んでも、体調が上がることはりません。
更年期障害というのは体調が落ち過ぎた状態で起きていますので、基本的な体調を上げていくことをしないと、いくら薬を飲んでいても更年期障害が治るのが長期間に及びます。

更年期障害と睡眠

治るというよりも中和すると言った方があっていると思います。

北九州市小倉南区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年になります。

2020年04月15日

肩こり

肩こり

肩こりとは

肩こりが起きる時には肩こりを常に感じている方は少ないと思います。つまる起きている時は、常時、肩こりを感じる方はいません。

何かに集中している時には肩こりを忘れています。肩こりを感じるときには強く肩こりを感じることもあれば、肩こりが軽く感じる時もあると思います。

どうして肩こりが変化するのか、それは疲れやストレスの蓄積が違うからです。疲れやストレスは時間でも多くなったり少なくなったりしています。

肩こりを起こしている原因があります。今まで肩こりの原因がないと言う方はいません。

肩こりを楽にする為には色々な方法がありますが、湿布を貼ったりしても楽になることもあります。ドラックストアでサプリメント、医薬部外品を買って飲んでも肩こりが楽になることもあります。

肩こりと言うと代表がマッサージを家族の方にしてもらっても楽になることもありますしマッサージの専門の先生に揉んでもらっても楽になることもあります。

肩こりと言うと低周波治療器や電器をしても楽になることもあります。

このように色々な方法で楽にすることができますが、楽にすることで終わることはありません。

楽にすると言うことは楽にすることであって、肩こりを直している訳ではありません。

肩こりを楽にする方法は、対症療法と言います。対症療法は原因なんか関係ありません。どうして肩こりが起きるのか、原因を調べることもしません。

肩こりがどうして起きるのか、見つけることなく湿布を貼ったりマッサージをしたり、低周波治療器や電器をします。

しかし肩こりと言うと筋肉のコリさえほぐしてしまえば楽になります。このため楽にする事ばかりして肩こりを直したと思うことが多くあります。

肩こりの原因

肩こりの原因は疲れやストレスの蓄積なんですが疲れやストレスはたまる所があります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。体重の大半は水分です。水に疲れやストレスがたまるという事はないと思います。

あとの残りは35キロの中に疲れやストレスがたまるところがあります。

あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパです。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまりやすい所は筋肉と内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。例えば呼吸も酸素を吸って肺で血液に酸素を混ぜてくれますから血中酸素が増えてくれます。

これらも内臓が働いてくれています。

働きをすると言うことは疲れやストレスが生じます。人が生活する時でも疲れやストレスが多くなります。つまり両方から疲れやストレスが内臓にたまっていきます。

これが背骨のズレになります。背骨のズレが起きると筋肉は引っ張られたりします。これが肩こりです。

睡眠負債と肩こり

最近は多くの方が睡眠負債になっています。睡眠負債になっていることに気が付いていない方も多くいます。

睡眠とは大脳が寝ていることを指しています。

つまり夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。これでは寝ていません。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

眠りと言うのは大脳が寝ていることだけです。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。大脳が弱ると痛みやコリを感じない時間が増えていきます。

眠りが浅いと脳細胞の数が減少していきます。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを解消する為に。

2020年04月13日

浮腫み

浮腫み

浮腫みを減らすなら体から整えていくことが重要です。どんなに良い浮腫み解消法をしても体が整っていないのでは基本ができていません。

浮腫みを解消するなら浮腫みの原因を見つけ出す事をしなければいけませんが浮腫みと言うのは脂肪とは違います。

浮腫みは浮腫みであり、脂肪は脂肪です。多くの方が浮腫みと脂肪がわかっていません。脂肪は中に脂肪があります。

浮腫みは、脂肪があまりありません。

指で摘まんでみると、わかりますが、厚みがあるのが脂肪です。浮腫みは中の厚みがありません。

脂肪にはある所が決まっています。皮下脂肪と言うのがあります。皮下脂肪は皮膚の下の脂肪です。あとは内臓の周辺の脂肪になります。

浮腫みは脂肪と違ってできる所は決まっていません。あらゆる部分に浮腫みはできます。浮腫みはどこでも多くなりますが、浮腫みはリンパ液です。リンパ液と言うのは筋肉、内臓の周辺の老廃物が多く出ています。

浮腫みと言うのは体調が悪い状態で起きています。

浮腫みと言うのは病気ではない状態で起きています。浮腫みは全体の体調と肝臓に関係しています。

体調が悪くなると誰でも流れが悪くなります。この流れが悪くなったものが浮腫みになります。内臓から内臓への流れではなく、内臓の外の流れです。内臓から内臓への流れではなく内臓の外の流れです。

リンパ液が関係しますが体調が落ちればリンパの流れが良いことはありません。

疲れやストレスと浮腫み

誰でも体調が落ちていくと浮腫みが多くなります。体には多くの疲れやストレスがたまっています。この疲れやストレスの蓄積が浮腫みを作ってしまいます。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、運動、筋トレ、ジョキング、旅行、買い物で多くなるものがあります。それが疲れやストレスです。

疲れやストレスは多くなるばかりですが、どこにたまるのか、と言うことを考える方はいません。疲れやストレスはどこにたまるのか。

それが浮腫みを起こす原因になります。

浮腫みがどうして起きるのか。

どうして浮腫みが多くなるのか。

浮腫みを考えるときにはダイエットとは関係ありません。いくらダイエットしても浮腫みとは関係がないので減りません。

浮腫みと言うのは食事制限しても減るものではありませんが、食べすぎはもちろん良くありません。誰でも食べすぎると脂肪が多くなります。

脂肪太りなのか、浮腫み太りなのか。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、運動、筋トレ、ジョキング、旅行、買い物で多くなるものがあります。疲れやストレス何ですが、疲れやストレスはどこにたまるのか、というと内臓にたまります。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

内臓に疲れやストレスがたまると炎症やハレが起こります。つまり体の中から崩れることで浮腫みが起きていきます。

体調が良い時には浮腫みは減ります。体調が良い時には浮腫みは多くなりません。体調が悪いから浮腫みが多くなります。

睡眠負債と浮腫み

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りと言うのは大脳が休養を取って寝ていることを言います。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は大脳を弱らせていきますから脳が弱れば浮腫みが多くなります。

眠りが浅いと体調は奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。しかし多くの方が気が付いていません。

目が覚めないからと言う理由で。

寝ている方はわかりませんが目が覚めないから寝ているとは言えません。

体に疲れやストレス、睡眠負債があると

体に多くの疲れやストレスと睡眠負債があると浮腫みやすくなります。しかし睡眠負債が多くあると脳疲労が強く起きていますから痛みやコリに鈍感になります。

つまり痛みやコリが起きているような状態でも感じません。

しかも脳疲労は大脳をハイテンションにならせることがあります。ハイテンションになると体調の悪さも分からなくなります。

どんなに負担が起きていても感じません。

浮腫みを解消する為に来た方を検査してみると骨盤の歪みや開きが起きているにも関わらず感じません。

背骨がズレてガタガタしていても感じません。特に背骨のズレは内臓と直結しています。内臓疲労が背骨をガタガタにしています。

普通であれば感じなければいけない痛みやコリも感じなくなっていきます。

症状がある部分だけ、悪くなると言う事はありません。全身の低下があります。全身が低下しながら痛みやコリがある部分が深く悪いと言う事です。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから浮腫み解消して減らすなら体から整えていくことが大事です。

2020年03月16日

ダイエット

ダイエット

ダイエットするなら

ダイエットして痩せようと思うなら基本が大切です。いくらダイエットに良いレシピを試しても食事制限してもダイエットに効果があるサプリメントを飲んでも、痩せる薬を試しても運動しても、筋トレしても、アスレチックしても、ストレッチしても、痩せるスープを飲んでも基本が整っていないと痩せることがありません。

運動したり、筋トレしたり、サウナに入ると脂肪は減るでしょうが浮腫みは増えていきます。

脂肪と浮腫みは違います。脂肪は指でつまむと中には脂肪があります。しかし浮腫みは中には脂肪はありません。

運動したり筋トレしたりランニングしたりすると脂肪は減りますが浮腫みは増えていきます。

体を動かすと動かした疲れやストレスが多くなりますから、代償が大きくなります。

何かをしたら、何かが多くなります。運動、筋トレ、ランニングをすると、必ず代償が大きくなり疲れやストレスが増えてしまい浮腫みが多くなります。

浮腫みが増えていく時には体調を落としている時です。体調を落とすと骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。骨盤の歪み・背骨のズレがあっても痛みやコリにはならない時もあります。

当院はダイエットを希望させれ訪れる方が多くいますが、検査してみることができるので検査すると例外なく全員が体調を落としています。

ダイエットに関係するのは体調と眠りです。

いくら良いダイエットをしても効果があるダイエットをして痩せようと思っても眠りが浅い方は痩せません。

眠りが浅いとホルモンの働きも低下してバランスが悪くなっています。しかも代謝も低下しています。

最近は多くの方が自分の体をわからなくなっています。と言うのも夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っているからです。

目が覚めないから寝ていると思っています。眠りと言うのは、そんなものではありません。

昔でしたら寝ようとすると寝つきが悪く1時間も2時間も眠れないとか、眠れるけど夜に目が覚めてしまうと1時間も2時間も眠れないとか、夢ばかり見る方が不眠症でした。

しかし最近は夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると勘違いしている方が増えていて、この方の体調を検査してみると、すごく体調が悪く、奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。

奈落の底のような体調、ドン底のような体調の方がダイエットをしても痩せることはなく効果は上がりません。

ダイエットするなら体を整えていくことで痩せていきます。

ダイエットするなら

ダイエットするなら体を整えていくことを考えましょう。

体を整えていくことが基本中の基本になります。

無理なダイエットをすると、確かに細くなりますが、骸骨のような細さでは意味ありません。具合が悪そうに見えるだけです。

当院のダイエットは体を整えていく事でキレイに無理なく痩せること、細くなることをしていきます。

その為には小顔、小尻はもちろんですが、ウエストまで細くしていきます。体が細くなれば後で体重計は付いてきます。

体重計のメモリを気にするよりも友人や家族の方、同僚、好きな人から「痩せてきたね」、「細くなってきたね」と言われる方が優先です。

体重計ばかり気にしていないで体を細くしていきませんか。

ダイエットして痩せる方法は

ダイエットして痩せる方法は2通りあります。一つ目は体調を上げるダイエット法です。体を整えていくことで代謝が上がって細くなる方法ですが、維持することはできません。

体調だけではなく体質改善で体を直していく方法があります。

体質改善の治療で体の中から若返らせていくと、体を維持する力が上がります。上がるのは維持する力だけではありません。

体質改善のダイエットは弱い部分を少しずつ変える必要があります。ホルモン系だったり、内臓だったり、一番、関係するのは内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

疲れやストレスと言うのは内臓んみ蓄積していきます。内臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

内臓に疲れやストレスがたまると代謝が悪くなりリンパの流れが停滞して老廃物が多くなります。

内臓疲労が多くなればなるほど浮腫みやすく脂肪になります。

また

睡眠負債でも脂肪が多くなり浮腫みやすくなります。

ダイエットするなら基本は疲れやストレスの度合いと眠りの深さです。

体調と眠り

眠りの深さは寝ているから自分ではわかりません。

他の方が寝ている方を見ても脳の中までわかりません。

いびきは眠れていないと言うことはわかると思いますが、脳から寝ていないと眠れていません。

眠りとは脳が寝ていることです。

例えば6時間の睡眠時間があっても5時間50分くらいが寝ながら考え事をしている睡眠になっています。

5時間50分の眠りは寝ながら考え事をしている睡眠をしている方が増えています。

夢は目が覚める瞬間に数秒の間、見ています。

目が覚める前に見ている夢だから記憶に残りおぼえています。

しかし、その前の睡眠は記憶に残りません。

ただ目が覚めないから寝ていると勝手に思っているだけです。

 

 

 

北九州市小倉南区、小倉北区でダイエットして痩せようと思うなら基本的なことから解消していかないと痩せることはありませんし、細くなりません。

2020年03月09日

肩こり

肩こり

肩こりを楽にする

肩こりを楽にする為には肩こりの原因を見つけることからしていきます。どうして肩こりになるのか。なぜ肩こりをかんじるのか、原因があります。

何も原因がなくて肩こりになることはありません。

肩こりになるのは原因があります。もちろん筋肉のコリが起きていることも肩こりの一因です。

肩こりが起きるのは

① 筋肉のコリ

② 筋肉以外で起きる肩こり・・・・があります。

筋肉のコリで起きる肩こり

筋肉のコリで起きる肩こりとは毎日の生活、仕事で疲れやストレスがたまります。この疲れやストレスがどこにたまるのか、たまる場所があります。

疲れやストレスがたまる場所は、筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、じん帯、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管、皮膚、髪しかありません。

あとは内臓です。大脳も内臓です。

つまり疲れやストレスは内臓に蓄積して多く積み重なっていきます。内臓に蓄積することで骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

体の内部から崩されていきます。この時に骨盤の歪み・背骨のズレになります。

姿勢で崩れることはありません。

特に骨盤、背骨は中枢神経を守っています。

簡単に姿勢で歪みが起きれば大変なことになります。しかし体の内部からダメージを受けると簡単に曲がってしまいます。

肩こりになる内臓に疲れやストレスがたまって次第に多くなると背骨のズレが起こります。背骨のズレが筋肉を引っ張ってしまいます。

これが肩こりになります。

何も原因がないのにリンパの流れが悪くなることはありません。リンパの流れが悪くなると老廃物が多くたまります。

肩こりになる時には全身に疲れやストレスがたまっていきます。

全身に疲れやストレスがたまりながら弱い内臓に疲れやストレスがさらに蓄積していきます。

弱い内臓に疲れやストレスがたまると背骨のズレになります。背骨のズレが起きてしまうと筋肉は骨から骨へ引っ付いていますから骨が動くことで筋肉は緊張したり緩んだりします。

これが肩こりです。

肩こりになる時には体の内臓には弱い内臓とそうでもない内臓があります。そうでもない内臓はあまり肩こりに関係しません。

しかし弱い内臓は疲れやストレスをためやすく、たまると肩こりになります。

弱い内臓ほど疲れやストレスをためやすく、いつも弱い内臓と同時に背骨のズレが起こります。

必ず弱い内臓に疲れやストレスがたまって多くなると、背骨も連動してズレになります。あまりに内臓に多くの疲れやストレスがたまると背骨のズレが大きくなって椎間板ヘルニアになることもあります。

椎間板ヘルニアは特別なモノではなく体調が悪くなって疲れやストレスを多くためると誰でも起こるのが椎間板ヘルニアです。

肩こりとは

肩こりとは筋肉のこりだけほぐしても楽になります。しかし内臓疲労や背骨のズレは残ります。

肩こりと言うと湿布を貼ったりしても楽になります。しかし内臓疲労や背骨のズレは残ります。

肩こりというと低周波治療器をしても楽になります。しかし内臓疲労や背骨のズレは残ります。

肩こりと言うとマッサージしても楽になります。しかし内臓疲労や背骨のズレは残ります。

肩こりと言うとサプリメントを飲んでも楽になります。しかし内臓疲労や背骨のズレは残ります。

肩こりと言うと病院で注射を打っても楽になりますが、しかし内臓疲労や背骨のズレは残ります。

肩こりの原因は内臓疲労であり、内臓疲労から起きる背骨のズレです。

しかし内臓疲労や背骨のズレを解消しなくても、楽に感じるようにはできます。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が肩こりを楽にする為に訪れているカイロプラクティック徳力整体院。

2020年03月02日

腰痛

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みとは

腰痛腰の痛みが起きる時には、どうして腰痛、腰の痛みになるのか、原因が関係しています。腰痛、腰の痛みになる時には体から回復させていく必要もあります。痛みだけ良くしようとしても直りが悪くなっていることもありますし、さらに睡眠負債があると、もっと問題です。

腰痛、腰の痛みになる時、腰の痛みを起こす時には体全体に疲れがたまっている時にしか起こりません。しかし普通は体全体に疲れがたまっていても痛い所だけしか感じません。

疲れとストレスは同じことです。疲れが多くなったものがストレスです。ストレスがたまったということは疲れがたまったと言う事です。

腰痛、腰の痛みになる時には体に多くの疲れやストレスがたまりながらダイレクトに腰の痛みになる部分に多くの疲れやストレスがたまります。疲れやストレスが多くたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛、腰の痛みを起こす原因は骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。骨盤の歪み・背骨のズレがない方はいませんが骨盤の歪み・背骨のズレが少ないときには腰痛、腰の痛みにはなりません。

腰痛、腰の痛み

腰痛、腰の痛みが起きるときには、必ず骨盤の歪み・背骨のズレが起きているときですが、骨盤の歪み・背骨のズレもいつも変化しています。この変化は体調で変化します。

体調というのは疲れやストレスの蓄積です毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものです。

腰痛が起きるときには骨盤の歪み・背骨のズレが原因ですが、骨盤の歪み・背骨のズレもどうして起きるのか、原因があります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きる原因はある部分に多くの疲れやストレスがたまることが原因です。例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは35キログラムは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパしかありません。あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

この中で疲れやストレスがたまる部分は筋肉と内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)も内臓の一部ですから総称して内臓です。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら最大に内臓にたまっていきます。しかし内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

人の内臓は2通りのものがあります。弱い内臓とそうでもない内臓です。強い内臓はありません。

弱い内臓に疲れやストレス

弱い内臓に疲れやストレスがたまると内臓には関係する筋肉があります。内臓が弱ると必ずバランスが悪くなる筋肉があります。

腰痛になるのは腎臓が主な原因ですが腎臓に関係する筋肉が問題です。腎臓に関係する筋肉は大腰筋、腸骨筋です。この筋肉は股関節の内側に付着しています。股関節の内側に付着しているため骨盤が開きやすく歪みやすくなっています。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると体を支えることができませんから腰痛になります。悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛になります。椎間板ヘルニアは特別なモノではなく誰でもあるものです。

腎臓疲労が腰痛に

多くの腰痛を治療している専門家の先生も知りませんが、腰痛の原因は内臓にあります。当院では検査する事ができますから検査してみると原因がわかります。

検査してみると多くの方が体調が悪く奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしています。そして最近は睡眠負債の方が多くなっています。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。

しかし寝ながら考え事をしている睡眠があります。眠りと言うのは脳から寝ていることを言います。

寝ている方を見てスースー寝息を立てていても気持ちよさそうな感じでも脳の中の事までわかりません。

腎臓の回復

腰痛を改善していく為には腎臓の問題をどうにかするしかありません。まずは腎臓疲労を、どうにかする事です。

腰痛、腰の痛みとは

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから腰痛腰の痛みを楽にしていく為には

2020年02月18日

疲れやストレス

ストレスの蓄積が最大のストレスになります。

疲れがストレスと言う意味になります。ストレスとは蓄積疲労です。生活でストレスがたまる

疲れやストレス

●ストレス(蓄積疲労)は毎日、毎日の生活で掃除したり、洗濯物を干したり、買い物をしたり、料理を作ったり、本を読んだり、テレビを見たり、ラジオを聴いたり、入浴する事でも、階段を上る事でも多くなるものです。また仕事のデスクワークや、パートの仕事でも、重たいものを持つことでも、営業でも、車の運転でも多くなるものです。

食べることでもストレスになる

●人の体は酸素を吸ったり食事をしたり栄養やエネルギーを作りますが分解や消化でも内臓が働いてくれるから作りますが、脂っこいモノや胃に持たれるようなもの消化を悪くするもの、などで働くことでストレスは多くなります。アルコールや喫煙も同じです。

運動でも筋トレでもストレスがたまる

● 運動する時も筋肉は鍛えられますがストレス(蓄積疲労)が多くなります。
ジョキングしても歩いてもアスレチックしてもプールで泳いでも運動をしていますが運動すれば健康になれるのかと言うと違います。運動しても元気になる事はありませんし余計にストレスがたまるばかりです。脂肪が増えると言うよりも浮腫みが増えていきます。

精神的なプレッシャー、緊張でも、悩みでもストレスになる

● 精神的なプレッシャーや緊張でもストレスは多くなっていきます。
家族関係の問題、友人関係の悩み、近隣とのトラブル、騒音、犬猫の鳴き声、夜の救急車の音、嫌な思いをすることは多くあります。これらもストレスになります。
不眠症でも睡眠負債でもストレスになる

運動しても疲れやストレスは

● 不眠症や睡眠負債などの眠りでもストレスはたまります。
不眠症や睡眠負債でたまるストレスは最大なものになります。夢を見ると言うよりも寝ながら考え事をしている睡眠が睡眠負債ですが目が覚める瞬間に夢を見る為に寝ていると勘違いしています。疲れやストレスがたまると歪みやズレになり痛みやコリが起きて腰痛、肩こり、生理痛、便秘、下痢、頭痛、首の痛み、首のコリ、膝の痛みになります。疲れやストレスがたまると浮腫み、脂肪が増えていきます。そして、それだけではありません。

顔が大きくなり骨盤も大きくなります。

ストレス(蓄積疲労)の蓄積が多くなると体は、どうなるのか??ストレスと言うのは弱い部分にたまる傾向があります。弱い部分と言うのは筋肉、じん帯、関節、あとは内臓です。内臓といっても病気ではなくストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

疲れやストレスがたまると顔が大きくなる

弱い部分にストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレが起こります。体の一番、奥にある内臓に多くのストレスがたまっていきますから、特に骨盤は全体的な状態を表しています。そして背骨のズレは内臓と深く関係があります。

●当院の整体とカイロプラクティックの施術では色々な痛みやコリを改善することをしています。代表的な症状を上げれば、腰痛、肩こり、生理痛、生理不順、便秘、下痢、軟便、首の痛み、首のこり、膝の痛み、背中の痛み、背中のハリ、背中が重い、胃の持たれ、胃炎、胃が重い、動悸、セキが出やすい、更年期障害、自律神経失調症、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、外反母趾、眠りの問題、などの色々な症状を適応としています。

●アルコールだけではなく飲酒だけではなく肝臓が弱い方が肝臓に負担がある事をしたり食事をしたりアルコールを飲むと肝臓にストレスがたまり背骨の8番目の骨がズレを起こします。起きる症状はアレルギー性鼻炎、花粉症、膝の痛み、外反母趾などです。あとは背中の痛み、背中のハリ、背中が重いなどです。

●塩分の取りすぎだけではなく腎臓が弱い方は腎臓にストレスがたまりやすくなりますから腎臓にストレスがたまると腎臓に関係する筋肉のバランスが崩れていきます。

この崩れが骨盤の歪み・骨盤の開きになり骨盤のトラブルから背骨がズレを起こします。これが腰痛、腰の痛み、腰が痛いなどになります。悪化したものが椎間板ヘルニア、坐骨神経痛です。ストレスが多くたまると、必ず骨盤の歪み、骨盤の開き、背骨のズレで骨盤が不安定になり痛みやコリになります。

ボキボキしない整体

北九州市小倉南区でカイロプラクティック徳力整体院は30周年になります。

2019年04月12日

骨盤矯正

骨盤矯正とは

骨盤矯正とは

当院では人気がある骨盤矯正ですから初回から骨盤が小さくなっていきます。当院では多くの方が骨盤を小さくできる骨盤矯正を希望されて訪れていますが、多くの方は骨盤矯正の本当の意味を知りませんし始めて受ける方も多くいますから説明していきます。

骨盤矯正と言うのは骨盤を小さく見せるものではなく、実際に骨盤を小さくすることです。当院の骨盤矯正は本当に骨盤が小さくなりますが、その意味を知っておいてください。

当院の骨盤矯正は、ただ骨盤を小さくしている訳ではありません。美容効果はありますが美容目的ではなく治療することの要素が大きくあります。

骨盤矯正をして行くときには骨盤を治療することで骨盤が小さくなり小尻になります。骨盤を治療することで骨盤は小さくなりますが、どうやって骨盤を小さくすることをするのか、と言う疑問があると思います。

そして、もし小さくなっても維持できるのか??と言う事だと思いますから説明していきます。

それは大丈夫です。

当院では30年以上の経験がある院長が骨盤矯正を行いますから。経験が豊富だからと言って骨盤矯正をして骨盤が小さくなる訳ではありませんが。

骨盤矯正をする時には

骨盤矯正をして行くときにはあるものが多くなっていると効果がなかったり戻りやすくなります。

有るものと言うのは日常にあるものです。毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

この多くなるものが体に蓄積していくと骨盤矯正をしても効果がなかったり戻りやすくなります。

それは疲れやストレスです。疲れやストレスの蓄積が多い方ほど骨盤周辺の脂肪も多くなっていますし浮腫みも増えています。

疲れやストレスと言うのはたまっていない方はいませんから、誰でもあるものです。疲れやストレスがない生活はできません。

日々の生活することや仕事でも疲れやストレスはたまっていきます。疲れやストレスの蓄積は限界はありません。つまり際限なくたまっていきますから、ここまでしかたまらないと言う事はありません。

骨盤矯正をしていく専門家の先生も知らない方も多くいます。エステなんかはマッサージしたり電気をしたりスチームをしたりコールドで皮膚を引き締めたり温めたりラップを巻いたりなどなどで骨盤矯正をすることもあります。

運動療法的に何かの運動やストレッチすることでも骨盤矯正ができるかも知れません。

しかし当院では骨盤矯正をしていく時に手の技術だけで骨盤を小さくすることができます。

骨盤矯正の触り方

当院の骨盤矯正は骨盤矯正をする前に検査する事をしています。その検査と言うのは当然として骨盤の歪み・骨盤の開きがあるのか、と言うことは当たり前ですが、それだけでありません。

骨盤矯正をして行くときには自分の両手を骨盤に当ててもらい幅をおぼえてもらいます。嘘や偽りがないように自分の手で触ってもらうことが基本です。他人が計測したりすると違うように測ることはできます。メジャーで計測してもらうよりも自分で確認できた方が一番だと思いますが、触り方が簡単なようで大変、難しい触り方ですが触り方を教えますから、その通りに触るだけです。

触り方はすごく簡単です。

骨盤の両横に手を当てます。当てたら少し中央に向けて押します。これで終わりなんですが、これだけでは、わからないと言う方が多くいます。

さらに左右差を感じようと触って下さい。そうすると骨盤にも左右で違いがあります。必ず骨盤にも左右差があります。右側が出っ張っているとかです。これは左側かも知れません。左右差がわからないと骨盤を小さくしても分からないかも知れません。

骨盤矯正と言っても10センチも2センチも小さくなりません。

小さくなるのは1センチかも知れません。2センチかも知れません。小さくなっただけではなく骨盤の形が変わる方も多くいます。そして骨盤周辺の脂肪、浮腫みも減ることもあります。

骨盤矯正

 

骨盤矯正と言っても1回では

1回で終わる骨盤矯正はありません。骨盤矯正と言っても、ただ骨盤を小さくすれば良いと言う訳ではありません。骨盤の歪みだけではありませんから。

骨盤の中には何があるのか、と言うことも考える必要があります。

正常な骨盤の方はいません。

多くの方が骨盤の歪み・骨盤の開きがあります。これは疲れやストレスが原因ですが、疲れやストレスはたまる所があります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりながら内臓にたまっていきます。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

つまり骨盤矯正では生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、子宮、卵巣、大腸、小腸、膀胱にも関係することは当然ですね。

骨盤矯正で関係するものを上げると内臓(生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、子宮、卵巣、大腸、小腸、膀胱)、体調(疲れやストレスの蓄積度合い)、睡眠負債です。

特に便秘があるのに腸が大きくなって膨らんでいるのに骨盤は安定して小さくなりません。

生理痛、生理不順がある方は、骨盤の下部が開いています。そうすると股関節が出っ張ってきます。

骨盤矯正ですから骨盤の中にあるものは関係するのは当然ですよ。

体を整える骨盤矯正

骨盤矯正をする時には、疲れやストレスの蓄積度合いの体調、睡眠負債が主に関係しています。特に内臓にたまる疲れやストレスがあります。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

毎日、毎日の生活、仕事、精神的な緊張、抑圧、プレッシャー、睡眠負債で多くなるものがあります。

それらがあると体調は奈落の底のような体調、ドン底のような体調になります。特に夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

眠りと言うのは脳が寝ていることを言います。脳から寝ていないと寝ていません。誰が見てもスースー寝息を立てていても頭の中のことまでわかりません。

寝ていない方、眠りが浅い方は脳が弱っています。脳が弱ると体は崩れやすくなります。

その為には体調や睡眠負債も解消する必要があります。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑門司若松、行橋、下関市などから骨盤矯正が人気です。

2018年06月01日

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックとは痛みやコリの原因が歪みやズレになると言うことに基本的な考えのもとに矯正することで楽にしていく方法です。

カイロプラクティックと言うのはボキボキする矯正の為に痛い、怖い、荒いと言うイメージが強くあります。そのため以前、確か20年前くらいにテレビの罰ゲームでボキボキして芸能人の方がオーバーに痛がったりすることも多くありました。しかしテレビでボキボキしていた先生はカイロプラクティックの先生と言うよりも整体の先生と言う感じでした。見た目で判断してですが。私が見ても無茶苦茶で荒々しいなと思いましたから。ボキボキすれば良いという感じです。整体は理論があまりありません。先生から弟子に受け継がれるものが整体で理論もしっかりしていません。昔は柔道の先生などが整体をしていました。整体を教える学校はありませんでしたから柔道をして関節や肩や腰を痛めたのを柔道の先生が矯正していました。それが骨接ぎです。昔は骨接ぎ院がありました。

しかしテレビで紹介された罰ゲームのような悪いイメージとともにカイロプラクティックが世の中に広まる結果にもなりました。悪いイメージとカイロプラクティックと言う矯正法があると言うことが世間に広まる結果になりました。

整体とカイロプラクティックと言うのは、同じ骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する方法です。違いは整体は日本で発展したもので学問的なものではなく先生から弟子に受け継がれるものでした。

カイロプラクティックは

カイロプラクティックはアメリカのダニエル・デイビット・パーマーが創始者になって子供のB・J・パーマーが発展させた骨骨・骨盤矯正術です。

アメリカでは国家が認めた骨骨・骨盤矯正術ですが日本では認められていません。保険は日本でも効きませんが、アメリカでも保険は効きません。と言うかアメリカでは生命保険の項目に保険と言う項目があるので生命保険に入って別に料金を払って加入しているくらいです。

カイロプラクティックは世界中に広まりつつありますが、どこに行っても保険は効きません。由一、日本のお医者さんが認めた場合は別ですが同業の方が認めることは多くありません。

体の不調、痛み、コリが起きた時には、何かしらの歪みやズレがあります。それは歪みやズレがどうして起きるのか、と言う理由によります。

歪みやズレが起きる理由

歪みやズレが起きる原因は多くの方が知っていません。カイロプラクティックをしている先生も知らない方が多くいます。多くのカイロプラクティックをしている先生は骨盤、背骨をボキボキしたりすることが中心の矯正です。

それでも楽になることもあります。

しかし、一時的に楽にするばかりしていると歪みやズレを起こした原因も、いつまでも同じままではありません。原因も進行していきます。体が歳をとるように年齢以上に進行していきます。

体に何かの痛みやコリなどが起きるときには、何かの警報と同じです。体が必至で警報を鳴らしているのに、人は簡単に考えています。警報が鳴っていても一時的、スイッチを切ることができるからです。

このスイッチを切る動作はサプリメントを飲んだり医薬部外品を飲んだり湿布を貼ったりマッサージをしたり低周波治療器や電器などをすることです。これらは対症療法と言う施術法になります。対症療法は原因なんかは関係なく楽にすることしています。

いつまでも楽にしているばかりでは、痛みやコリの原因も、そのままではいられません。

歪みやズレの原因

歪みやズレが起きる原因は身体にたまる疲れやストレスです。しかし疲れやストレスと言うのは限界なく蓄積していきます。どれだけ疲れやストレスを多くためているかで体調の落ち方が違います。

一番、難しい施術と言うのがあります。それは体調を上げる事なんです。

疲れやストレスと言うのはたまる場所があります。疲れやストレスは筋肉にもたまりながらある部分に多く蓄積していきます。限界なく際限なく疲れやストレスがある部分にたまっていきます。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパ管しかありません。

あとは内臓と中枢神経(大脳、脳幹、脊髄)です。

つまり疲れやストレスの多くは筋肉にもたまりながら内臓に多く蓄積していきますが内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。なんでもかんでも病気というのを結びつけることなく疲れやストレスが内臓にたまると言うことが多くあります。

例えばアルコールや脂分の食事をすると内臓は勝手に働いてくれますが、働くことで運動して疲れやストレスをためていきます。あとは日常に体を動かす事、仕事することでも疲れやストレスは多くなります。こに両方から疲れやストレスが蓄積していきます。

歪みやズレは誰でもあります。疲れやストレスの蓄積がない方はいないからです。誰でも多くか、軽くか疲れやストレスが蓄積しています。

ですから全員が歪みやズレがありますが、歪みやズレも軽いのから程度がヒドイのから色々あります。

眠りが浅いと歪みやズレになる

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。夢は目が覚める瞬間に見ています。目が覚める前に見ているから記憶に残ります。しかし夢よりも浅い睡眠があります。

この浅い睡眠は目が覚めた瞬間に忘れてしまします。だから目が覚めないから寝ていると思います。

眠りが浅く睡眠負債になっている方は脳が弱っていきます。脳が弱っていくと脳衰弱になる痛みやコリがわからなくなります。体調が悪いのに体調が良いと勘違いします。

体調の悪さと痛みやコリは脳が元気だから感じることができます。

脳が弱ると限界まで疲れやストレスをためて危なくなって限界を超えてやっと痛みやコリ、不調を感じる方もいます。

この方は簡単には直すことはできません。

歪みやズレも全身に広がっていますし骨盤の歪み・骨盤の開きも大きくあるからです。しかし歪みやズレよりも内臓の状態が良くないからです。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

奈落の底のような体調、ドン底のような体調をしてる方が多くいますが、奈落の底のような体調、ドン底のような体調の方ほど、簡単に良くなることはありません。

カイロプラクティックとは

 

内臓に日々の疲れやストレスがたまると歪みやズレになります。

内臓疲労から歪みやズレが

北九州小倉カイロプラクティックならボキボキしない痛くないカイロプラクティックをしているので人気がある小倉南区小倉北区からカイロプラクティック徳力整体院

2018年05月09日

肩こり

肩こり

肩こりを解消

肩こりを楽にしたいなら考えて下さい。一番、良くないのが何も考えていないことです。

肩こりには、どうして肩こりが起きるのか、原因があります。この原因は湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をしても解消していきません。

肩こりを楽にすることと、肩こりの原因を見つけて変えていくことは違います。

肩こりを楽にすることは色々な方法がありますが、治療することとは違います。

肩こりを楽にする方法は色々あります。

●湿布を貼ったりしても楽になる筋肉のコリでしたら楽になると思いますが、当院の院長である私は肩こりが筋肉だけで起きていることはないと思っています。

もし仮に筋肉のコリで起きている物でしたら寝ている間に眠れれば筋肉疲労は軽くなりホルモンが筋肉疲労を解消していると言います。ただし正常に働いている場合です。

筋肉のコリを解消する為にはコリを解消するホルモンが正常に分泌されていることが根底にあります。

しかし眠りが出来ていないと、ただ寝ているだけでは回復しません。寝ると言うことは脳から眠ることです。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めないから寝ていると思っていませんか。

●サプリメントを飲んでも一時的に楽になることもありますが、原因が残ったままになっています。サプリメントと言うとビタミンとミネラルと何かのエキスが入っているものが多くありますが、サプリメントを飲んで肩こりが楽になっても肩こりを起した原因はかわりません。

●マッサージをしてもマッサージは筋肉に対して揉んだりすることで肩こりをほぐしていく方法です。いくら筋肉を揉んでも肩こりは軽くなることはありますが、いつまでも、そんなことばかりしていると筋肉は硬くなります。筋肉にたいして揉むと言うことは筋肉疲労を多くします。筋肉疲労を多くすれば筋肉は徐々に固くなっていきます。1回や2回くらいではなりません。。その為にも肩こりを楽にすることから肩こりを感じない時でも筋肉は硬くなって進行していきます。

●低周波治療器や電器をしても筋肉は硬くなっていきます。低周波治療器や電器をすればするほど筋肉は疲労していき固くなって肩こりを感じなくなりますが、1回や2回くらいではなりません。低周波の電気をプラス端子からマイナス端子へ電気を流すことで筋肉を動かしていきますがリンパの流れは良くなります。循環も良くなります。一時的に。低周波治療器や電器をしているときどけですが。

肩こりというのは

 

肩こりというのは

肩こりと言うのは疲労から起こります。筋肉にも疲れやストレスはたまります。しかしそれだけではありません。疲れやストレスは筋肉にもたまりながら、さらに多くの疲れやストレスが内臓にたまっていきます。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

なんでもかんでも内臓と言うと病気ではありません。内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓に疲れやストレスがたまって多くなると背骨の歪みになります。背骨が歪みを起せば筋肉は引っ張られたり緊張したりしてコリになります。これが肩こりです。

肩こりには必ず背骨の歪みと筋肉の緊張があります。そしてこれが肩こりになります。筋肉だけほぐしても背骨の歪みは残ります。

しかも背骨の歪みは内臓疲労から起きています。

内臓の疲れから肩こりに

内臓に蓄積してしまった疲れやストレスが軽いうちは肩こりは軽く感じますが、疲れやストレスが多くなるといつもではありませんが急に肩が重くなったり、肩こりになります。

多くの肩こりを治療していると言う治療院は、本当はここまでできていません。そのため対症療法をしています。

対症療法というのは、湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器することです。

湿布を貼ったりサプリメントを飲んだりマッサージしたり低周波治療器や電器をすることが一番、簡単です。

原因なんか関係なく湿布を貼ったり、サプリメントを飲んだり、低周波治療器や電器をしたりすれば良いからです。

それはそれでいい方は良いと思います。

しかし肩こりには原因が潜んでいます、それも内臓疲労が原因だと言うものが潜んでいます。

肩こりになりやすい内臓を上げると心臓がトップです。心臓が悪いと言う訳ではなく心臓が弱っていると息苦しいとか胸苦しいとか、時々、胸で一瞬だけ痛みがあるとか、肩こりとして起こります。しかし病気ではありません。

そして眠りが浅いと脳が弱りますから脳が弱ると心臓には負担が大きくなります。

これからも肩こりになります。

 

小倉南区肩こりを改善するなら原因から。

2018年03月16日

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正が評判

骨盤矯正をする時に一番、考えて欲しいのが体調です。どんなに良い骨盤矯正をしても効果を減少させてしまうのは、体調にあるからです。

体調が悪いと骨盤が大きくなります。

体調が悪いと、脂肪が増えていきます。

体調が悪いと、浮腫みも起こりやすくなります。

体調が悪いと、骨盤の歪み・骨盤の開きが起こります。

調子が悪くなるとリンパの流れも停滞して老廃物が多くなります。

今まで多くの方が骨盤矯正を希望されて訪れましたが、全員が体調を落としていました。体の調子は落とし方で違います。

しかし全員がある共通することが原因の落ち方をしています。

共通することとは、眠りです。

最近は多くの方が寝ているようで眠れていません。寝ている積りになっています。

寝ている積りの方は骨盤が大きくなりますし、顔も浮腫みやすくなります。

骨盤矯正をする

骨盤矯正をする時には、骨盤矯正に入る前に自分の手で触っておぼえてもらうようにしています。

他人が計測する機械やメジャーなどで測ると位置が違ったり、ゆるく測ったりすることもできます。

ダマされることなく自分の手でわかれば、小さくなったがわかると思います。

しかし、これは簡単なことではありません。と言うのも今まで骨盤矯正を多くの方に行ってきましたが。

例えば100人の方を骨盤矯正して手で触ってもらっていますが、その100人中、10人くらいの方が、小さくしても分かりませんでした。

100人中、10人の方がわからない。

100人中、20人くらいの方が何となくしかわからない。

つまり100人の方の30人くらいの方が良くわからないと言う結果になるからです。

つまり骨盤矯正をして変化がわかる方は、70人ですから70%です。

でも全員が骨盤が小さくなっています。

触ってわかる方と、スカートやズボンの変化でわかる方もいます。

骨盤矯正で骨盤が小さくなってくれば洋服がゆるくなります。これでわかると言う方もいます。

しかし当院では手で変わるようにしていますから、出できたら手で小さくなったと言うことがわかるようにして欲しいのですが。

骨盤矯正の触り方

骨盤矯正をする時には、触り方と触る位置があります。

骨盤矯正をする時には、院長が「骨盤矯正ですから、骨盤のここを触って下さい」と目で見せているのに触れない方もいます。

骨盤矯正と言う意味をわかっていない方もいます。

骨盤矯正ですから骨盤を小さくしていく事です。

骨盤を小さくしていくと言う事は、骨盤の横を小さくして幅を小さく変えることです。

骨盤の幅を変えて小さくする、これが骨盤矯正です。

だから骨盤の横を手で触っておぼえることをしていきます。

骨盤矯正に入る

骨盤矯正ですから上の写真の股関節の部分を触ります。この部分を触って幅をおぼえているだけです。

骨盤矯正をするときの時間は20分くらいに集中して骨盤矯正をしていきます。20分くらいの時間が一番、効果がある時間です。

それ以上、時間を長くしても意味はありませんし、反対に骨盤が小さくなることはありません。

どんどん骨盤周辺の浮腫みが多くなります。

骨盤矯正をする

骨盤矯正をする時には痛くない方法で骨盤矯正をしていきます。当院の治療全般的ない痛くない治療をしています。

院長の手自体が特殊ですから、院長が骨盤矯正をするときにはマッサージをするように骨盤を揉んでいくと小さくなりますが、特殊な手ですから、それで小さくなっていきますがマッサージをしているわけではありません。

マッサージをしてもリンパの流れをよくしても変わらないものは変わりません。

普通はマッサージしてもかわらないものを院長がマッサージをするようにすると変わると言うのが特殊の治療と言う事です。

簡単にしていますが簡単な治療ではありません。

だから変える事ができます。

骨盤矯正をする為にも骨盤の歪み・骨盤の開きは当然矯正していかなければ小さくなりません。

骨盤矯正をする時には、検査することをしています。

どうして骨盤矯正をするときに検査することが必要なのか、と言う事ですが、検査してみると骨盤の歪み・骨盤の開きだけではなく異常のある部分を見つけることができます。

異常のある骨盤

異常のある骨盤を検査することで見つけることができますから、これを整えていくことで骨盤が小さくなります。

最近は骨盤矯正に訪れる方の体調を検査すると異常に体調が悪くなっていますが悪くなっているか方ほど気が付いていない方がいます。

①骨盤の歪み・骨盤の開きの矯正

②検査して異常のある部分の矯正

③内臓の状態

骨盤矯正をする時には内臓の状態も深く関係しています。

 

骨盤矯正とは

小倉南区骨盤矯正が人気で、本当に評判の良い痛くないことで安心のカイロプラクティック徳力整体院。

2018年03月12日

腰痛

腰痛を解消

腰痛を楽にしていくなら

当院では腰痛を楽にしたら腰痛の原因をみつけて解消する根本的な治療をしています。腰痛には腰痛になる因子がある方が腰痛になっています。

腰痛になる因子がない方は腰痛にはなりません。

腰痛を起こす因子がある方は、何をしても腰痛になりやすくなります。

腰痛の因子がない方は、同じことをしても腰痛にはなりません。

腰痛の因子とは体質です。腰痛が起きる方は体質的に腰が弱くなっている方です。

腰が弱くなっている方が腰痛になります。

人には弱い所と、そうでもない所があります。

弱い部分には疲れやストレスがたまりやすくなります。毎日の生活や仕事、精神的なプレッシャーなども多くあり、寝不足することもありますから、それらが疲れやストレスの大もとになります。

その疲れやストレスが弱い部分に多く蓄積していきます。これが骨盤の歪み・背骨のズレになります。

腰痛の関係する部分

腰痛に関係して骨盤の歪み・背骨のズレを起こす原因は疲れやストレスの蓄積ですが、この疲れやストレスがどこにたまるのか、です。

体にたまると言う事まではわかっていると思いますが、体のどこかにたまります。

例えば体重が100キロの方がいたとして65キロが水分です。つまり水です。あとは骨の重さ、筋肉、脂肪、皮膚、血管、神経、リンパなどしかありません。

あとは内臓です。脳も内臓の一部です。

つまり内臓に多くの疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

内臓と言っても色々ありますから、どこの内臓が腰痛に関係しているのか、と言うと腎臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。病気といってる訳ではありません。

腎臓が弱い方が腎臓に疲れやストレスを多くためていくと骨盤の内側にある大腰筋、腸骨筋のバランスを崩していきます。筋肉バランスが崩れてきたら骨盤は正常に保つことができなくなります。

この時に重いものを持ったら保持することができないので腰痛になります。

ギックリ腰は

ギックリ腰は急性状態で痛みが強く起こりますが、腰で起きるネンザです。

寝違えも捻挫です。

ギックリ腰も捻挫です。

両方とも体調の悪さから起きています。

体に多くの疲れやストレスがたまっていることが原因ですが、全体の内臓に多くの疲れやストレスがたまり、さらに弱い内臓に疲れやストレスがたまります。

ただ、弱い内臓が違うだけです。弱い内臓も日に違います。

いつも同じ内臓が弱っていると言う事はあります。

腎臓がいつも弱っている方は、先将来、もしかしたら腎臓の病気になる確率が高い方ですが、今はまだ病気ではありませんから病院の検査をしても分からないと思います。

1年や3年で健康な細胞から病気に一気に変わることなありません。なっていく過程があります。進行していくには時間が必要です。

時間はそれぞれで違いますが10年前後です。

健康な細胞から病気の細胞に変化する時間です。変化しながら痛みやコリになります。

進行途中では何も起こりません。進行しながら時々疲れやストレスがたまることで痛みやコリになります。

しかし病院では完成するマジカか、なってしまわないとわかりません。

痛みやコリと言うのは体が唯一起こすことができる信号です。

信号も警報と同じです。

警報もスイッチを切ることができます。火元を見つけることもなくスイッチを切ることは湿布を貼ったり、注射を打ったり、マッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたりです。

これらの治療法のことを対症療法と言います。

対症療法

対症療法と言う方法は痛みやコリの原因なんか関係ありません。一番、簡単な治療法です。

痛みやコリさえ楽にすれば良いと言う方法です。

腰痛を起こしている原因なんか、関係ありません。

入院しても寝ているだけで点滴とか、ブロック注射とか、痛み止めです。

根本的な治療とは言えません。

根本療法は1回で楽になることはありますが、治った訳ではありません。

まずは楽にすることから始めていきます。

楽になったら原因をみつけることができます。多くの場合、腎臓の体質的な弱さだと思います。

これを体質改善で変えていくことをしています。

体質改善はアンチエイジング、若返りの治療です。

 

 

小倉南区腰痛を楽にして解消していくなら原因から改善するカイロプラクティック徳力整体院

2018年03月06日

更年期障害

更年期障害

更年期障害を楽にする

更年期障害になる方、更年期障害をわずらっている方、慢性化した更年期障害になっている方、薬を使う事もいいですが、原因をみつけていくことからしていきませんか。

更年期障害というのは50歳前後で生理が終わって閉経がある方がなりやすい色々な症状ですが、閉経だからなっている訳ではありません。

更年期障害は閉経と体調の悪さが重なって起きています。ですから体調が悪くないと言う方は閉経になっても更年期障害にならない方がいますから。

更年期障害になる方と更年期障害にならない方がいると言う事ですね。

更年期障害になる方は何かが起きています。この何かは病院ではわかりません。それは多くの場合、病気ではないからです。

病院では病気の専門家ですから、いつも病気ばかり見ています。尿検査、血液検査、レントゲン検査、エコー検査、MRI検査は病気の検査です。

病気になったら病院にいくと発見できます。しかし更年期障害は病気のようであって病気ではありません。

ですから安定剤などの薬で対処しています。

体は何かの症状が起きている時には、必ず原因があります。その原因の多くは歪みやズレとして出ています。

歪みやズレを検査していくと原因がわかります。

更年期障害の原因

一番の更年期障害になってしまった原因は体調の悪さにあります。体調の悪さと言うのは眠りの浅さが一番の悪さを起こします。

体調と言うのは毎日の生活や仕事や運動や寝不足や精神的なもので疲れやストレスは多くなるばかりです。

疲れやストレスを減らすことができるのは栄養がある焼肉を食べても減りません。

疲れやストレスを減らすことができるのは栄養があるウナギを食べても減りません。

疲れやストレスを減らすことができるのは栄養があるサプリメントを飲んでも減りません。

疲れやストレスを減らすことができるのは運動をしても減りません。

お風呂に入っても疲れやストレスは減りません。

温泉に入っても旅行しても疲れやストレスはへりません。

少し減らすことができのが気分転換です。

気分転換でいつもと違ったことをします。そうすると気分が良くなって疲れやストレスは減ったような感じになりますが、旅行していくことで疲れが多くなります。

お風呂に入っても入ることで暖かくて気持ちが良いですが、お風呂に入ると疲れが出ます。シャワーだったらいいですかと言われますが、シャワーの当たる温水が体に当たると刺激になります。刺激を与えると体は疲れてしまいます。

噛むことでも体力を使います。美味しいうなぎや焼肉を食べても消化することで内臓が働きます。内臓が働いているから消化することができます。アルコールも分解するのにどれほどの内臓の働きがないと分解できません。ですから深酒でもないのに残ります。

呼吸で酸素を吸うことで血液の中に酸素を混ぜるので混ぜるには肺でしますから、それでも動くエネルギーを使います。

思わぬことでも体力を消費していますから、それ以上に生活で、仕事で、寝不足で疲れやストレスも多くたまりますが一番、眠りの浅さです。

始めは自分でも気が付かないで眠りが浅くなっていきます。

眠りとは寝れば良い訳ではなく、脳から寝ていないと眠りとは言えません。脳が眠ると言うか脳が休養をとることが眠りです。

脳が休養を取って寝ていないと寝ていません。

昔でしたら夜に寝ようとすると1時間も2時間も眠れないとか、何とか眠れるけど夜中に何回か目が覚める、目が覚めると1時間も2時間も眠れないと言う方、夢ばかり見て寝た感じがしない方が不眠症でした。


しかし最近の不眠症の方は違います。

最近の不眠症の方は、夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めない、と言う方がいます。だから寝ていると。

そうでしょうか。

当院では検査する事ができます。今日の朝の睡眠がどうだったのか正確に見ることができます。簡単なことではありませんが。

夜に寝ようとするとすぐに眠れるし朝まで目が覚めない方は、本当に寝ていればいい睡眠ですが、寝ていても、誰が見てもスースー寝ていても体は寝ているような状態でも、寝ていない睡眠をしています。

この寝ていない睡眠とは寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は寝ているときに妄想に近い睡眠をしてます。妄想に近い睡眠ですから体調がど~んと落ちていきます。

落ち方が大幅に大きくなるのが寝ているのに寝ていない寝ながら考え事をしている睡眠です。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳や脳幹を弱らせていき、内臓の支配も停滞気味になり、さらに血中酸素も減ります。

そうすると高い山にいるような血中酸素になり、めまい、吐き気、頭痛、ふらつき、くらくらする、頭痛になります。

更年期障害になると

更年期障害になっている方の体調を検査してみると体調が異常と思えるほど悪くなって低下しています。

このやられ方は脳や脳幹からくる症状だと思います。

閉経が終わっても長く悪くなります。回復する力は脳にあります。閉経が終わっても長期間、悪くなるのは更年期障害ではなく体調の性です。

中枢神経がやられると回復する力がありません。

さらに薬で眠れても自分で寝ている訳ではありません。

眠りは何も利用しないで眠ることができないと眠りとは言えませんし寝ていません。

更年期障害を直していく施術は体調から上げていく事です。

体調の落とし方によって数回以上かかります。

さらに脳の力がない方ほど、それ以上かかります。

1回目で少し楽になりますが、治療したあと回復する力がないと「ダルク」なります。

2回、3回、4回目と徐々に回復していきます。

体調が安定してきたら体質改善の施術をしていかなければ良くなることはありません。

サプリメントを使う事よりも原因から改善することをしています。

小倉更年期障害を解消するなら、まずは楽にしていくことからして原因をみつけることをしていきます。

小倉南区で更年期障害を改善するなら徳力整体院

 

2018年02月28日

自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは

自律神経失調症と病院で言われたら、薬が処方されて飲んでも回復しない、変わらないことも多くあります。

 

自律神経失調症になる方の、主な原因は体調の悪さにあります。体調の悪さと言うのは疲れやストレスの蓄積で起きています。

体調と言うのは検査することもできません。病院の検査は病気の検査ですから、体調の検査と言うものはありません。

体調が悪いから自律神経失調症になります。

体調が良くて自律神経失調症になることはありません。

自律神経失調症になる時には自律神経に影響が出ている時ですから、自律神経が、どこにあるのか、と言うと背骨の両横にあります。

自律神経失調症になる

 

しかも自律神経は脳から出てきている神経の事です。脳の中の脳幹と言う所や視床下部や視床と言う所が深く関係して起きていますが、これを検査して調べることは簡単ではありません。

血液検査でもわかりませんし、尿検査でもわかりません。血液検査や尿検査でわかるものは病気です。病院は病気の専門家です。しかし病気になっていないとわかりません。

自律神経失調症は病気のような症状が出ますが、病気ではありません。しかし薬が処方されます。

自律神経失調症と言う病名が病院では付きますから、病名がついて自律神経失調症と言われて薬は安定剤、睡眠薬、導眠剤などです。

自律神経失調症の症状は

自律神経失調症は自律神経の失調状態で起こりますから、自律神経に関係する症状が起こります。

自律神経は多くの部分を支配していますから、自律神経失調症になると、暴走状態が起きて、歯止めが効きませんから色々な症状が起きていきます。

特に慢性的な疲労、ダルさ、めまい、頭痛、片頭痛、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、耳鳴り、手足のシビレ、口の渇き、頻尿、残尿感、精神的なイライラ、不安、疎外感、ゆううつなどなどです。

ストレスが原因だとか、色々抽象的なことを言われますが、本当の原因は眠りにあります。

眠りといっても深く寝る睡眠の事です。

何かの原因で脳から眠ることができなくなり体調を異常なほど落としていきます。当院では検査する事ができますから、検査してみる見ると自律神経失調症の方は、すごく体調を落としています。

この落とし方は脳から起きていることが多くあり、いくら薬で調節しようとしても回復ができません。

簡単に言うと脳が弱っていると言う事ですが脳にも疲れやストレスが多くたまります。

脳に疲れやストレスが多く蓄積して脳幹まで弱ってしまうことで自律神経失調症になります。

脳幹・視床、視床下部が自律神経を支配している親玉です。

しかし薬では安定させることしかできません。

自力で回復させるようにしていかないと回復できませんが、自力で回復できる状態であれば回復するでしょうが。

薬の指導はできませんが、薬を飲みながら回復させていく事をしています。

自律神経失調症の方を簡単に回復させることはできません。簡単ではないから定期的に施術をしていくことをしないと回復していきませんので開けないで来院して下さい。

開けると進めることができなくなります。開ければ開けるほど体調は落ちていくからです。自律神経失調症になった方は、落ち幅が大きく持ちません。

自律神経失調症と言うのは中枢神経を悪くしているので、脳の力がありません。そのため体調の維持ができません。

脳が元気だから維持することができます。

脳の維持する力がないと、治療をした後から落ちてきます。

治療後、立った瞬間から崩れていく方もいます。

これほど大変なことが起きている方、厄介なんです。

まずは体調を上げていく事からしていきます。体には多くの疲れやストレスがたまっています。疲れやストレスがたまると歪みやズレが起こりますが、脳が弱ると痛みやコリを感じないでわからなくなることもあります。

痛みやコリを感じないで、「何か悪い」とか「なんか変」だとかと言う状態になる自律神経失調症になります。

自律神経失調症になる時には、体が弱っていきます。

体が弱るということは脳や内臓が弱ります。

体は自律神経の力と脳の力と内臓の力で生きていく事ができています。

栄養があるものを食べても体調は上がりません。

美味しいものを食べても体調が上がることはありません。

サプリメントでも、薬でも体調は上がりません。

ビタミンやミネラルでは基本的なことができていないと効果がありません。それどころではありません。

基本的なことは体調です。内臓が元気であり脳が元気になることです。

 

自律神経失調症

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから自律神経失調症を改善する為に徳力整体院。

2018年02月23日

生理痛

生理痛

生理痛を解消

生理痛と言うとホルモン系の薬を服用したり、痛み止めの薬を飲んで抑えてばかりですが生理痛には生理痛になる原因があります。

毎月ある生理痛だから生理になると生理痛が起きるのは普通だと思わないで下さい。

毎月ある生理痛を痛み止めの薬を飲めば収まるから、安易に薬ばかり服用していることが多くあります。

生理痛がある方は、どうして生理痛になるのか、考えて下さい。

同じ年代の方でも生理痛が軽い方もいますし、毎月、同じように生理痛を感じる方もいますが、時には軽く感じる生理痛のときもあります。

生理だから生理痛が起きるのは、普通だと思ってしまうと、生理痛がない方がいます。

生理痛が軽い方もいます。

生理痛がひどい方もいます。

生理痛がいつも大したことがない方が、時にはひどくなる方もいます。

以前、無かった生理痛が起きた方もいます。

色々な生理痛がありますが、全てに原因があります。

生理痛には原因が

生理痛には原因がありますから原因を改善していくことで生理痛は解消されたり、軽くなるかも知れません。

今まで多くの方が生理痛の改善に訪れましたが、ほとんどの方が生理痛を軽くなっているか、改善に成功しています。

生理痛には体調と体質が深く関係しています。

生理の時には体調が悪くなると言う方もいますが、逆だと思います。生理に前にはホルモンバランスの問題が起きて体調が悪くなりやすいから生理痛になると説明している方もいますが、体調が悪い時にさらに体調を落としていくとホルモンバランスが悪くなり、卵巣や子宮の働きも低下していきます。

体調が悪いと言うのは疲れやストレスの蓄積です。体に疲れやストレスが多くたまると体調は落ちていき、歪みやズレが多くなります。そしてさらに眠りが浅いともっと体調は落ちてホルモンバランスが悪くなります。

体調が落ちる時には、疲れやストレスが多くたまっています。

疲れやストレスは身体にたまっていきますが、体重が100キロの方がいたとして60キロから70キロは水分です。あとは骨の重さ、筋肉の重さ、神経、血管、リンパ管、皮膚や脂肪の重さがありますが、どれも疲れやストレスがたまるということは多くないと思います。筋肉にも疲れやストレスはたまりますが、さらに多くの疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓に疲れやストレスがたまることで内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓に多くの疲れやストレスがたまりながら内臓の働きが低下していきます。

内臓というのは生理痛に関係している卵巣や子宮にも疲れやストレスはたまります。

そして他の内臓にも疲れやストレスはたまりながらホルモン系の内臓にも疲れやストレスはたまります。

そして最近は眠りが浅い方が増えています。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。脳が弱ると脳下垂体と言うホルモンのバランスが悪くなります。脳下垂体ホルモンはすべてのホルモンの中枢です。

最近は寝ているようで寝ていません。

多くの方が眠りが浅くなっています。

夜に寝ようとしたらすぐに眠れるから寝ていると思っています。

夜中に目が覚めることもなく朝を迎えるから寝ていると思ってます。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。この睡眠は最悪な睡眠です。

睡眠ですから寝ています。しかし体は寝ている状態でも脳が活性化して寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

寝ながら考え事をしている睡眠は脳下垂体ホルモンのバランスが悪くなります。

脳下垂体ホルモンは身体にあるホルモンの親分です。

脳が元気にならないと体も正常に働くことはしません。

脳が元気にならないと骨盤の歪み・背骨のズレがあります。生理痛に関係する卵巣や子宮は骨盤の中にあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると卵巣も子宮も影響が大きくなります。

さらに身体にも疲れやストレスがたまります。この疲れやストレスは卵巣や子宮にもたまります。

この疲れやストレスがたまることを体調が悪い、体調を落としていると言います。

この体調と体質が生理痛の原因になります。

体質と言うのは根本的なものです。生理痛になる体質があるから生理痛になります。

生理痛になる体質があるから体調が落ちていくと生理痛がひどくなります。

生理痛になる体質があるから体調が落ちていくとホルモンバランスが悪くなります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから生理痛を改善する為に薬を使ったり痛み止めの薬ばかりしていることが多くありますが原因がありますから原因から改善することをしています。

2018年02月19日

ウエストのクビレ

ウエストが細くクビレができる矯正

ウエストが細くクビレができる矯正

ウエストクビレを作るなら初回からウエストが細くなることをして評判の良い当院へ。

 

当院ではウエストのクビレを作ることを得意としていますが、簡単にクビレを作っているように見えますが、できるから簡単にしているだけです。

今まで多くの方がウエストのクビレをさせて欲しいと来院していますが、当院では初回からウエストのクビレができることをしています。

専門家の先生やエステの方が見ても簡単にしているようにしか見えないけど、確かにウエストが細くクビレができていると言われます。

電気や機械も使うことなくクビレを作ることができます。

しかしウエストのクビレを作る時には、自然でキレイに細くしていく事をしています。

決して無理な矯正ではありません。

ウエストのクビレを作る矯正は初回からクビレを作ることができますが1回で終わりと言う訳ではありません。

1回で終わりがない理由

それには理由があります。

当院のウエストのクビレを作る矯正は、検査することをしています。

何の検査かと言うと異常のある部分を見つける検査です。

今まで多くの方のウエストを細くしてクビレを作ることをしてきましたが、全員が体調が悪くなっていました。

体調が悪いと脂肪になりやすく、浮腫みも多くなりやすくなります。

色々な痛みやコリがなくても体調を落としている方が多くいます。

体調が落ちる時にはあるものが多くたまっています。

このあるものとは、疲れやストレスです。

疲れやストレスが多くなればなるほど、脂肪が増えていきます。

疲れやストレスが多くなればなるほど代謝が悪くなります。

疲れやストレスが多くなるとリンパの流れが悪く老廃物が多く蓄積していきます。

疲れやストレスは

疲れやストレスというのはない方はいません。感じていない方は多くいますが、何かの症状が出ていないとわからない方もいます。

肩こりの時も疲れやストレスの蓄積で筋肉が硬くなってリンパの流れが停滞して老廃物が多くたまることで筋肉のコリになります。

ウエストのクビレを作る時も疲れやストレスの蓄積が多いと代謝が悪くなり脂肪が増えたり浮腫みが同時に起こります。

当院では同時に脂肪と浮腫みを減らしていく事をしています。

その為には良い状態にしていくことが基本です。

その治療のことを体調を上げると言います。

疲れやストレスが多くなるからウエストが太くなります。

疲れやストレスが多くなるとウエストに脂肪が多くなります。

疲れやストレスが多いとクビレがなくなっていきます。

ウエストのクビレを作るには1回目で変わりますが、それで終わりではありません。

自分の体にどれくらい疲れやストレスがたまっているか、どれくらい多くなっているか、多ければ多いほど回数がかかります。

そしてクビレを作れば良いと言うものではありません。

それ以外にも関係した所は多くあります。

疲れやストレスが多いと骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

疲れやストレスが多いと内臓の働きが悪くなります。

最近は多くの方が眠れていません。寝ているようで寝ていない方は脂肪が多くなり浮腫みやすくなります。

眠りが浅い方は何をしても効果が上がりません。自分で時間が短いと言う方は別ですが。

しかし寝る時間を長くしても、もう眠れないと思います。

夜に寝て、すぐに眠れて朝まで目が覚めないから寝ていると思わないで下さい。

昔は寝ようとすると眠れないとか、眠れるけど夜に何回も目が覚める、とか夢ばかり見ると言う感じでした。

しかし最近は目が覚めません。覚めないけど無茶苦茶、眠りが浅くなっています。

この睡眠のことを寝ながら考え事をしている睡眠といいます。

最近の方は隠れインフルエンザと言う言葉あるように、自分で発症していないでインフルエンザの方がいます。

隠れ睡眠負債の方が多くいます。

隠れ睡眠負債の方は太りやすくなります。

下半身太りは寝不足の方です。

 

 

 

当院では小倉南区でウエストが細くクビレができる矯正をしています。

当院では「小倉南区 ウエストのクビレ」なども人気があります。

2018年02月13日

小顔矯正

小顔矯正

人気がある小顔矯正

当院では人気がある小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正の特徴は初めから顔が小さくなる小顔矯正をしていることです。

今まで30年以上、小顔矯正をしてきて全員が顔が小さくなっています。

初回から顔が小さくなっていきますが、初回だけで終わる小顔矯正はありません。それには理由があります。

顔と体は深い関係があります。しかし初回は顔だけ触って顔を小さくしていくことに専念させてもらっています。

顔と体と言うのは密接に関係があって、体の体調、疲れやストレスの蓄積度合い、骨盤の歪みや背骨のズレ、内臓の働き度合いなどが顔に反映しているからです。

顔と体の体調、疲れやストレスの蓄積度合い、骨盤の歪みや背骨のズレ、内臓の働き度合い、ホルモンも働き、眠りの問題などは、深い関係があります。

体の体調が落ちている、疲れやストレスの蓄積度合い、骨盤の歪みや背骨のズレ、内臓の働き度合い、ホルモンの働きの問題があると顔は歪みが起きるし、顔色が悪くなるし、肌のツヤが無くなるし、肌荒れが起きるし、お化粧のノリが悪くなるし、顔の浮腫みが多くなるし、顔の脂肪が増えていくし、肌が垂れ下がっていきます。

どんなに良い小顔矯正をしても体調が悪ければ小顔矯正をしても維持する力がありませんし、持続力がありません。

特に今まで小顔矯正を希望されて訪れた方を検査してみると全員、院長が判断すると体調が良いと言う方はいませんでした。

小顔矯正をしていくうえで、体調は関係します。

体調と言うのは、体の調子、疲れやストレスの蓄積度合い、骨盤の歪みや背骨のズレ、内臓の働き度合い、ホルモンも働き、眠りの問題、すべて体調です。

体調が落ちているということは、体の体調、疲れやストレスの蓄積度合い、骨盤の歪みや背骨のズレ、内臓の働き度合い、ホルモンも働き、眠りの問題が悪くなっています。

調子が悪くなっているということは、体の体調、疲れやストレスの蓄積度合い、骨盤の歪みや背骨のズレ、内臓の働き度合い、ホルモンも働き、眠りの問題を起こしています。

体の体調、疲れやストレスの蓄積度合い、骨盤の歪みや背骨のズレ、内臓の働き度合い、ホルモンも働き、眠りの問題がある時には自律神経もバランスが悪くなっています。

しかし小顔矯正を希望されている方は、体調なんか、気にしている方は少なく、どんなに体調が悪くても小顔矯正と言われます。

ですから希望した通り小顔矯正をして顔を小さくしていく事をしていきます。

顔を触らなくても小顔矯正

本当は当院では体調を良くすると顔を触らなくても顔が小さくなります。

顔を触ってもないのに、顔を触ると小さくなっていますよ、と言う事もあります。

そして顔だけではなくウエストが細くクビレができることも同時にできますし、骨盤矯正をしなくても小尻になっていきます。

体に浮腫みも減っていきますし脂肪も減るかも知れません。

これらを整えていくことができるのが当院の体調から改善して体を整えていく矯正です。

ですから体調を上げて整えていく体調を上げる治療をしていくと全身に影響が出てきて色々な部分が良くなって引き締まっていきます。

しかしこの治療は2回目からと短期ではできません。

試しに1回ではなく10回でも通院してみてください。

10回でも変えられる場合は変えていきますが、1か月に1回と言うことでは変えられるには限界があります。

当院の小顔矯正は体を治して元気にしていく方法で小顔矯正をしていきますから最低で1週間に1回、さらに来れる方は週に2回が理想的です。

開けると先に進むことができません。

当院では一番、持続力と体を治すことができる体質改善という施術があります。

体を体質改善の施術で治していくと、今までの生理痛、生理不順、便秘、頭痛、肩こりなどの諸症状が緩和したり良くなることもあるかも知れません。

浮腫みも改善していく事もできますしダイエット効果もあります。

体から内臓から若返れば痩せていきます。

いくらサプリメントを飲んでも、ダイエットをしても基本的なことができていないと、何をしても痩せません。

運動してもヨガをしても痩せることはありません。浮腫みやすくなります。

その理由は、何をしても疲れやストレスが多くなるからです。

運動してもランニングしても鍛えても骨ばって痩せていきます。

骨ばって痩せてもキレイに見えることはありません。

骨ばることなくキレイに痩せて細くなる小顔矯正をしています。

しかし体調がおちている肩、自分でも気が付かずに体力が落ちている方は、「ダルク」なることがあります。

変化する事にも体調や体力を使います。

細くなるのも体調や体力が必要です。

ダイエットするにも疲れやストレスがあると痩せません。

運動しても体重は減りません。運動をすると浮腫みが多くなります。これは疲れがたまるからです。

体から直していく事が優先です。そして顔が小さくなっていきます。

体に疲れやストレスが蓄積している方は何をしても痩せていきません。

体調からあげていくと、次第に細くなります。循環やリンパの流れも改善していきますし働きが上がっていきます。

当院では小顔矯正をするときに、小顔矯正をする前に顔を触っておぼえてもらいます。

自分で顔が小さくなったのが、わかるようにです。

 

 

小倉南区小顔矯正をするならボキボキしない痛くない小顔矯正をしている専門の先生がいる徳力整体院。

2018年02月02日

肩こり

肩こりとは

肩こりを楽にしていく

肩こりを楽にしていく為には原因を見つけ出すことも必要です。ただ肩こりを楽にすれば良いと言う訳ではありません。

どうして肩こりが起きるのか、どうして肩こりになるのか、という疑問を持つことが必要です。

多くの肩こりを楽にする治療院がありますが、多くは、そこまで考えていないししていません。

肩こりと言うと筋肉のコリと言う感じですから筋肉のコリばかり注目して解消しています。

それで良いでしょうか?????

確かに筋肉もコリを起こしています。

しかし筋肉のコリと言うのは、どんな筋肉になっているのか!!!

筋肉がどうなることが筋肉のコリなのか??

筋肉のコリと言うのは筋肉疲労の事です。いつもいつも使うことが多い肩の筋肉ですから、いつのまにか筋肉疲労をためてしまっています。

しかも筋肉疲労をためているのに、気が付くのが遅れています。何かが起きたから気が付くのではなく、何かが起きる前の予防はしてません。

肩こりが起きるときには、肩の筋肉だけが疲労をためていることはありません。

症状を感じる時には肩こりとして感じますが、体は全身に疲れをためながら肩こりが起きていきます。

この全身に疲れがたまることを体調と言います。つまり体調を落としていて肩こりにもなっています。

全身に疲れがたまって肩のコリを強く感じてしまいます。

肩こりの方は肩だけで肩こりをかんじていますが、全体の体調が落ちながら、特に肩こりを感じています。

しかし肩こりを感じている訳ですから肩こりを始めは肩こりを中心に改善することをしています。

体調を落としている方ほど落とし方の程度と言うか段階があります。

落ちているれば落としている方ほど回復する力がありません。

外から治療しても自分の回復する力がないと回復ができません。

肩こりを起こしている時には

肩こりを感じる時には、筋肉疲労で肩こりを起こしていますから、筋肉の疲労を回復させていかなければいけませんが、

普通は筋肉疲労というと筋肉をマッサージしたり、揉んだりすることで解決しようとしていますが、本当に筋肉が回復しているのか、と言うことを確認していませんし確認することがでできません。

低周波治療器や電器をしても刺激しているだけであって筋肉の循環は良くなるでしょうが。

低周波治療器や電器をすることでリンパの流れが解消して老廃物は流れるでしょうが、あとの筋肉は回復するのか、と言うことを見ていません。

当院では検査する事ができますから低周波治療器や電器をすると、どんなことになるのか、と言う事まで見てきます。

そのため、ただ揉めば良いと言う事ではありません。

その時に回復する力や体調が関係していきます。

刺激を加えることで自分の力が筋肉を回復させていきます。

しかし最近の方はこの回復させる力が落ちています。

ですからいくら筋肉を刺激しても回復はしません、

対症療法ばかりしていると

肩こりを改善する時の方法は色々ありますが、対症療法が多く見受けられます。

対症療法というのは一番、簡単な治療法です。

対症療法ばかりしていると肩こりには原因がありますから原因はいつのまにか進行していきます。

進行したら肩こりも起こしながら、さらに形が違って出てきます。

対症療法というのは、

 低周波治療器や電器をかけること。

 湿布を貼ったりすること。

 肩こりの肩に注射を打ったりすること。

 マッサージをすること。

 ボキボキすること。

 サプリメントを飲むこと。

 お灸やハリを打つこと。

などが対症療法と言う治療です。

でれも対症療法で良い治療ですが原因を見つけていません。

肩こりには肩こりを起こす原因があります。この原因を見つけ出すことです。

肩こりが起きる時には

肩こりが起きる時には筋肉だけで起きていません。背骨の歪みがあります。

背骨が歪みを起こすと骨が動きますから動いた分だけ筋肉はひっぱられたりして緊張してコリになります。これが肩こりです。

しかし骨の歪みも、原因があるから歪みを起こしています。

原因がなくて中枢神経を守っている骨が歪みを起こすことはありません。

しかも骨が歪みを起こすと骨の近くある自律神経も影響を受けてきます。

自律神経は骨の両横にある神経です。

主には内臓を支配しています。

肩こりとは筋肉のコリを伴いながら背骨の歪みがありますが、歪みも程度がある為、筋肉だけをマッサージすることでも歪みは変わりませんが肩こりは緩和します。

このため筋肉を中心に揉むことが多く対症療法ばかりしています。

肩こりには原因があります。

 

 

小倉南区肩こりを原因から見つけ出すことをしています。

当院では検索で「小倉南区 肩こり」や「小倉南 肩こり」と「肩こり 小倉南区」と「肩こり 小倉南」などのキーワードでも人気があります。

2018年01月26日

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは

カイロプラクティックと言うのはボキボキするイメージがありまますが、当院のカイロプラクティックはボキボキしていません。

低周波治療器や電器を使うことなく手のみで体を整えて行きます。

カイロプラクティックと言うのはカイロが手と言う意味です。

プラクティックが技と言う意味があります。

つまりカイロプラクティックは手の技で体を矯正することで整えていくと言う意味があります。

手の技で体を整えていくことができるのがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックの技術の中にはボキボキするテクニックもありますが、それだけではありません。ボキボキする技術は、ごく一部です。

ボキボキすることも理論と修練がありますが、当院ではボキボキしていません。

ボキボキしないでも背骨や骨盤の歪みの矯正はできます。

ボキボキするだけがカイロプラクティックではありません。

カイロプラクティックの治療でボキボキする部分は歪みがある所です。歪みがあると骨から出ている神経は圧迫されたりしています。

神経が圧迫されると筋肉に力が伝わりません。そして内臓を支配している自律神経がバランスが悪くなります。

背骨の歪みと言うには、多くの方に起きています。

背骨の歪みがない方はいません。生きている限り歪みがあります。

それを軽いうちから解消していくと痛みやコリになりにくくなります。

もし歪みがない方がいたらロボットです。

人の体は歪みを起こすことで痛みやコリになって自分に知れせてくれます。

痛みやコリというのは信号であり警報です。この警報を無視することをすると大変なことになります。

歪みが起きている時には体調に関係しています。体調と言うのは調子が悪くなっていることですから疲れやストレスが多く蓄積している時です。

疲れやストレスの蓄積が歪みになりますから、それを整える事ができるのがカイロプラクティックです。

この疲れやストレスがたまる所があります。筋肉にもたまりますが、さらに多くの疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。

内臓に疲れやストレスがたまると歪みになります。

内臓に疲れやストレスがたまって多くなっていくと歪みになります。これは例外なく誰でも起こります。

カイロプラクティックで行うボキボキ音は

カイロプラクティックの治療をする時のボキボキすることで生じるボキボキ音は骨の矯正とは言えません。

下のイラストにあるようにボキボキ音は気泡の泡が弾ける音です。

多くな関節に多くの気泡ができていくと捻ることでボキボキという音になります。

手の指をボキボキするときの音と同じです。手の指をボキボキして矯正と思う方はいません。それと同じ音がボキボキです。

指にも気泡が多くなることが起きています。これを指を折ることでボキボキ音がします。

気泡が弾けると気泡で膨らんだ分だけ解消しますから、それでも何かが違うと言う事になります。

本当の骨のズレを矯正する時には、気泡がたまっている状態ではできません。

カイロプラクティックというのは

カイロプラクティックは痛みやコリを楽にしていく方法です。

カイロプラクティックは適応は色々ありますが腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、など多くの症状は歪みから起きていますから歪みから起きている症状は適応です。

誰でもある疲れやストレスの蓄積が歪みになり歪みから痛みやコリになります。これをボキボキしないで矯正して整えていくのが当院のカイロプラクティックです。

当院ではカイロプラクティックの技術を用いる時にマッサージをするような感覚で背骨や骨盤の矯正をしていきます。

当院のカイロプラクティックの治療はマッサージではありませんが、他の方が見てもマッサージをしているようにしか見えませんが、マッサージではありません。

マッサージは背骨・骨盤の矯正はできませんから。

普通のマッサージは筋肉に対して施術をしています。

しかし当院のカイロプラクティックは筋肉に対してもしていますが、歪みやズレの改善をすることであり、その先にある内臓を元気にしていくカイロプラクティックです。

歪みの原因は病気ではなく内臓に蓄積した疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスが多くなると歪みは大きくなります。

疲れやストレスが軽くなると歪みは減っていきます。

しかし限界を超えてしまうと自力で直ることはありません。

 

カイロプラクティックで歪みを矯正

 

北九州市で小倉南区小倉北八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は30年。

2018年01月22日

カイロプラクティック

カイロプラクティックで痛みやコリを楽にする

カイロプラクティックと言うのは歪みやズレを改善していくことをしていく施術法です。

 

痛みやコリはほとんど歪みやズレから起きています。歪みやズレが起きると筋肉も引っ張られたり緊張したりしてコリも起します。

さらに歪みやズレが大きくなると痛みになります。

さらに悪化して進むと椎間板ヘルニアにもなります。

必ず、痛みやコリには歪みやズレが起きています。これを矯正することで整えて痛みやコリを楽にしていくのがカイロプラクティックの目的です。

カイロプラクティックと言うのは、カイロがギリシャ語で『手』という意味でプラクティックが本当はプラクティコスと言う造語です。

合わせてカイロプラクティックと言いますが、手技療法と言う意味になります。

カイロプラクティックで行う矯正とは骨盤の矯正と背骨の矯正が多く見受けられますが、どうして歪みやズレが起きるのか、そこに本当の理由があります。

カイロプラクティックと言うのは歪みやズレが起きることで背骨から出ている神経の問題や自律神経を悪くしてしまうと言う理念に基づき改善することをしています。

カイロプラクティック

カイロプラクティックとは

カイロプラクティックと言うのは手技と言う意味がありますから、手の技で解消していく事をしていきます。

ですから低周波治療器や電器は使いません。

カイロプラクティックと言うのはボキボキしたりすることが多くありますから、乱暴や粗暴なイメージがありますが、当院ではボキボキしませんし痛くもないカイロプラクティックをしています。

当院ではボキボキもしないで骨の歪みや背骨のズレを改善することをしていますが、どうして歪みやズレを解消しているのかと言うと、マッサージする見たいにして歪みやズレを矯正して整えて行きます。

しかしマッサージではありません。マッサージしても歪みやズレは矯正できるものではありません。

しかし本当に人が見ているとマッサージをしているようにしか見えません。

でも、マッサージするようにして骨盤矯正と背骨矯正ができています。

実はマッサージするようにして違うことを目が見えない所でしているからです。

違う所と言うのは頭の中でしています。目で見てわかりません。

信じられない方が多くいますが、実際に受けた方は体験しているので良くわかっています。

超がつくくらい特殊な施術をしているということが。

当院では骨盤矯正、小顔矯正をしていくときのもマッサージをするようにして顔を小さくしていく事ができます。

骨盤矯正も同じようにマッサージしていると骨盤が小さくなります。しかしマッサージではありません。

そこに特殊なと言う意味があります。

カイロプラクティックの施術をしていく時に検査する事をしています。

カイロプラクティックというのはカナダ生まれのアメリカ人のダニエル・デビット・パーマーが体系づけました。

1845年3月7日生まれの彼はカナダのオンタリオ州のダベンポートで生まれて20歳の時にアメリカに移住しました。

イリノイ州ニューボストンに住まいを移してあるテーマに没頭していきます。

このテーマは同じ兄弟でも体付きが違ったりするのはどうしてなのか。

同じ兄弟でも学力が違うのはどうしてなのか。

兄弟でも弟や兄が病弱になるのは、どうしてなのか。

これらの疑問を抱えながらパーマーは1885年アイオワ州ダベンポートに移り住みました。

パーマーが生まれて40歳の時でした。

あるビルの一角に磁気治療器の施術院を設けていたパーマーは、その日の仕事を終わって帰ろうとした時に管理人兼掃除人のハーベィ・リラードは入ってきました。

ハーベィ・リラードは17年前から耳が不自由でした。

パーマーが帰ろうとしたときに、ふとハーベィ・リラードの首元をみると不自然な出っ張りに気が付きました。

聞いていると狭い所で掃除をしていたら首の所でボキッと音がして急に耳が聞こえなくなったと言う事でした。

パーマーは相談して首の部分の出っ張りを見せてもらいまいました。

あきらかに不自然な出っ張りでしたので押して良いかと聞いて了承を得たので押してみました。

押すとボキッと音がして出っ張りはなくなりました。

いくら首を動かしても変化がなかった出っ張りがなくなりました。

それからしばらくして耳が聞こえるようになったと言う事です。これは実話です。

違う話ですが、病院でもわからない心臓病の患者さんがいたそうですが、背骨の矯正で改善したという話があります。

この時にパーマーの友人の言語学者に相談して施術の名称を付けてもらいました。これがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックの名称ができたのが1896年1月14日です。

 

 

 

 

小倉南区でカイロプラクティックで歪みを矯正する事をしています。

2018年01月04日

肩こり

肩こりを楽にしていく事

肩こりを解消することをしています。

肩こりを感じる時には体調が落ちている時です。

肩こりを強く感じる時には体調が落ちています。

肩こりが軽いときには体調が少し良くなっています。

しかし肩こりには原因があるから繰り返します。

この原因を見つけて肩こりを改善することをしています。

肩こりを感じる時には筋肉が深く関係していますが、この筋肉は僧帽筋という筋肉です。

僧帽筋のこりが肩こりに

上のイラストにあるように僧帽筋と言う筋肉は大きな筋肉ですから頭の部分から肩から背中まである大きな筋肉です。

この筋肉の上部が緊張したりコリを起こすと肩こりになります。

いつも使うことが多い肩や腕ですから筋肉疲労が起きていくとリンパの流れが悪くなって老廃物が多く蓄積していきます。

使う事だけではなく位置も肩こりに関係します。

位置とは手枕や手で頭を支える事です。

キーボードを打つことやスマホの文字うちでも肩には力が入ります。

肩に力が入ると筋肉疲労が起こります。連続で起きた筋肉疲労が残りやすくなると肩こりになります。

しかし筋肉疲労は病気ではありません。

筋肉疲労が長くなると筋肉は固くなります。この硬さはというのは老化です。

老化した筋肉は多くの場合、肩こりを感じません。

筋肉だけはなく神経もリンパ管もじん帯も血管も固くなります。

筋肉だけで固くなることはないと思います。

コリを感じるのは神経ですから、自分では筋肉の固さがわからなくなります。

筋肉の老化を改善することができますが、まずは体調から上げて整える必要があります。

体調が落ちていると疲れやストレスが多くたまっています。

疲れやストレスが多くたまると、歪みやズレが起こります。そうすると肩こりになります。

疲れやストレスがたまると、筋肉疲労が改善しにくくなります。それで肩こりになります。

疲れやストレスの蓄積度合いで歪みが違います。

疲れやストレスが多くなると歪みがひどくなります。

疲れやストレスがすこし減ると歪みも減りますから肩こりは感じなくなるか、軽く感じます。

肩こりが日によって違うのは体調に関係があります。

疲れやストレスの蓄積は日でも時間でも違います。

肩こりと言っても簡単な肩こりはありません

しかし多くの方が肩こりを簡単に考えています。

肩こりと言うのは原因があります。

どうして肩こりが起きるのか、肩こりになるのか、という原因が黒幕です。

この原因をみつけることなく低周波治療器や電器などで一時的に抑えているだけです。

肩こりのコリを散らしている治療が多くあります。

肩こりのコリを散らす治療が多くあります。

当院では肩こりを直すことをしています。

そのため、時間と回数がかかります。

肩こりには重大なことが潜んでいます。肩こりを簡単に考えないで下さい。

肩こりには筋肉のコリと背骨の歪みと内臓の状態が深く関係しています。

内臓といっても病気ではありません。

例ですが、病気になる時も進行するスピードがあります。体調が悪い方ほど進行するスピードは速いようです。

そして病気になる時も数年ではなく10年以上かけながら細胞の変化が起きていきます。

細胞の変化は急速でも10年くらいはかかります。

しかしスタートを始めているものではなく、もうスタートを切っています。

いつ完成するかで違います。

肩こりとは先将来の病気と深い関係があります。

しかし今ではありません。

今では無い為に検査しても分かりません。

尿検査や血液検査、レントゲンでわかるのは完成まじかか、完成してからです。

完成とは病気になることです。

肩こりが

 

 

小倉南区で30年になる肩こりを解消して徳力整体院

2017年12月14日

小顔矯正

小顔矯正

評判の良い小顔矯正

当院の小顔矯正は痛くない顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院では小顔矯正をしていく時には、痛くない怖くない顔を無理に押さえつけたりしない小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は20分くらいの小顔矯正ですが、時間がを長くすれば効果があるかと言うとそうではありません。

小顔矯正をする時には時間で決まるものではなく、逆に長く小顔矯正をしているとダラダラした小顔矯正になってしまい効果は落ちていきます。

時間が長いと効果が上がるかと言うと、そうではありません。

普通は、そう思うでしょうが、時間をかけても顔が変わることはありません。

20分以上の小顔矯正をすると、ほんとうに顔が小さくなりません。

当院では30年の経験から一番時間的に効果がある小顔矯正の時間がは20分くらいだと思っています。

時間をかけるのではなく集中して顔を小さくすることができます。

当院の小顔矯正の技術力なら20分くらいが最高です。

小顔矯正の治療する技術がない方は時間をかけながらするしかありませんが。

時間を変えると効果は落ちると言う事も知らないと思いますが。

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる小顔矯正です。

痛くもなくボキボキもしない顔を無理に押さえつけたりすないで顔が小さくなっていきます。

小顔矯正をする時には

小顔矯正をする時には、顔を無理やり抑えつけたりすることなく顔を小さくしていきます。

では、どうして顔を小さくしていくのか???

当院の小顔矯正の方法ですが。

当院では院長が小顔矯正をしていきますが、院長が小顔矯正をするときには、する前に自分の手で顔を触っておぼえてもらいます。

おぼえてもらうのは顔の大きさです。

鏡で顔の大きさを見るよりも、実際に自分の手で触ってわかる方が一番だと思います。

しかし、手で触るのは簡単なことではありません。

手で大きさを測るようにして触ることは大変、難しく簡単なことではありません。

手で顔を触るということは、どこを触るよりも難しい事です。

1回で顔の大きさが10センチも変わればわかるでしょうが、そんなことはありません。

顔が1センチ変わっても顔は変わっています。

この1センチ、また、2センチがわかるように触って下さい。

顔の触り方は

顔の触り方は、両方の肘をアゴの部分に当てて手のヒラ全体で顔を覆うようにして触ります。

顔のさわり方

上の女性のような触り方をしてもらいます。

位置をしっかりと決めないとわかりにくくなりますから、位置をしっかり決めたら動かさないで下さい。

院長が、説明の時に「顔を こう触ります」と言っているのに手を動かす方がいます。

院長が手を動かしてもいないのに、手を動かす方ほどわからなくなります。

最近は小顔矯正を希望して来院しても分からない方がいます。

顔を小さくしても分からない方が、わからないのに顔を触る位置を動かします。

一か所だけ、触ることをして下さい。人間は、そんなに便利にはできていませんから、一つだけおぼえるようにして下さい。

顔を触っても一生懸命触る方と、簡単にさわってしまっている方がいます。

ここでもう差がついています。

なんの差がついているのか、と言うと脳の差です。

勉強の差や学力の差ではありません。

昔、学生時代に勉強ができても、脳の力は急速に落ちている方もいます。

脳の力とは学力でもありません。

小顔矯正をする時に顔がわかるのは感覚神経です。

最近は感覚神経の減退から寒さや暑さがわからない方がいます。

寒さが、わからない方は寒い恰好をしています。

冬なのに家でも洋服が1枚だけとか、外でも上着と下には1枚だけと言う感じになっています。

寒さは感じないと手の感覚も落ちていきます。

感覚神経は脳にあります。

脳にある感覚神経が、感覚神経だけで済むのか、と言う疑念があります。

小顔矯正で顔を小さくする時には顔の大きさがわかるのか、わからないか、重大なことがあります。

わからない方は感覚神経が働いていません。

何事のも感じようとする神経の減退がある方は、小顔矯正で顔を小さくなっても分かりません。

感覚神経で

小顔矯正をする時には感覚神経を働かせて感じると顔が小さくなったのがわかります。

感覚神経で体調も分かりますが、小顔矯正希望の方は体調が落ちていることもわからないかたもいます。

体調が落ちていると体調から上げて行かないと顔の小ささを維持する力もありません。

顔と体調は深い関係があります。

体調がドン底のような体調をしているのに顔を小さくしても綺麗には見えません。

体調が悪い方を小顔矯正で顔を小さくしていくと小顔矯正をしたあとに「だるく」なる方がいます。

顔が小さくなると言うことは体の変化がある為に、変化に体力を取られるとダルクなります。

 

手で顔を触っても手の位置を動かす方は

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからカイロプラクティック徳力整体院は小顔矯正を30年

2017年12月11日

骨盤矯正

骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

多くの方が骨盤矯正に訪れますが、骨盤矯正の意味が分かっていませんし、触ることもできていません。

骨盤矯正と言うのは骨盤の横幅を変える事です。

ですから骨盤矯正に入る前に骨盤の横を触って骨盤の大きさをおぼえて下さい。

当院の骨盤矯正はボキボキもしないし痛くもない骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は初回から骨盤が小さくなっていくことで評判の言い骨盤矯正をしています。

当院では骨盤矯正をしていく時には、検査することをして矯正していきますから、検査することで骨盤の状態を確認しながら骨盤矯正をしていきます。

痛みやコリなどがなくても骨盤は歪みがあります。この歪みを解消していくと骨盤が小さくなり小尻になることができます。

当院の骨盤矯正は小尻に見せるのではなく、小尻にしていく事をしています。

いくら下着やストッキングで締め付けても、骨盤ベルトで締めても一時的です。

骨盤も不動関節ではなく、動きがある関節です。

いくら締め付けてもサポーターと同じで締め付けている時だけです。

骨盤ベルトで運動しても変わることはありますが、一時的に変えても意味ありません。

多くの方の骨盤を検査してきましたが、ほとんどの方は痛みやコリ、腰痛などの症状がなくても骨盤が歪んでいたり、開いていることがほとんどです。

特に骨盤の下部が開いている方が多くいます。

また、骨盤の骨が炎症やハレを起こして変形している方や、ハレて大きくなっている方もいました。

普通では起こりませんが、この陽気の変動の大きい世の中ですから、常識では考えられないことが起きています。

特に骨盤の骨の変形は恥骨の部分で起きていることもありますから、恥骨の骨が出っ張っていることもあります。

そして一番変形が起きやすいのが腰の部分の骨です。

ベルトの部分ですが、骨の腸骨と言う骨の変形が多くの方に見られます。

そして真ん中の骨の仙骨(尾てい骨)の骨が炎症を起こして大きく広がると骨盤が大きくなって骨盤が広がっていきます。

骨盤が広がると脂肪になりやすく、骨盤の浮腫みも起きます。

この状態も検査する事ができたからわかったことです。

骨盤が歪みが起きていても痛みやコリも何も感じません。

骨盤の歪みがあると生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、膣炎、卵巣の炎症、子宮の炎症が起きることは多くあります。

生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、膣炎、卵巣の炎症、子宮の炎症の方は骨盤から整えていく必要があります。

単純に骨盤矯正といっても内臓に影響することは起こります。

骨盤の歪みや開きがあるのに内臓は正常化、と言うとそんなことはありません。

何かの影響があります。

また逆に生理痛や生理不順があると骨盤は不安定になっています。骨盤の不安定と言うのは骨盤の歪みや開きです。

そして体調も関係します。

体調が悪いと骨盤は歪みや開きが起きやすくなります。

体調が悪くて眠りが浅いと最高に体調は落ちています。

眠りが浅いと脳が弱っていきます。脳が弱ると脳疲労になって骨盤が大きく不安定になりますから、骨盤の歪みや開きが大きくなります。

最大の問題は眠りにある方もいます。

夜に寝たら朝まで目が覚めまいから寝ていると思っている方が多くいます。

夜に寝たら寝ながら考え事をしている睡眠が多くなっています。

寝ながら考え事をしている睡眠は睡眠負債になりますから脳が弱っていきます。

脳が弱ると痛みやコリが起きている状態でも感じません。

脳が元気だから痛みやコリを感じることができます。

脳が弱ると何も感じなくなります。

 

小倉南区で骨盤が小さくなる骨盤矯正をしています。

2017年11月27日

腰痛

腰痛を楽にしていく

腰痛を楽にしていく

腰痛を起こしたり腰が痛くなるのは姿勢で起きます。

悪い姿勢とは

重いものを持って腰が痛くなってくる腰痛に。、

中腰でいることが多く腰に負担が多いから腰が痛くなりやすく腰痛になる。

車の運転を長くしていると腰が痛くなって腰痛になった。

足を組んで座っていると腰が痛くなりやすいので腰痛に。

横すわりで座っていると腰が痛い。

アグラで座っていると腰が痛くなる。

合わない靴を履いていると歩き方が変になって腰が痛い。

庭仕事で座ってしていたら立とうとしたときに腰が痛くて体を伸ばせない。

車の中の荷物を取ろうとしたら腰が痛くなった。

クシャミをしたら腰が痛い。

朝、起きようとしたら腰が痛くて動けない。

などなどは、すべて「腰が痛くなった切っ掛け」です。

切っ掛けと言うのは原因ではありません。

その裏に原因があります。

その原因とは、

骨盤の歪みや骨盤の開き、背骨のズレです。(骨盤の不安定)

骨盤が不安定で体を支えることができないと姿勢で腰痛になります。

骨盤は上肢と下肢を支える関節ですから、関節に問題が起きたら体を支えられません。

この支えられない時に、悪い姿勢をすると腰が痛くなったり、腰痛になったり、ギックリ腰になったり、椎間板ヘルニアになったり、坐骨神経痛になったりしていきます。

つまり腰痛は骨盤の不安定性がある時に姿勢で起きています。

もし骨盤の不安定性が起きていないと腰痛、腰の痛みにはなりません。

骨盤の不安定性があっても、普通は何も感じません。

しかし、どうして骨盤の不安定な状態が起きるのか??????

そこに、本当の腰痛の原因があります。

この原因とは

疲れやストレスの蓄積です。普通に生活しているといつでも誰でもできるものは疲れやストレスです。

疲れやストレスと言うのは意識しないとわかりませんが、生活する事でも生じる疲れやストレス、仕事でも多くなる疲れやストレス、眠りの浅さで多くなる疲れやストレス、精神的に多くなる疲れやストレスなど色々な疲れやストレスがあります。

しかし普通に「疲れた~~~~」とか「ストレスがたまった~~~」とか言いますが、この疲れやストレスはどこにたまるのか。

このたまる所が問題なんです。

体に多くの疲れやストレスがたまる

どこにたまる???

筋肉にも多くの疲れやストレスはたまりますが、最終的に多くの疲れやストレスは内臓にたまっていきます。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓にたまる疲れやストレスと言うのは多くなれば多くすることができますから際限なく限界なく蓄積していきます。

ここまでしかたまらないと言う事はありません。

無限大まで、たまっていきます。

内臓に蓄積した疲れやストレスは内臓の働きを弱らせていきます。

病気ではない状態の種類がありますから、内臓も炎症を起こしたり腫れたりしていきます。

腰痛の場合、関係する内臓は腎臓です。

腎臓に疲れやストレスが多く蓄積して内臓を弱らせてしまって腎臓に関係する筋肉のバランスを崩してしまいます。

この筋肉のバランスの狂いが骨盤の安定性を喪失していきます。

この時に悪い姿勢をすると腰が痛くなって腰痛になります。

ですから腰痛を直そうと思うなら

筋肉やじん帯の炎症やハレがあれば炎症やハレを解消していくことから始めて。

骨盤の歪みや骨盤の開きを改善して。

背骨のズレも解消して。

腎臓にたまった疲れやストレスが減らないと繰り返しやすく戻りやすく効果がなかったりします。

そして体質改善の治療で腎臓を若返りさせないと、これ以上腎臓を悪くしてしまうと腎臓の病気になっていきます。

 

 

小倉南区腰痛を楽にしていくには原因を見つけることから

2017年11月16日

ダイエット

ダイエット 痩せる

ダイエットすることと体を細くしていくこと

ダイエットという言葉を良く聞きますがダイエットとは何でしょう???

色々なダイエットがありますが、運動、ヨガ、食事などなど。

当院では理想的なダイエットをして体を細くしていく事をしています。

当院で言うダイエット、痩せることとは、体を細くしていく事を言います。

体が細くなれば、あとから体重は落ちていきますから。

先に体を細くしていく事から始めて行きます。このことをダイエットと言うようにしています。

体を細く引き締めていく = ダイエット です。

体重計ばかり気にしていないで、見た目から細くして体を引き締めていくダイエットをしてみませんか???

当院で行うダイエットはダイエットと言うよりも普通とは違います。

体を直していくことでダイエットしていく方法です。

そのため効果があって初回から体が細くなっていきますが、いつの間にか太くなってしまった体を変えていく事をしています。

ですから、ただ、循環を良くすれば良いと言う訳ではありません。

リンパの流れを良くして老廃物を流せば良いと言う事ではありません。

代謝を上げれば良いと言うダイエットではありません。

どうしてリンパの流れが悪くなるのか??

どうして代謝が悪くなるのか??

どすして老廃物がたまるのか??ということを見つけて原因から改善することができる治療です。

つまり体を直していく事で体が細くなるダイエットです。

当院では検査する事ができます。

検査することは体調の検査です。ダイエットするなら体調が良くないと痩せません。

何よりも体調の状態が基本です。自分で体調が悪くないと思っている方もいますが検査してみると体調がすこく悪いと言う方もいます。

体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレもあります。

生理痛、便秘などの治療もしないとダイエットをしても、という事があります。

ダイエット・痩せることをするなら体調から上げていくと浮腫みがとれていきます。

ダイエット・痩せることをするなら体から改善していくと脂肪も減っていきます。

ダイエット・痩せることをお考えなら内臓の働きを良くする事。

ダイエット、痩せることをするなら骨盤の矯正や背骨のズレを解消すること。

ダイエットするなら体質改善の治療でアンチエイジング、若返りをさせること。

ダイエットするなら基礎代謝が良上がる体から調整すること。

ダイエット、痩せることをするならリンパの流れが悪くなっている体調から整えていくこと

基本的な事をしないとダイエットしても意味がありません。

しかし体調を上げる治療と言うのは、一番、簡単なことではありません。

サプリメントを飲んでも体調は良くなりません。

痩せる健康食品を飲んでも体調は上がりません。

マッサージしても体調は上がりません。

サウナやホットヨガをしても体調は上がりません。

最近は検査してみると体調が悪い方が多くいます。

痩せる為にも体調が基本です。

痩せて細くなるのも体調が基本です。

眠りもダイエット、痩せる事には天敵です。

眠りが浅いのに痩せることはありません。

最近は多くの方が不眠状態です。

夜に寝たら朝まで起きないから寝ていると思っている方が多くいます。

最近は多くの方が寝ながら考え事をしている睡眠をしています。

これが多いと脳疲労になります。脳が弱ると脂肪になるし浮腫みになります。

そして体調が異常に落ちていきます。こんな状態では痩せる訳ありません。

●眠りもダイエット、痩せることを妨害します。

●生理痛も関係ないようですがダイエット、痩せることに関係しています。

●便秘もダイエット、痩せることに関係しています。

●歪みやズレもダイエット、痩せることに関係があります。

●疲れやストレスの蓄積も、ダイエット、痩せることに関係があります。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院はダイエットすること痩せること体を細くしていく事をしています。

2017年11月08日

小顔矯正

小顔矯正をして顔が小さくなる

小顔矯正

当院では小顔矯正の専門家ですから初回から顔が小さくなりますが、最近は小顔矯正を希望する方ほど、体調が悪くなっていることが多く見受けられます。

どんなに良い小顔矯正をしても、体調が悪い方や悪すぎる方は顔の小ささを維持することができませんから、体調の悪い方ほど戻りやすくなります。

しかし小顔矯正を希望されて来る方は、体調の悪さを感じていない方も多くいます。

わからない方に限って、体調が良いと思ってきました、とか言われますが、当院の院長は検査する事ができます。

体調の検査をすることである程度の正確な体調を検査して判断しています。

どうして体調が悪いと判断したのに自分でわからないのか、と言う疑問が生まれると思いますが、その説明もしていきます。

自分で思うよりも当院の検査の方が正確です。30年の研究と臨床で精度は高まるばかりです。

今でも研究して正確さが増すように努力しています。

小顔矯正と体調

小顔矯正をして行くときに体調がかなり関係しています。

体調が悪いとは、痛みやコリがなくても、感じていなくても、

 体調が悪い=疲れやストレスがたまっている

 体調が落ちている=リンパの流れが悪く老廃物が多くたまっている

 調子が悪い=骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレがある

 循環が悪くなっています。

 内臓の働きが低下しています。

が起きています。

こんな状態では小顔矯正をしても持続時間の減少があります。

つまり維持することができません。

維持する力は体調にありますから体調が悪いと維持することができません。

いくら整えても、小顔矯正が終わって立った瞬間から崩れていきます。

しかも脳の力が落ちている方が多くいますから、脳の力が落ちて脳疲労が強くなってると、小顔矯正をしても、小顔矯正後の顔の大きさを維持することができないで、すぐに崩れています。

小顔矯正と体調は密接に関係しています。

初回は顔から

初回は顔を触って小顔矯正をしていきます。体を整えて行くのは2回目からです。

1回目は小顔矯正を体験してもらうことと、どれくらい変わるのかと言うことをお見せします。

小顔矯正で顔が小さくなると言うことが分かったら数回以上は続けて下さい。

しかし当院では体質改善の治療があります。

この体質改善の治療を小顔矯正にしていくと、もっと変わりますし維持する力が多くなります。

この体質改善の治療ができだすのが速い方で3回目か4回目からです。

この体質改善の小顔矯正も1回で終わることはありません。

受ければ受けるほど変わるからです。

それほど体質改善の治療でアンチエイジングができるし、若返りの治療をしていく事ができるからです。

小顔矯正をしていく時に

小顔矯正をしていく時に小顔矯正を始める前に必ず顔を触って大きさや輪郭をおぼえてもらいます。

小顔矯正をしたあととする前を比べてもらうためです。

この比べることができる小顔矯正をしていきますから人気があって評判の良い小顔矯正ということになります。

自分の手で顔を触ると言う事は簡単なようで簡単ではありません。

鏡で見て顔が小さくなったのを見ることも良いですが、当院では即効性がありますから、自分の手で顔が小さくなったのを確認しながら小顔矯正をしていくことができます。

顔を触る時も両方の手のヒラを密接させて顔を触るようにします。

小顔矯正の触り方

 

触り方は写真のように触ります。

できるだけ手を顔に密着させて触って下さい。

そして顔の大きさ、顔の幅、輪郭、顔の左右差を感じます。

特に顔の左右差が一番、大切です。

顔の左右差を感じるようにすることが一番の重要です。

この左右差を触るようにすることが変化が良くわかる触り方です。

顔を触る時に左右差を感じるようにすると脳が働きだします。脳の感覚神経の働きが手の感覚を高めることになります。

この感覚神経の働きが小顔矯正をして変化が良くわかる触り方になります。

一番、大事なのは左右差を感じる事です。

ただ、顔を手に当てるとわからない方もいます。

感じようとすることが顔の変化を良くわからせてくれます。

しかし数人の方は、これをしても分からない方もいます。これをして小さくなったにもかかわらず、わからないと大変なことが起きています。

脳のトラブルが起きています。しっかりとした体の治療をしていきましょう。簡単ではありませんが。

体質改善で小顔矯正

当院では体質改善という治療法があります。

この体質改善で小顔矯正をしていくと体の中から変わっていくことで小顔矯正の維持する力が上がります。

そして色々な部分も改善していきます。

体質改善の治療はアンチエイジングの治療であり、若返りの治療ですから、定期的に来ている方だけできる小顔矯正です。

期間を開けた方はできません。

風邪を引いていたり体調が悪い方はできません。

体質改善の治療をする時には準備が必要です。変わるだけの体力が必要なので体力が落ちた状態ではできません。

しかし体質改善の治療は、本当に色々な部分を変える事ができるので、その治療を小顔矯正に使用すると大きく変わって体が細くなってウエストが細くクビレができます。骨盤も小さくなって小尻になることもできます。

体質改善で

体質改善でアンチエイジングの治療で直せるものは多くありますが、主には内臓です。

内臓を治療していくと顔が小さくなります。

内臓を治療していくとウエストが細くなってクビレができます。

内臓を治療していくと骨盤が小さくなって小尻になることができます。

内臓を若返らせていくと体全体が細くなっていきます。

内臓を若返らせると浮腫みが減ります。

内臓を変えていくと便秘の解消、生理痛の改善ができます。

内臓の若返りの治療が体質改善なので、内臓が若返ると体が細く小さくなっていきます。

体質改善は

体質改善は初めからできません。体力が上がらないとできませんし体調が良くならないとできません。

体質改善の治療は時々、来てできるものではありません。

準備ができていないとできないし、体調や体力がないとできません。

当院では院長が検査する事ができます。

院長が判断して進める体力があると判断した時に、『どうしますか』と聞きます。

変わらないものを変える事ができる唯一の方法です。

体質改善は若返りの治療ですから1回で終わることはありません。

普通に考えても、どれくらいどこの部分を変えていくことができるかで違います。

体質改善の治療は老化を改善して若返りをさせて体を強くしていく治療です。

映画のように聖水を飲めば良いと言うことで若返ることはありません。

簡単に考える暇があったら治療を進めていきませんか。

体質改善とは

体質改善の治療を進めていく方は風邪を引いていない限り、また、体調がすごく悪くない限りは進めていきたいと思っています。

そうすることで体が変わっていくのがわかるからです。

当院の院長は小顔矯正をしていく時に、痛くない小顔矯正をしています。

怖くもなくボキボキもしない小顔矯正ができます。

しかし、本当に効果があって顔が小さくできるから自分の手で触ってもらう事をしています。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから多くの方が訪れている小顔矯正が人気で評判の良い徳力整体院。

2017年11月06日

肩こり


肩こりとは

肩こり

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージがありますが、もちろん筋肉もコリを起こしていますが、多くの肩こりの場合、筋肉のコリだけを解消して肩こりが直ったと思っている場合があります。

肩こりも筋肉のコリを改善することで一時的に感じなくなります。

これが肩こりが直ったと思わせる原因です。

しかし筋肉のコリだけを改善して肩こりが直ることはありません。

肩こりには肩こりになる理由があるから肩こりになっています。

この理由を解消していくことをしないと肩こりを直すことはできません。

肩こりを楽にすると思われることは色々ありますが、マッサージをしたり、電気治療器をしたり、指圧をしたり、お灸をしたり、ハリ治療をしたり、肩こりに効果があるサプリメントを飲んだり、整体やカイロプラクティックでボキボキしたりすることが、肩こりの治療になります。

ですがどれも本当の意味で肩こりの理由を改善していません。

特に電気治療器で肩こりを楽にしている方は、肩こりのコリを散らしているだけです。

原因を見つけることなく肩こりを散らしてわからなくしていることは電気治療です。

肩こりで来院して受けている方も、している先生も電気治療器のことを良くわかっていません。

電気治療器と言うものを良くわかりもせずに使っています。

電気治療器は体に端子をつけてプラスからマイナスへ電気を流して筋肉を疲労させてわからなくしています。コリを減らすことよりも筋肉疲労が多くなります。

コリと言うのは筋肉疲労ですから、筋肉疲労があるのに、さらに上乗せして筋肉を疲労させていきます。

これが電気治療の意味です。

マッサージしても、筋肉が主な対象なので肩こりは筋肉のコリも起こしますが、コリは筋肉だけではありません。

どうして筋肉のコリが起きているのかと言うことに注目して下さい。

必ず何かの原因があるから筋肉のコリが起きて肩こりになっています。

何も原因がなくて肩こりが起きることはありません。

その原因が一番深く肩こりに関係しています。

そこから改善することをしていかないと肩こりは良くなりません。

肩こりを楽にすることと直すことは違います。

当院では

肩こりの方が来院したら症状と肩こりの部分をお聞きします。

それぞれで肩こりと言っても感じる場所が違います。

それを正確に、お聞きすることから肩こりの原因をみつけることができるからです。

ですから、『ここが悪い』と言う感じでいいですから、言ってもらうと確認していきます。

大まかに言われるとわかりずらいですから、「ここが悪い」といって伝えて下さい。

抽象的に言われると確認が遅れたりします。

「この辺」と言う事でも構いませんから。

コリを改善する

当院では肩こりを治療するときには検査して筋肉のコリから見つけていきます。

本当に筋肉のコリが検査してわかれば筋肉からほぐしていきます。

そして、それだけで終わることなく、その先にある問題を見つけていきます。

その先の問題とは、首の骨のズレや背骨のズレです。

中には、そのズレ以上が起きている方います。

ズレ異常とは骨の炎症や骨のハレです。

骨のハレや骨の炎症と言うのは普通は起こりません。

しかし最近は体調が悪い方が多くなっています。

体調の悪すぎたり、中には睡眠負債が多いと脳疲労が強く起きているので、中枢神経の脊髄が炎症を起こしてる方もいます。

脊髄まで炎症を起こしていたり、炎症のことが起きていると何をしても肩こりがよくなりません。

当院では検査することで確認しながら治療していきます。

肩こりと言っても

肩こりといっても、本当に色々な肩こりがあります。

当院では肩こりを改善していく時に検査する事ができます。

この検査は体調の検査、状態の検査、骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレの検査、内臓の働きの検査、リンパの流れの検査、などです。

最近は肩こりといっても、こじらせている方もいます。

こじらせると簡単には肩こりが楽になりません。

しかし定期的な治療で肩こりを楽にして直すことができます。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから人気ある評判の良い肩こり解消法をしています。

 

 

 

 

 

2017年10月24日

膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みを改善する

膝の痛みを楽にしたいと思うなら原因から改善することを考えて下さい。

膝の痛みと言うと病院でヒアルロン酸を注射を打っても原因には関係なく原因から見つけて解消しないとヒアルロン酸ばかりしていると中には変形性膝関節症に進行することもあります。

ヒアルロン酸を注射することは一時しのぎですから、直している訳ではありません。

どうして膝の痛みがあるのか、トイウ理由があります。

この理由から見つけることをして膝の痛みを楽にしていくことです。

多くの膝の痛みがある方が、当院を訪れていますが、病院に行って治療を受けていても膝の部分を見てみるとブヨブヨしていたりハレがあることも多くあります。

まずは膝関節の炎症やハレを改善していくことからしないと、膝の痛みを直すことはできません。

膝の痛みを楽にすることと、膝の痛みを直すことは違います。

膝の痛みを楽にすることはヒアルロン酸でもできるかも知れません。

ヒアルロン酸では膝の痛みを直すことはできません。と言うのは原因を見つけることもしないし、ただの膝の痛み止めですから。

痛みには原因から

膝の痛みが起きるときには原因がありますから、原因から改善していくようにしていますが、原因から改善する為には、膝の痛みを楽にすることから始めなければいけません。

膝を触ってみると炎症やハレがある方が多くいます。

病院に行かれている方も膝を検査してみるとかなりの確率で炎症やハレがあります。

この炎症やハレがどこにあるのか??、どこから来ているのか、それを検査することをしないと先に進めません。

筋肉の炎症・ハレなのか。

じん帯の炎症・ハレなのか。

軟骨の炎症やハレなのか。

骨の炎症やハレなのか。

また、その他の物から膝の痛みが起きているのか??

どこに膝の痛みの原因があるのか??という検査をすることをしています。

関節が楽になったら

膝の痛みが楽になってきたら、どうして膝の痛みが起きたのか、その先にある原因を見つけていく必要があります。

多くの膝の痛みの場合、体調と内臓が深く関係して膝の痛みを起こしています。

膝の痛みと言うとある内臓を思い浮かぶくらいです。

その思い浮かぶ内臓は肝臓です。

肝臓と言っても病気ではありませんから検査しても異常は出てきません。

異常がでる場合は内臓の悪さが完成してからです。

膝の痛みに関係があっても、今はまだ病気ではありません。

しかし多くの膝の痛みのある方を検査してみると、ほとんどの方が肝臓の原因を示します。

当院では膝の痛みを楽にしたら、肝臓を元気にしていくことをしています。

肝臓に疲れやストレスが多くたまっていると外反母趾、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿、いびき、膝の痛みになりなりやすくなります。

どこに症状が出るかは、個人個人違います。

膝関節が弱ければ膝の痛みとして起こります。

鼻が弱ければ花粉症、アレルギー性鼻炎などで起こります。

肝臓と弱い部分が一致したら、その部分で起きているのが症状になります。

肝臓が弱くても弱い部分がなければ症状は起こりません。

内臓と関係する弱い部分は全員、同じではありませんから、Aと言う人は膝の痛みとして起きていたり、Bと言う人は花粉症として起きていると言う事です。

当院の膝の痛みの治療は

まずは膝の痛みから解消していきます。

そして体調を整えながら肝臓にたまった疲れやストレスを軽くしていきます。

そして体質改善の治療で肝臓を若返らせていきます。

膝の痛みを原因から解消

 

北九州地区で北九州市小倉北区と小倉南区から膝の痛みなら当院へ

2017年08月25日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正

当院は他とは違う小顔矯正をしています。

低周波治療器や電器なども使いません、ボキボキもしません、痛くない怖くない小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は顔を揉むようにして、マッサージするようなことをして小顔矯正をしていきます。

しかし、マッサージしている訳ではありませんし、顔を揉んでいる訳ではありません。

マッサージしたって顔が小さくなることはありません。

顔を揉んだって顔が小さくなることはありませんので。

当院の院長が、マッサージするようにしたって顔が小さくなる技術力があるからです。

顔を小さくするテクニックと秘密の技術を使って誰にも負けない小顔矯正をしています。

初回から顔が小さくなることで評判の良い小顔矯正ですが、初回は顔だけ触って顔を小さくしていきますが、顔を小さくすることに邪魔をするものがあります。

それは疲れやストレスの蓄積です。

疲れやストレスが多ければ多いほど骨盤の歪み・背骨のズレが起きています。

疲れやストレスというのは、誰でもあるものです。

疲れやストレスがない方はいません。

自分で気が付かないでたまっていることも多くあります。

特に最近は眠りが浅い方が多くいますから、眠りが浅いと骨盤の歪み・背骨のズレが多く起きています。

眠りが浅い方は体調が信じられないくらい落ちています。

小顔矯正をしても疲れやストレスの蓄積、骨盤の歪み・背骨のズレがあると、よく見えません。

いくら顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。

小顔矯正といっても、自己満足だけではなく、人から見て、どんなふうに見えるのか、と言うことが大切です。

ですから当院では、ただ顔を小さくすれば良い、顔が小さくなれば良いと言う小顔矯正ではありません。

同性からみて良く見える小顔矯正をしていきます。

その為には

小顔矯正をする時に検査をしています

今まで多くの方が小顔矯正に来ていますが、ほとんどの方に顔の異常がありました。

当院では小顔矯正をするときに、顔の異常を検査して見つけることができます。

一見、普通に見えと異常があるようには見えませんが、顔には例えば、ハレや炎症と言う事も起きています。

その上に浮腫みも起きています。

浮腫みやハレや炎症が異常です。

ハレや炎症は顔の脂肪だったり、骨だったりして起きています。

顔にも疲れやストレスがたまります。

顔に疲れやストレスがたまることで

 顔が大きくなっていきます。

 老け顔になります。

 目の下にクマができます。

 浮腫みが増えていきます。

 顔色、ツヤがなくなります。

 顔が変形を起こして歪みになります。

 顔が肥大していきます。

 顔のハレが起こります。

 顔の炎症が起こります。

これらを検査して改善することで小顔矯正をしています。

ですから自然に顔が小さくなります。人工的なものではありません。

理想的に顔が小さくなる小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時に

小顔矯正をする時に、初回からできる小顔矯正は「体調の小顔矯正」といいます。

「体調の小顔矯正」は顔にも体調と言うのがあるとしたら、顔の体調を上げることで顔が小さくなる小顔矯正です。

体にも疲れやストレスはたまって骨盤の歪み・背骨のズレを起こしています。

顔にも疲れやストレスがたまると、お化粧のノリが悪くなります。

イライラしやすくなります。

眠りが浅くなります。

アゴの関節が異常になります。

歯のかみ合わせが悪くなります。

歯が浮いたり歯茎から出血しやすくなります。

舌を噛みやすくなります。

歯ぎしりが起きます。

いびきが出やすくなります。

これらを小顔矯正で治療することもできますが、そんなものが1回で良くなることはありません。

しかし初回から顔は小さくなっていきます。

あとは小顔矯正をするまえに自分の顔を触って覚えておくだけですが、これが一番、難しく簡単ではありません。

当院の小顔矯正は小顔矯正をする前とした後を比べることができます。

当院には体調の小顔矯正と体質改善の小顔矯正があります。

体質改善と言うのは若返りの小顔矯正です。

細胞レベルから少しずつ変える事ができる小顔矯正です。体の中から良くすることができる小顔矯正です。

その分だけ持続力が上がります。

その分だけ体力も上がります。

そして維持する力も上がります。

しかし、初回からはできません。

 

顔が小さくなる小顔矯正

小倉北区と小倉南区で小顔矯正をするならボキボキしない痛くない小顔矯正をしているカイロプラクティック徳力整体院へ。

2017年08月23日

腰痛

腰痛がおきる原因

腰痛

腰痛が起きる原因がありますから、腰痛を原因がわからなくすることなく原因を見つけていく治療をしています。

腰痛というと、重いものを持ち上げる時に起きる腰の痛みのことですが、本当はそんな簡単なものではなく、複雑に原因が深く関係しています。

一時的な腰痛の痛みが治れば腰痛は治ったと思いますよね。実は腰痛は痛みが治っても、腰痛としての原因があるから治ってません。

直らないうちにどんどん進行して形を変えて出てきます。形を変えるとは病気として出てきます。

今も進行途中だからです。

進行途中で時々、腰痛を起こして知れせてくれています。腰痛は警報と同じです。

時々、疲れやストレスがたまりすぎた時に腰痛を起こしています。

進行途中で、時々、疲れやストレスが限界を超えてたまった時に腰が痛くなって腰痛になります。

悪いのは進行途中の物です。

腰痛は低周波治療器や電器をしても治るのではなく感じなくなります。しかし感じないだけで腰痛の原因は進行中です。

弱い部分に疲れやストレスがたまりやすく、疲れやストレスが蓄積した多さと長さで老化が早まります。

弱い部分に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

この弱い部分が先将来の問題になる部分です。

この弱い部分とは内臓です。では内臓といっても色々ありますから、どの内臓なのかということですが腰痛を起こす内臓は腎臓です。

疲れやストレスが誰でもありますが、弱い内臓が違います。弱い内臓に疲れやストレスがたまりやすく、たまると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレになります。

骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の不安定 背骨のズレが起きた時に、重いものを持ったりする、中腰、同じ姿勢、前かがみの姿勢で体を支えられないで腰痛になります。

腰痛を起こした方、腰痛を繰り返しやすい方、ギックリ腰を起こした方、椎間板ヘルニアになった方、坐骨神経痛になった方は病気になりかけている腎臓が原因です。

でも病気になりかけている腎臓ですが、いまは、まだ、検査しても異常は出ません。

つまり今は、まだ、病気ではありません。

病気ではないから病院で検査しても分かりませんし健康です。病院は病気の専門家ですから病気になったら検査すると陽性反応がでて病気と認定が出ます。

しかし、ゼロから100に一気になることはありません。

病気になるものも数年かけてなっていきます。場合によっては5年、10年、15年かかりながらなると言われています。

その途中で疲れやストレスが腎臓にたまると腰痛になります。

これが腰痛が起きる本当のメカニズムです。

ですから腎臓の最たるものは透析です。透析になると言っている訳ではなく可能性が高いと言う事です。

腰痛の方が全員、腰痛、透析になることはありませんが、老化が進むとなる可能性が高くなります。

つまり予備軍です。

 

 

腰痛とは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市、福岡市、博多、福津市、宗像市、笹栗、久山、新宮町、福岡市東区 福岡市西区、南区、飯塚市、直方市、田川市、みやこ町などから腰痛の改善なら徳力整体院。

2017年08月17日

肩こり

肩こりを直す

肩こり

肩こりを直していくためには筋肉ばかりほぐしていないで、そろそろ筋肉以外の問題も考えていきませんか??

筋肉をほぐしていくことは重要な肩こり解消の方法ですが、多くの肩こりは筋肉だけではありません。

筋肉をほぐしていく方法は色々あります。

肩こりというと筋肉をほぐせば、一時的に肩こりは楽になったように感じますが、これが重大なことです。

何かの症状が起きた時に、何かをすれば一時的痛みやこりを感じなくなることがあるからです。

この感じなくなることが肩こりを治ったと思わせてしまうために、そればかりしていると言うことがあります。

肩こりが治ったと思わせる物は

肩こりのある部分を揉むこと。

肩こりをマッサージすること

肩こりがあるから運動で解消する

肩こりのある部分に低周波治療器や電器をあてること

肩こりのある部分に湿布を貼ったりすること

肩こりを病院で注射を打ってもらうこと

肩こりに効くというサプリメントを飲むこと

肩こりをボキボキしたりする整体院やカイロプラクティック院の治療

などです。

しかし、肩こりには原因が潜んでいます。

これらの治療は筋肉ばかりに注目している治療法です。

整体院やカイロプラクティック院のボキボキもどうして背骨の歪みが起きているのかと言うことまで考えていません。

肩こりが起きる時には原因があります。

肩こりの原因を見つけることは簡単ではありませんから、肩こりの原因はわからないから対症療法ばかりしています。

それしかやりようがないし、一応、肩こりが楽になると思われるから。

一番、簡単な肩こり解消法は低周波治療器や電器を肩に充てることです。

当院でも昔は低周波治療器や電器をしていました。

低周波治療器や電器の意味も知らずに。低周波治療器や電器の意味とは、これらをすればするほど筋肉疲労が起きます。筋肉疲労を起こして筋肉のコリを改善する所か、筋肉疲労している上に疲労を多くします。

疲労に疲労を重ねると言うことでコリを解消するのではなく余計にコリを重ねてわからなくしていきます。

この意味を知ったから低周波治療器や電器をやめました。

やめる限りは代わりになるものを見つける必要がありますから、それを技術の向上に求めて努力してきました。

当院が努力したものは検査する技術力と治療技術力です。

検査ができないと肩こりが筋肉から起きている肩こりなのか、それ以外から起きている肩こりなのか判断ができません。

検査することができないと、ただマッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたりということになりかねません。

それでも肩こりは楽になったように見えますが、そんなことをしていたら、原因はどんどん進行していきます。

特に良く肩こりを起こして、通院している方ほど、病気なる確率が高くなります。

低周波治療器や電器などばかりしていると関係する原因は進行していきます。

低周波治療器や電器をすればするほど病気が速くなります。

肩こりと言っても病気と密接に関係しています。

肩こりの肩は確率的に心臓の病気、肺の病気、胃の病気、肝臓の病気になりやすい方です。なると言っているわけではあえりません。

確率が高いと言う事です。

いくら病院に言って検査しても病気になっていないとわかりません。

病院では病気を検査することで見つけていきますが病気として完成した物しかわかりません。

病気として完成したものは、もう病気です。

病気になる時もゼロから100になることはありません。

なっていく過程があります。いままで人間ドックで異常がなかったものが、一気に1年で異常が出ることはありません。

いままで正確にでていないだけです。

当院では肩こりの筋肉からほぐしていきますが、検査して筋肉のコリがあるか確認しながら治療していきます。

肩こりは歪みから

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にして行くためには

2017年08月15日

肩こり

肩こり

肩こり

肩こりを楽にして行くためには一時抑えよりも肩こりの原因から改善すること。

肩こりにも肩こりになる原因があります。

この肩こりの原因から改善、解消することが一番の肩こりを直すことになります。

何も原因がないのに肩こりが起きることはありません。

肩こりを筋肉だと思って改善する方法もありますが、筋肉だけで起きる肩こりは多くありません。

多くの肩こりには筋肉以外の原因があります。

肩こりを筋肉だと思って筋肉を柔らかくする事ばかりしていると、筋肉以外の原因が進行していきます。

筋肉以外の原因も、いつまでも同じままではありません。

筋肉もマッサージしたり、低周波治療器や電器ばかりしていると、柔らかくなると思うのはしている時だけです。

すればするほど筋肉疲労が起きて固くなります。

低周波治療器や電器をすると、徐々に筋肉は固くなります。

肩こりを揉んでも筋肉疲労が起こりますから、揉めばもむほど肩の筋肉は固くなっていきます。

コリを改善

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリから始めなければいけませんので筋肉からほぐしていくのが始まります。

しかし、それだけでは肩こりは楽になりますが、肩こりを直すとは言えません。

筋肉だけで起きる肩こりはないと説明しましたので、では何があるのか??という事になります。

肩こりには筋肉のコリと背骨の歪みやズレがあります。

歪みと言うのはいくつかの骨が連なって起きるズレのことです。

ズレとは一つの骨のズレのことです。

例えば肩こりの場合、首の骨が関係して起きている時もありますから、首の骨の3つか4つの骨のズレがあると歪みと言います。

一つの骨のズレの場合にズレと言います。

だから体全体の歪みも歪みと言います。体全体のズレとは言いません。

肩こりを直す

肩こりを直していく時には、筋肉のコリや背骨の歪み、ズレが深く関係していますが、それだけではなく、どうして背骨の骨が歪みをズレを起こしたのかと言う事があります。

なにも原因がなくて中枢神経を守っている骨が歪みやズレを起こしたら大変です。

姿勢や猫背でも背骨が歪みやズレを起こしていたら、どうしようもありません。

外的な要因

仕事で肩を良く使うので肩こり

キーボードを使う仕事をしているので肩こり

同じ肩ばかりバックを下げるので肩こり

携帯を良く使うので肩こり

ゲームをして肩こり

洋裁をして肩こり

肩に力を入れる仕事で肩こり

などが外的な要因ですが、これでは筋肉のこりくらいです。アイシングや湿布を貼っても改善しています。

これが本当の筋肉疲労ですから。

しかし、

本当の肩こりは

外的な要因ではなく肩こりは内面的な要因で起きています。

内面的な要因と言うのは、体にたまる疲れやストレスですが、これがどこにたまるのかと言うことが重要なものになります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、多くは内臓にたまっていきます。

内臓にたまった疲れやストレスが多くなればなるほど体の内面から崩れていきます。

この体を崩す原因は、内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓というと、即、病気と考えるのは違います。

病気になるには時間と細胞の変化が起きないと病気にはなりません。

しかし肩こりは、このと関係していますが、今は病気ではありません。

細胞の変化

肩こりと言うのは、この細胞が変化していく過程で起きる現象です。

細胞が変化していても症状は起こりませんが、首の痛み、首のコリ、肩こりとして感じています。

つまり肩こりは老化から起きるもので疲れやストレスが一時的に多く蓄積した時に肩こりとして感じる物です。

 

肩こりの原因とは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にして行くためには。

当院では肩こりを直す為には、北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、行橋市 肩こりなどの検索キーワードで人気です。

2017年08月09日

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正

初めから骨盤が小さくなっていく骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正は骨盤矯正を始める前に自分の手で骨盤の両横をさわって幅をおぼえてもらうようにしています。

骨盤矯正1回で終わることもありませんが、骨盤矯正を受ける時には、毎回、骨盤を触っておぼえて下さい。

骨盤の幅をおぼえる時には、大変、難しいですが左右差を比べるようにして触ると変化が良くわかります。

左右差をおぼえることが変化が良くわかるようになります。

骨盤矯正の両横を触って骨盤の幅をおぼえたら骨盤矯正にはいりますが、骨盤の幅をわからない方がいますから、関節の上の部分です。

骨盤の幅をおぼえたら

骨盤矯正に入ります。

当院の骨盤矯正は骨盤をマッサージするようにして骨盤矯正をしていきます。

骨盤をもむようにしてマッサージすると骨盤が徐々に小さくなっていきます。

しかしマッサージや、ただ揉んでいるだけで骨盤が小さくなっている訳ではありません。

そんなことで骨盤が小さくなるわけありませんから。

しかし当院の院長がマッサージするように骨盤を揉んでいくと骨盤が小さくなっていきます。

秘密は特別なことをしている訳ではなく特殊なのは院長の手と秘密の技術をつかって骨盤矯正をするから、実際にはマッサージしているようにしかみえません。

骨盤矯正を検査する

当院の院長は検査することができます。この検査技術は高度な検査技術なので誰でもできる検査ではありません。

専門家の先生にもわからないものを検査することで確認することができます。

当院の検査法は正確なので、検査して骨盤の状態を把握して骨盤の異常を見つけることができる矯正です。

検査で骨盤の異常を見つけたら、その異常を改善することをするわけです。

しかし、何回も言いますが簡単な検査でもないし改善する方法も簡単ではありません。

できるから簡単にしているだけです。

ですから見た目見てマッサージしているようにしか見えません。

だれが見てもマッサージしているようにしかみえません。

しかし、骨盤矯正のあとは小尻になっています。これが現実です。

ボキボキもしない痛くない怖くない低周波治療器や電器などは使うことなく手の技術力だけで骨盤矯正をして小尻にしていきます。

技術力があるから低周波治療器や電器などは使いません。

骨盤矯正は

骨盤の幅をおぼえたら施術台に下向きに寝てもらって骨盤矯正にはいります。

痛くもなく怖いこともない骨盤矯正なのでちからを抜いて寝ているだけです。

寝てもらったら、寝た状態で、もう一度、骨盤を触ってもらいます。

そして骨盤矯正に入ります。

マッサージするようにして、骨盤を揉むようにして骨盤矯正をしていきます。

2分か3分後に院長が、もう一度さわってみて下さいと言いますから、初めと同じようにして触ると、もう骨盤が小さくなっています。

骨盤矯正も時間が長ければ変わるかと言うと、そうではありません。

一番、骨盤矯正の良い時間が20分くらいです。

これはデータで出ていますから、20分くらいで骨盤矯正をして小尻にしていきます。

骨盤矯正が終わったあと、もう一度、骨盤を触ってみて下さい。

骨盤が小さくなっていますから。

体質改善で骨盤矯正

当院では体質改善という治療があります。この治療は体の中から直していくことで小尻になることができる骨盤矯正です。

体の中から直していくことができるので効果が長く続きます。

そして骨盤がさらに小さくなっていきます。

小さくなる骨盤矯正

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正をしています。

2017年08月08日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正

当院では30年の経験で小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時に顔を小さくすることを初回からしていきます。

当院に来院する小顔矯正希望の方の体調を検査することができますが、多くの小顔矯正希望の方は体調が悪く良い方は今までいませんでした。

小顔矯正を希望される本人は体調が良いと思ってきましたと言うことを良く言われますが。

体調と言うのは疲れの蓄積です。

体調はストレスの蓄積度合いです。

体調が落ちると骨盤の歪み・背骨のズレが起こります。

体調が落ちると内臓の働きも低下しています。

などなどが起きている時が、体調が悪い、体調が落ちている、調子が悪いと言います。

どうして小顔矯正をする時に、体調のことを言うのか。

それには理由があります。

体調が悪いと、どんなに小顔にしても戻りやすいからです。

当院の小顔矯正は

小顔矯正をする時に、ただ、小顔にすると言うよりも、顔を直していくことで小顔矯正をしていきます。

症状はなくても多くの方の顔に異常が起きています。例えば歯や歯の歯茎の炎症やハレがあったり物を食べにくかったり、かみにくかったりと言うことや目のカスミ、目やにが多い、眼精疲労、鼻の問題、舌の問題など起きている方がいま。

これらもすべて顔に関係しています。

多くの方はアゴのラインの部分が炎症を起こしている方が増えています。

ほほ骨の部分の炎症の方もいます。

アゴの関節の問題の方もいます。

これらは筋肉かじん帯か骨の炎症です。また、ハレです。中には骨の中がジュクジュクしている方もいます。

顔の炎症やハレを見つけて改善することで顔が小さくなります。

今まで小顔矯正をしてきて顔のハレや炎症などがなかった方はいません。

顔も自分で気が付かないで色々な状態を起こしています。

当院の院長は、顔を検査することで異常がある部分を見つけることに熟練しています。

小顔矯正をする時に

小顔矯正をする時に、当院では今現在の顔の大きさや幅、輪郭をおぼえてもらうようにしています。

鏡で見て判断はできるかも知れませんが、手だけで顔の大きさをおぼえると言うことは簡単ではありませんから、じっくり触っておぼえてもらいます。

触り方は

両方の手のヒラで顔を覆うようにして触ります。

この時に手のヒラが浮いたりすることなく密接して下さい。

そしてただ手のヒラを当てるのではなく左右を感じながら触ります。

これをしっかりしておかないと後で変化がわかりません。

人が測ると違う部分を測ったり、測り方が違ったりしますから、自分の手が一番、わかりやすいので自分の手で変化がわかるように触って下さい。

小顔矯正は

院長が小顔矯正をするときには手だけで小顔矯正をしていきます。

機械やクリームなどは使いません。

院長の手だけで顔を小さくしていきます。

小顔矯正の仕方はマッサージするみたいにして顔を揉んで顔を小さくしていきます。

しかしマッサージではありませんし、顔を揉んでいるだけで顔を小さくなることはありません。

当院の院長が小顔矯正をするから小さくなりますが、院長も目的をもって小顔矯正をしていきますから初回から顔が小さくなる小顔矯正です。

施術台に上向きに寝てもらって小顔矯正に入ります。

院長が顔を揉んでいきますから力を抜いてください。

時々、院長がもう一度、顔を触ってもらいますから、そのたびに顔の大きさが小さくなって小顔になっていきます。

小顔矯正をした後、もう一度、顔を触ってみて下さい。

20分くらいの集中してする小顔矯正なので時間は短いですが、逆に、効果は一番です。

体質改善で小顔矯正

当院には体質改善という治療法があります。この治療法は体の中から直すこと、強くすること、若返ること、アンチエイジングする治療をすることで顔を小さくしていく小顔矯正です。

体の中と言うと内臓になりますが、内臓からつよくしていくと顔が小さくなって維持する力、持続力が上がりますし、小顔効果も抜群です。

いかに小顔矯正といえども体に影響しているのか、逆に、顔が体の影響を受けているのかと言うことがわかります。

体質改善の治療は1回で終わることはありません。状態に応じて直していくことになります。

体調から上げていく小顔矯正も、1度ですべて上がりきるものではありません。状態に応じて上げていくことになります。

 

小顔矯正で顔を小さくするためには

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから小顔矯正が人気がある徳力整体院。

2017年07月31日

腰痛

腰痛

腰痛

腰痛には腰の痛みを起こす原因がありますから一時抑えよりも、原因から改善することをしています。

どうして腰が痛くなるのか??腰痛が起きるのか??と言う原因があります。

腰痛が起きるときには切っ掛けで起きています。

この切っ掛けとは姿勢です。

姿勢と言うのは重いものを持つ、中腰で体を伸ばそうとしたら腰が痛くなって腰痛になった、くつしたを履こうとしたら腰が痛くなって腰痛になった、何かを取ろうとして体を伸ばしたら腰痛になった、車の運手を長くしていたら腰が痛くなった、くしゃみしただけで腰に痛みが走ったなどなどが切っ掛けです。

腰痛の原因があっても切っ掛けがないと痛みにばなりません。

腰痛は切っ掛けと原因から起こります。この両方が重なった時に腰痛になります。

腰痛の切っ掛けと原因

腰痛の切っ掛けと原因は関係がありますから、両方ともそろわないと腰痛にはなりません。

切っ掛けとなるものは説明しましたので、原因の説明をします。

腰痛の原因となるのもは骨盤の歪み・背骨のズレです。

骨盤の歪み・背骨のズレがあると体を支えることができませんから、体を支えることができない姿勢をすると腰痛になります。

この切っ掛けと骨盤の歪み・背骨のズレの両方が揃ったときに腰を痛めやすく腰痛になります。

例えば骨盤の歪み・背骨のズレがあるときに、何かを取ろうとして体を伸ばすと上体を骨盤が支えることができませんから、これで腰痛になります。

車の運転などで同じ姿勢をしていると、それだけでも骨盤の歪み・背骨のズレが起きて歪みやズレが大きくなりますから、骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなると不安定になって上体を支えることができないで椎間板ヘルニアや腰痛になります。

腰痛の原因になる歪みやズレは

腰痛の原因になるものは骨盤の歪み・背骨のズレですが、この骨盤の歪み・背骨のズレがどうして起きるのか、と言う事です。

骨盤の歪み・背骨のズレにも起きる原因があるから歪みやズレになります。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは疲れやストレスが原因です。

疲れやストレスが体にたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。

この疲れやストレスはどこにたまるのか、と言うことがありますから、そこを見つけていく必要があります。

しかし、普通は内臓にたまります。内臓といっても疲れやストレスの蓄積です。病気ではありません。

内臓にも多くの疲れやストレスはたまりますから、内臓にたまると体の中から歪みやズレが起きていきます。

大腰筋、腸骨筋の狂い

骨盤の歪み・背骨のズレが起きると大腰筋、腸骨筋という筋肉にもバランスの狂いが生まれます。

このバランスの問題がさらに重なって腰痛になります。

内臓と言っても色々な内臓がありますから、腰痛に一番、関係しやすい内臓は腎臓です。

つまり腎臓疲労から骨盤の歪み・背骨のズレが起きて腰痛になる原因を作って、あとは切っ掛けがあると腰が痛くなると言う事です。

腰痛の治療は

腰痛を治療していく時には、まずは筋肉のハレや炎症を改善することをしていきます。

そして骨盤の歪み・背骨のズレや椎間板ヘルニアの改善と腎臓の炎症やハレと働きを良くしていきます。

ほとんどの腰痛の場合、これらを改善していくと楽になります。

しかし、当院では、その先の治療もあります。その先の治療は体質改善 アンチエイジング 若返りの施術という治療です。

腎臓に疲れやストレスがたまりやすいのは腎臓が弱いからです。

弱い腎臓に疲れやストレスがたまると骨盤の歪み・背骨のズレになります。これを強くしていくのが体質改善の治療になります。

腰痛の原因は

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから腰痛なら徳力整体院。

2017年07月26日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正

当院の小顔矯正は初回から顔が小さくなる小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正は当院だけの小顔矯正をしていますから、ほかの小顔矯正は知りませんが、当院では初回から顔が小さくなることで人気がある評判の良い小顔矯正をしています。

小顔矯正をする時に顔を無理に押さえつけたりすることもなく安心で安全な小顔矯正をしています。

当院の小顔矯正はマッサージするみたいにして小顔矯正をしていきますがマッサージをしている訳ではありません。

当院の院長がマッサージするみたいにして顔を揉むようにすると顔が小さくなるからマッサージしているようにしかみえませんが院長の手と秘密の技術を使いながら小顔矯正をしていきます。

小顔矯正をする時に

当院では小顔矯正をするときに矯正に入る前に顔を自分の手で触って大きさをおぼえてもらいます。

自分の顔を手で触って大きさを確認して覚えてもらって小顔矯正にはいります。

小顔矯正も1回で終わることはありません。と言うのは1回ですべて変える事はできません。

小顔矯正と言っても顔だけの小顔矯正と体全体から変える小顔矯正があります。

初回は顔だけ触って小顔矯正をしていきますが、顔だけだと戻りやすく維持する力がありません。

いくら良い小顔矯正をしても体に疲れやストレスがたまっていたり、また、骨盤の歪み・背骨のズレがあるとキレイに見えません。

ただ、顔を小さくすれば良いと言う訳ではありません。

小顔矯正をする時に

小顔矯正をする時には顔だけだと持続力がありませんから、はっきり言って戻りがあります。

顔を引き締めていくなら体調や体質や疲れやストレスを減らすこと、骨盤の歪み・背骨のズレを解消することからしていかないと。

どんなに最高の小顔矯正をしても体調が悪かったり、骨盤の歪み・背骨のズレがあると全然だめです。

小顔矯正をするということは1回で終わらないと言う事です。

体調や調子が悪いのに小顔矯正をしても効果や持続力がないのは、これが原因です。

小顔矯正をする時には比べること

小顔矯正をする時には小顔矯正に入る前に自分の手で顔を触っておぼえてもらいます。

当院では1回、1回、顔が変わるので、小顔矯正に入る前に顔を触ってもらいます。

受ければ受けるほど顔が小さくなるからです。

そして当院の小顔矯正はウエストが細くクビレができる矯正でもあります。

体から変える事をしているのでウエストまで細く引き締まっていきます。

小顔矯正には2つの小顔矯正があります

当院の小顔矯正には2つの小顔矯正があります。

一つは体調を上げていくことで小顔矯正をしていきます。

体調が良くなって上がってきたら体質改善の治療で小顔矯正をすることができます。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は小顔矯正が評判の良い人気がある小顔矯正をしています。

2017年07月24日

腰痛

腰痛が起きるのは

腰痛

腰痛、腰の痛みを感じる時には骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

腰痛が起きる原因が骨盤の歪み・背骨のズレだからです。

急激な痛みは湿布を貼っても、低周波治療器や電器をしても、マッサージしても楽になることもありますが骨盤の歪み・背骨のズレは残ったままになっています。

骨盤の歪み・背骨のズレは湿布を貼っても、低周波治療器や電器をしても、マッサージをしてもなくなりません。

多くの湿布を貼っても、電気をしても、マッサージしても骨盤の歪み・背骨のズレがなくなるわけではなく残ったままです。

この残ったままの骨盤の歪み・背骨のズレが腰痛の繰り返しを起こしたり、癖になると言う事の原因になったり、腰痛がないときも骨盤の歪み・背骨のズレは進行していきますから、腰痛があるないかかわらず坐骨神経痛になったりして足に痛みやシビレを起こしていきます。

また、骨盤の歪み・背骨のズレですから骨盤臓器のトラブルが起こりますから、骨盤の内臓の働きに影響が出て生理痛、生理不順、便秘、おりものが多い、尿漏れ、下痢、膀胱炎、膣炎、性交痛、勃起不全、卵巣炎、子宮炎などが起こりやすくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレの歪みや開きは、多くの場合、これらに関係して起きています。

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレ

腰痛がある時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

というか逆に骨盤の歪み・背骨のズレがあるから腰痛になっています。

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレがないと起きません。

腰痛がある時には、必ず骨盤の歪み・背骨のズレがあります。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるから腰痛になりやすくなります。

当院では骨盤の歪み・背骨のズレを痛くない怖くないマッサージ感覚で整えていきます。

何も骨盤の歪み・背骨のズレを矯正する時にボキボキする必要もなく、痛い目にあう事もなく怖くもなくマッサージするみたいにしても骨盤の歪み・背骨のズレを矯正するテクニックを有しています。

当院では検査で骨盤の歪みの状態を判断することができます。

背骨のズレも検査することでわかりますし、背骨にある椎間板ヘルニアも一瞬で判断できます。

椎間板ヘルニアと言うのも特別なモノではなく誰でもある場合が多くあります。

自分でも気が付かないで椎間板ヘルニアにも進行している場合がありますが、当院の院長は検査することで椎間板ヘルニアの度合いを判断できます。

骨盤の歪み・背骨のズレが腰痛になる

 

骨盤の歪み・背骨のズレは起きる原因は?

骨盤の歪み・背骨のズレも起きる原因があって起きています。この骨盤の歪み・背骨のズレが腰痛につながる訳ですが。

どうして骨盤の歪み・背骨のズレになるのか????

姿勢で起きるのか???

と言う理由があります。

骨盤の歪み・背骨のズレも理由があるから骨盤の歪み・背骨のズレになっています。

何も原因がないのに骨盤の歪み・背骨のズレが起きることはありません。

特に背骨は脊髄を守っています。そんなに簡単に背骨がズレたりしたら脊髄を守ることができません。

だから、姿勢や重いものを持ったりすることや体をひねったりすること、何かを取ろうとして体を伸ばしたら骨盤の歪み・背骨のズレが起きたと言う事はありません。

つまり骨が外れたと言う事はありません。

骨盤の歪み・背骨のズレが起きた原因

骨盤の歪み・背骨のズレが起きた原因は体の中に原因があります。

体の中と言うと何があるのか、と言う事になります。

骨盤の歪み・背骨のズレを起こするのは姿勢でもなく、重いものを持ったから外れて分けではなく内臓です。

内臓といっても疲れやストレスの蓄積です。

ですから内臓の病気ではありませんから、病気と思わないで下さい。

内臓も疲れたり、ストレスをためていきます。

この内臓にためてしまった疲れやストレスが骨盤の歪み・背骨のズレの原因です。

体の内側に原因があって骨盤の歪み・背骨のズレになっていきます。

内臓疲労が原因

内臓にたまった疲れやストレスが原因で骨盤の歪み・背骨のズレが起きていますから、内臓の中にたまった疲れやストレスを減らしていきます。

内臓にたまった疲れやストレスを減らしていくと徐々に骨盤の歪み・背骨のズレが安定しやすくなります。

内臓疲労を減らす技術は簡単ではありませんから、誰でもできる技術ではありません。

当院では腰痛を楽にしていくことを内臓から施術していきます。

そして腰痛が起きた方はある腰痛に関係する内臓の弱さがあります。

この弱さの為に腰痛になってしまいますので、腰痛に関係する内臓というのは腎臓です。

ですから腎臓の働きを良くして骨盤の歪み・背骨のズレがなくなったら腎臓を若返らせていきます。

この治療のことを体質改善といいます。

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで腰痛を楽にしています。

2017年07月21日

肩こり

肩こり

肩こり

肩こりには原因があります。肩こりを起こす時も何かの原因があって肩こりになっています。

肩こりを感じるときには体調の低下が疑われます。

体調が落ちると背骨の歪みが起きるからです。

背骨の歪みが起きると筋肉は緊張したり緩んだりしてリンパの流れを停滞させて老廃物を多くためていくからです。

体調が落ちると言うことは

疲れやストレス

疲れやストレスが多く蓄積したのもが体調ですから、どれだけ疲れやストレスが蓄積しているのかと言う事につきます。

疲れやストレスがたまっていないかたはいません、ということは多少なりとも歪みはあるわけです。

しかし、歪みがあっても痛みやこりがおきているとは限りません。

初歩のうちは歪みが起きていても程度がありますから痛みやこりになっていません。

歪みがあるからと言ってスランプ状態に陥ることはあります。

体調が悪くなることはあります。

体調が悪いと内臓の働きも低下しています。

体調が悪いと便秘症の方は余計に便通が悪くなります。

生理の時に体調が悪いと生理痛がひどく出ます。

肩こり体質の方が体調が悪くなると肩こりを強く感じます。

体調が落ちて悪くなっていくと背骨の歪みが起こります。

背骨の歪みが起きれば筋肉も緊張したりしてコリを起こしていきます。

肩こりを解消するためにも

肩こりを改善するためには体調から上げていくと同時に筋肉のこりを解消していく必要があります。

筋肉のこりを言うと僧帽筋という筋肉のこりなので僧帽筋をほぐしていきます。

僧帽筋から肩こり

 

何よりも肩こりを起こしている直接的なものは僧帽筋のこりですから。

僧帽筋のこりをほぐして来たら

背骨の歪み、椎間板ヘルニアを減らすこと

背骨の歪みや椎間板ヘルニアの原因が起きた原因があります。

肩こりには僧帽筋のこりですが僧帽筋のコリだけで起きることはあまりありませんので、その上に背骨の歪みがあります。

そして背骨も何も原因がなくて脊椎を守っているので、そんなに簡単に曲がったら大変です。背骨の歪みを起こすのは内臓です。

内臓と言っても病気ではありません。

内臓にたまる疲れやストレスが原因で背骨は曲がっていきます。

だから内臓にたまった疲れやストレスから減らすこと。

言葉で言うのは簡単ですが、ではどうすれば減らせるのか。

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで肩こりを改善するカイロプラクティック徳力整体院

2017年07月18日

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤矯正

骨盤が小さくなって小尻になる骨盤矯正が人気です。当院では必ず初回から骨盤が小さくなって小尻になりますから、骨盤矯正に入る前に骨盤の横を触っておぼえておきましょう。

骨盤矯正した後に、わからないといけませんから自分の手で骨盤の両横を触っておぼえてもらいます。

おぼえとかないと変化がわかりません。当院ではご自分の手の感覚を大切にしています。自分の手で骨盤の変化がわかるから、また、わかるくらい変わるから人気なんです。

骨盤矯正をしていく時には

骨盤矯正をする時には、当院では必ずお約束があります。

これは自分の手で骨盤を触っておぼえることです。これは簡単なことではありませので、簡単に思ったり、簡単に触るとわからない場合があります。

わからないことがないように骨盤の両横を触ってしっかりおぼえて下さい。

この骨盤の両横を触る時に、左右差を感じながら触るとわかりやすいようです。

骨盤も自分を中心にして左右差があります。

左右差を感じながら、どちらが大きいか判断するように触ると骨盤の変化が良くわかります。

この触り方をすると多くの方が変化がしっかりわかってくれますから。

おぼえたら骨盤矯正にはいります。ベットに寝てもらったら、もう一度骨盤を触ってもらいます。

おぼえたら院長がマッサージするみたいして骨盤矯正をしていきます。もんだり押したりしながら骨盤矯正をしていきます。

院長がもんだり押したりするだけで骨盤が小さくなっていきます。

院長の手が特殊なのと秘密の技術をもちいて骨盤矯正をしていきますからマッサージしているように見えて骨盤が小さくなっていきます。

マッサージ感覚という感じで骨盤を小さくしていきますが、マッサージではありません。

骨盤をもむようにしているだけですが、本当にそれだけで変化して骨盤が小さくなっていきます。

これが真実です。

骨盤が小さくなる骨盤矯正を数回受けたら、こんどは次のステップに進むことができます。

次のステップとは、体質改善で体の中から変えていく骨盤矯正です。

例えば、便秘、生理痛、生理不順、膀胱炎などがあると骨盤の小ささを維持することができません。

骨盤が大きくなる原因は内臓にもあります。

内臓にも

骨盤が大きくなることは内臓にも大きな関係をしています。

そして

骨盤を小さくしていくためには、体調も関係しています。

自分でも気がつかないで体調が悪くなったり睡眠負債がおおくなっている方がいます。

睡眠負債が多いと骨盤周辺に脂肪がつきやすくなりますし浮腫みやすくなります。

そして体調が悪いと骨盤の歪み・背骨のズレがありますからゆがみがあると代謝が悪くなりますし、リンパの流れも停滞しています。

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから骨盤矯正が人気です。

2017年07月14日

骨盤矯正

人気がある骨盤矯正

骨盤矯正

当院では初回から骨盤が小さくなることで人気の骨盤矯正をしています。

当院の骨盤矯正はボキボキしたりすることなく痛くもなく怖くもなく骨盤を小さくすることをしています。

骨盤矯正をする時には院長が直に骨盤矯正をしていきますが、院長の手が特殊なのと秘密の技術を使って骨盤矯正をしていきますが、マッサージするみたいにして骨盤矯正をしていますが、マッサージではありません。

マッサージ感覚で骨盤をもむようにして骨盤が小さくできる特殊な骨盤矯正をしています。

普通は、マッサージしたり、骨盤をもむようにしても骨盤は小さくなりませんが、院長が骨盤をもむようにするだけで骨盤が徐々に小さくなっていきます。

特殊な骨盤矯正

当院の院長は特殊なことができますが、マジックではありませんから、理論もしっかりある技術を使います。

そして院長は検査することができますから、検査することで骨盤の状態を検査して見つけることができます。

骨盤矯正といっても無理な骨盤矯正ではありませんが、多くの方の骨盤には異常があります。

この異常状態を見つけることで骨盤が小さくなっていきます。

自分でも骨盤に異常を感じていないでも痛みがなくても、骨盤は多くの異常を起こしています。

そのため、誰でもできる技術ではありませんが、できるから簡単にしているように見えます。

簡単にできる、見える骨盤矯正ほど、難しい技術はありません。

骨盤矯正をする時に

当院の院長は検査ができると言いましたが、この検査をすると骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の炎症、骨盤のハレ、骨盤が大きく膨れている、恥骨の炎症、内臓のハレ、内臓の弱り、内臓の炎症と言うことがわかります。

骨盤の問題がある方は生理痛、生理不順、便秘、下痢、膀胱炎、膣炎なども起こりやすくなります。

それを正しい方向に、正常にしていくと骨盤が小さくなります。つまり小尻になることができますから、自然な状態の骨盤矯正ができます。

そうすると骨盤から足のラインがキレイに見えます。

当院の骨盤矯正は他ではしていない特殊な骨盤矯正です。

 

骨盤矯正で骨盤の歪みや開き
人気の骨盤矯正

当院では人気の骨盤矯正をしています。骨盤矯正をするときに多くの方が骨盤が開いている方が多いようです。

骨盤が開いていると骨盤周辺が大きくなりやすく脂肪がつきやすく太くなります。

骨盤が開いていると生理痛、生理不順、便秘、膀胱炎、卵巣炎、子宮の問題が起こります。

骨盤が開いたりするのも原因があっておきています。

当院では骨盤の開きの原因からかえていくようにしています。

骨盤の状態を検査することで

骨盤の状態は検査することで確認しています。

当院では独自の検査法がありますから、その検査することで骨盤の状態を見つけていきます。

骨盤矯正をして小尻になるためには、検査も重要になります。

骨盤の歪みや開きがある時には、体調が落ちています。

体調が落ちると代謝も悪くなるし、リンパの流れも停滞して老廃物が多くたまっていきます。

代謝やリンパの流れがわるくなると循環がうまくいきませんから、それだけでも代謝がわるくなります。

悪くなると太りやすくなります。

小尻にするためには

どこをどうしたら骨盤が小さくできるか、ということを検査して判断していきます。

だから初回から骨盤が小さくなる事ができます。

骨盤矯正をなにも目的がなくしても効果は出てきませんから、目的をもって骨盤矯正をして小尻にしていくことです。

骨盤が大きくなると足も、それ相応に太くなります。

そして骨盤が歪みや開きだけではなく、もっと複雑になっている方もいます。

初回からすべてわかるものではありませんから、状態を検査して見つけて変える事をしていきます。

 

 

骨盤矯正

 

骨盤矯正で小尻にしていく為には

骨盤矯正で骨盤を小さくなる北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院。

2017年07月11日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正をしていくときに一番、効果がある小顔矯正をしています。

小顔矯正

 

当院では小顔を希望される方が多く来院していますが、小顔矯正を受けてもらうときに自分の手で顔を触ることを重要視しています。

他人が測る計測器やメジャーなどでは位置が違ったり、測り方があいまいだったりしますから、自分の手で触ってもらう事が一番だと思っています。

目で見るよりも

しかし、目で見ないで手だけで触ると言うことは大変、難しく簡単ではありません。

いい加減に触った方ほど、いくら顔を小さくしても分からない方がいます。

手で触る時には脳を働かせて感覚神経の力を動員しないとわかりませんから。当院では一番わかりやすい触り方を教えていますが、これでもダメな方もいます。

ですから触り方を真剣に聞いて小顔矯正をうけるようにしてください。

当院では無理な小顔矯正をしていませんので痛くもなく小顔にしていくことができます。

小顔矯正で顔を小さくしていく時には

小顔矯正で顔を小さくしていく時にはできるだけ顔が小さくなる小顔矯正をしていますから、初回から顔が小さくなります。

小顔矯正の治療でで顔を小さくしていくときに、当院では必ず顔を触っておぼえてもらうようにしています。

自分の手で顔を触っておぼえてもらいますから、自分の手の感覚で顔が小さくなったのがわかります。

そして

当院では体質改善という治療法があります。

この体質改善で小顔矯正をすると効果が全然違います。

体質改善んも治療ができるのは、初回からできる方はいません。

初回は体調も落ちていますから体調から上げていくことをしないといけませんので。

自分で体調は良いと思っている方もいますが、体調の感じ方が違います。

最近は、睡眠負債の方が増えています。

睡眠負債というのは眠りの負債状態です。

寝る時間、眠りの質がない方が多くいます。

睡眠負債が多い方ほど体調は落ちています。

体調が落ちると骨盤の歪み・背骨のズレがおきています。

体調が落ちると内臓の働きが悪くなります。

睡眠負債を減らすこともしていますが簡単ではありません。

簡単に良く睡眠負債はありません。

 

 

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などからで小顔矯正をするなら徳力整体院。

2017年07月07日

浮腫み

浮腫みを解消する

浮腫み

浮腫みを解消したいなら浮腫みの原因になっているものから減らす必要があります。

 

浮腫みと言うと代謝を良くするとかリンパの流れを解消するとか言われますが、浮腫みと言うのは体調と体質から起きていますので基本的なことが全然違います。

浮腫みを解消すると言うサプリメントや薬があったとします。そのメーカーは、だた、代謝を良くする、代謝を上げると言う基本的な概念で研究していきます。

代謝を上げるには唐辛子成分だとか、体温を上げるとか、言いますが、全然違います。

浮腫みを解消したいと思っている方の体の状態を見てみればわかりますが、これを説明するのは難しくなりますから、簡単に言うと体調です。

体調と言うのは体調が悪いということです。

体調が悪いと代謝が良い訳ありません。

体調が悪いと体調が落ちてしまうと、疲れの蓄積、ストレスの蓄積、浮腫みやすい、脂肪になりやすい、そして、体の歪み、骨盤の歪み、背骨のズレ、内臓の機能低下、筋肉のコリ、筋肉の緊張、椎間板ヘルニア、神経圧迫、リンパの流れの低下で老廃物がたまる、血流不足、脳への血流不足、脳せき髄液の生産低下、血中酸素不足、などが起きています。

以前、体調が悪いですねと患者さんに言うと「いいえ」と言う答えが返ってきました。そのあとに「ストレスはたまっているけど」言われました。

絶句してしまって言い返せませんでしたが同じことです。

体調が悪いと言う事はストレスが蓄積しています。

体調が悪いということは疲れが多く蓄積しています。

良く考えもせず使っていて、納得していることですが。

減らしたいなら

浮腫みを本当に減らしたいなら体調から上げていくことを考えて下さい。

体調を数回にかけてあげていくと浮腫みは確実に減っていきます。

体調を上げると骨盤の歪み・背骨のズレは減っていきます。

骨盤の歪み・背骨のズレがあるということは、それだけでも代謝、リンパの流れ、循環が悪くなります。

しかも、骨盤の歪み・背骨のズレは体の中が原因で起きています。

何も原因がなくて骨盤の歪み・背骨のズレになることはありません。

骨盤の歪み・背骨のズレは内臓疲労から起きています。

内臓疲労が現代病と同じで多くの方に起きていますが痛みやこりになっていない感じていない方も多くいます。

骨盤の歪み・背骨のズレを改善して浮腫みを減らすことをしていくと浮腫みは減っていきます。

体調を上げると浮腫みは減って解消していきます。

体調を上げると内臓の働きが良くなれば浮腫みが減ります。

体調を上げると代謝率が上がって浮腫みが減りやすくなります。

体調を上げると循環が良くなって浮腫みが減ります。

 

 

体質を改善していくと浮腫みがさらに減って維持しやすくなります。体質改善は体の中を治すことです。

例えば、内臓の老化が起きて固くなっていきます。内臓が固くなることが体質を落とすことになります。これを変えていくのが体質改善、アンチエイジング、若返りの施術です。

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから徳力整体院は浮腫みを解消する。

2017年06月08日

ダイエット

ダイエット

ダイエット 痩せる

ダイエットしたり体の細くしていくのは痩せるということですが、体重ばかり気にしないで体重を減らすことよりも見た目から変えていきませんか。

初めに体重ばかり減らすことを気にしていると調子が悪くしたり健康的で美しく細くなることができません。

体を細くしたりダイエットしたりするなら見た目から変えていくことをしています。

体重は人に言わないとわかりませんが、体が細く引き締まっていけばだれでも痩せてきたと言います。

他人は見た目が一番大事なので、体重よりも細くなることで痩せてきたと思います。

体を細く引き締めていくためには

体を細く引き締めていたためには体調が一番大事ですから体の調子から上げ、整えていこうとしています。

何よりも体調が悪いと代謝も悪くなって循環も悪くなります。体調が悪くなるとむくみも起こりやすくリンパの働きを解消して老廃物の流れを良くしてます。

ダイエットしたり体をほぐしたり色々な方法がありますが多くの場合一番肝心、大事な体調というのは全然関係なくダイエットしようとしていますが一番重要なことが体調をです。

最近は多くの方が体調が悪くかなり無茶苦茶といっていい方法としています。

むちゃくちゃ落としている人ほどどれぐらい落ちてるかといことも分かっていません。

皆さん体調はいいと勘違いしている方が多いようです。

体調というのは落ちれば落とすことが際限なく限界なくできます。

限界なく落ちていくのが体調です。体調が起きればゆがみも起きています。ゆがみが起きれば循環や体調も悪くなって流れが滞っていきますので流れが滞るとむくみや脂肪になりやすく太くなるか太りやすくなります。

体を細くするために

体を細くするためには体調から整えて行くだけで体が初回から細くなってきます。簡単に言っていますが分かりやすく言うために簡単に行けますけど大変高等テクニックでレベルが高いテクニックです。

レベルは高いけど院長がすれば治療ができるので簡単にしていますが、誰でもできる治療のテクニックではありません。

できる人がするからできるわけです。

必ず治療する前には

治療する前には体を触って幅などを触って覚えておいでください。

治療した後と治療する前を比べることができると思いますのでしっかり触って思えとかないといくら変化したかどれぐらい細くなったかわかりません。

メジャーで測ることなく自分の手で触って覚えてもらえます。

必ず誰でも変わりますからしっかり変わって覚えておきましょう。

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市の徳力整体院

 

2017年04月22日

小顔矯正

小顔矯正

小顔矯正

初回から顔が小さくなることで人気が高く評判の良い先生がしている小顔矯正です。

当院の小顔矯正はボキボキしたりもしないし、痛くもない顔を無理に押さえつけたりしない小顔矯正です。

小顔矯正

 

顔を小さくしていくには

顔を小さくしていくのは、いくつかの条件があります。

いくつかの条件とは、体調、歪み、内臓の働きです。

まず、①、どんなに良い小顔矯正をしても体調が悪いと効果も半減していきます。つまり、顔を小さくなりにくいということです。

そして、②、歪みがあると浮腫みが起きやすく、浮腫みが減りにくくなります。

③、内臓の働きが悪くなると顔が変形していきます。浮腫みの起きやすくなります。

当院では

小顔矯正をしていくときに、初回から顔を小さくして顔が小さくなるということを実感してもらうために初回は歪みよりも、体調よりも、内臓の働きを上げるよりも、顔だけで小顔矯正をして顔がどれだけ、小さくなるかお見せします。

しかし、小顔矯正した後の大きさを維持はできないと思います。

それは先ほどから説明しているようなことが原因です。

でも、初回は顔を小さくしていかなければいけませんので、できるだけ、顔を小さくしていく小顔矯正をしていきます。

小顔矯正の進行は

先日、小顔矯正の希望で来院された女性の方は、顔を見てみると顔の皮膚が腫れていました、そして顔の骨まで炎症や腫れていることがわかりましたので、本人にも説明して、いろいろな顔の部分の腫れがありますから、この腫れを改善することで浮腫みや顔の重さ、顔色、顔が明るくなる、顔が小さくなる、ことが起こりますよと説明して、施術台に寝てもらいながら、顔の大きさを再確認してもらいました。

2分くらいで、一度、顔を触ってもらいました。というのは、もう、この方の場合、顔が小さくなっていったからです。

この時も、ご本人にも、顔が変化したのがわかりました。

さらに、変えていきますから、今の顔の大きさもおぼえておいてください。

と説明して、また、院長が顔を触っていきました。

院長が顔を触って、もうしばらくして、また、顔がもっと小さくなって浮腫みも減ってきたので、また、患者様に顔を触ってもらいました。

さらに変わっているのが、この方にもわかりました。

最終的に、かなり顔が小さくなることができました、が、この小顔矯正した後の、大きさを維持するのは困難です。

今の現状では、戻りがありますけど、初めの顔の大きさには戻りませんが、維持しやすく、効果も大きくしていくためには、体の歪みや体調を上げること、疲れやストレスをへらすこと、内臓の働きを良くすることと、体質改善の施術でアンチエイジング、若返りの施術をしていくことも必要です。

当院の小顔矯正は

① 顔を触って小顔矯正で顔を小さくする

② 2回目から体の歪み、疲れやストレスを解消、内臓の働きを上げる

③ 3回目以降に体質改善、アンチエイジング、若返りの施術の施術ができます。

一番効果が大きく、持続力が上がることでも人気がある体質改善ですが、初回からはできません。

しかし、体質改善の施術は体の中から変えていく施術です

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などから小顔矯正なら顔が小さくなることで人気が高い評判の良い有名な先生が小顔矯正をしている徳力整体院。

2017年04月10日

肩こり

肩こり

肩こり

肩こりは筋肉のコリという感じですが、筋肉も硬くなったり、緊張したり、リンパの流れが滞って老廃物がたまったり、筋肉疲労が起きたり色々な肩こりがあります。

肩こりといっても色々な肩こりがありますので、人に合わせて肩こりを改善していきます。

しかし、

多くの肩こりで来院された方は、筋肉だけの肩こりの方は、30年間、肩こりを改善することをしてきましたが、今までいません。

筋肉のコリなのが肩こりを起こしているのか、検査すると肩の筋肉を触ればわかります。

リンパの流れ

リンパの流れが滞って老廃物がたまっていれば検査でわかることができます。

筋肉で肩こりが起きているのか、歪みで肩こりになっているのか、そして歪みから肩こりになっているのか、検査で判断できます。

しかし、多くの方が初診時は体調が悪く調子を落としていることが多くなっています。

痛みやコリの症状と体調というのを考慮してほしい所ですが、多くの方が体調は気にしていません。

すべての元凶は

体調なんですが、体調から上げていくことからしないと安定しないのですが。

多くの方が体調は関係ありません。

今の症状を楽にすることも優先していきますが、体調というのは疲れやストレスがの蓄積度合いです。

改善していくためには

肩こりを改善していくためには、

●筋肉のコリがどうして起きたのか? 筋肉のコリが長く続くのか?

●どうして歪みが起きたのか?

必ず、この2つの問題があります。

肩こりには何も原因がなくて肩こりがおきることはありません。

肩こりにも肩こりになる原因があります。

① 筋肉のコリ

② 歪み

③ 歪みが起きた原因

以上の3つが肩こりの原因です。

①と②は説明しましたが、歪みには歪みを起こした原因があります。

この原因とは、内臓疲労です。

ほとんどの場合、内臓に疲労がたまって歪みになっています。

歪み=内臓疲労からです。

多くの肩こりの場合、内臓疲労が原因で歪みが起きて、歪みが起きれば歪んだことが原因で筋肉が引っ張られてコリを起こしていきます。

これが肩こりです。

内臓疲労ですから病気ではありません。

 

 

肩こり

 

 

 

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市で肩こりを改善しています。


2017年04月07日

頭痛

頭痛

頭痛が起きるときには、原因があって頭痛になっているので薬ばかりで一時抑えをしていると、原因はどんどん頭痛が起きていない時でも進行していきます。

原因がなくて起きる頭痛はありません。

必ず何かの原因で頭痛が起きています。

この原因から変えていかないと原因は頭痛がない時も進行してしまってゆくゆくは大変なことになります。

痛み止めは、あくまでも痛み止めですから、解消しているわけでもないし、治療しているわけでもありません。

痛み止めは

頭痛薬に代表される痛み止めは、一時抑えです。

一時抑えとは、その時の急性状態を解消するのが目的です。

つまり痛み止めとは一過性であり治しているわけではありません。

生理痛などにも同じことが言えますが、頭痛も原因があって起きています。

痛み止めは、どこまで行っても一時的な痛み止めです。

こんなことを続けていて抑えていると、原因は進行していっています。

しかも、現在、進行形で。

少し前に見たテレビの放送で、頭痛持ちの方の半分が脳梗塞や脳の病気を患っているといっていました。

これは、本当のことだと思います。

当院でも、頭痛はとことんまで原因を解消していかないとと思っています。

そんな簡単に考えていいものかと、思うこともあります。

原因からとことんまで解消していかないと、原因は進行中です。

つまり、進んでいっています。

簡単に原因が改善すると思わないでください。

起きてしまってからでは遅いんです。

また、脳梗塞や脳出血が起きないまでも、認知障害に進む可能性もあります。

それは、頭痛が起きやすい方は、夜に寝て朝まで起きなければ寝ていると思っている方が多くいるということです。

頭痛持ちの方や以前頭痛が起きていた方は、現在も進行中だからです。

頭痛が起きないから治ったと思うのは早いです。

もう通り越していると、頭痛は起こりません。

頭痛持ちの方が頭痛が起きなくなったら、要注意が必要です。

 

頭痛

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市で頭痛を解消するなら原因から施術する徳力整体院。

 

 

 

 

 

2017年04月05日

骨盤矯正

骨盤矯正

小尻になる骨盤矯正

当院の骨盤矯正は初回から小尻になる骨盤矯正をしています。初めから骨盤を小さくしていくので骨盤矯正に入る前に骨盤の大きさを自分の手で触っておぼえてもらいます。

骨盤の両横に手を置いて骨盤の幅をおぼえるようにして触ります。

この時に内側に少し押しながら触ると変化がわかりやすくなります。

特徴がある骨盤矯正をしています。

骨盤を小さくしていくためには骨盤の歪みから解消していかないと小尻になることはありません。

骨盤矯正

 

当院では、骨盤矯正の方が良く来院されて小尻にしてほしいと言われますが、多くの方が骨盤の歪みが起きています。

この骨盤の歪みを整えるだけでも、小尻になることはあります。

しかし、何も原因がなくて骨盤の湯がんが起きることはありません。

何かの原因で骨盤が歪みを起こしています。

人それぞれ違う骨盤の歪みと原因を見つけていきます。

多くの方の骨盤の状態を検査してみると真ん中の仙骨(尾てい骨)の骨自体が炎症を起こして腫れている方もいます。

骨盤の骨ですから、骨も腫れたり、炎症を起こしたりすることは起こります。

人が生きているように、人の中にある骨も生きています。

骨も炎症が起きたりすると、骨盤が大きくなります。

骨盤が大きくなると代謝も悪くなります。代謝が悪くなれば浮腫みも起こります。浮腫みが起これば脂肪にもあります。

骨盤が歪めばリンパの流れが悪くなって老廃物も多くたまります。

骨盤矯正

 

 

 

 

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などから骨盤矯正で有名な評判の良い徳力整体院。

2017年03月02日

カイロプラクティック

カイロプラクティックというのはボキボキしないカイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックと言うのは背骨や骨盤を矯正するテクニックの名称でカイロプラクティック業界と言う事になります。

エステは美容ですがカイロプラクティックは健康の分野を担うことができる治療法です。

痛みやこりは歪みやズレから起きていますから、歪みやズレを改善することを目的とした治療をしていきます。

歪みやズレから起きる症状は色々あります。

腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛み、首のこり、膝の痛み、膝の痛み、などなどですが、体に起きるトラブルはすべて歪みやズレから起きています。

しかし、歪みやズレが起きるのは、他に原因があって歪みやズレが起きています。

この歪みやズレは姿勢で起きたりするものではなく猫背で起きるものではありません。

すべて内臓から歪みやズレが起きていきますから、内臓がどうなっているかのかと言う事になります。

内臓も病気ではありませんから病気と勘違いしないで下さい。

疲れやストレスは内臓にたまっていきます。つまり内臓疲労が歪みやズレの原因です。

ですから当院では内臓疲労を改善することをしていきます。

カイロプラクティックは

カイロプラクティックというとボキボキしたりしたりすることですが、当院ではボキボキしたりしたりすることはしていません。

電機も使うことなく痛くないカイロプラクティックで体の歪みを整えるカイロプラクティックの施術をしています。

カイロプラクティックといってもボキボキしないでも骨盤の歪み・背骨のズレを矯正して歪みやズレを整える事ができます。

カイロプラクティックというと背骨矯正術なので歪みから起きる痛みやコリなどに代表される症状が適応です。

カイロプラクティック

当院はカイロプラクティックの専門家で30年になります。

最新の機械はありませんが、最新の治療技術で解消と改善をしています。

歪みを矯正する

痛みやコリは全部、歪みから起きています。歪みから起きた症状を電機などで散らさないでください。

電機などで散らしていると、歪みが起きた原因は、そのままでとどまらず進行していきます。

痛みやコリには原因があります。また、原因が潜んでいます。

この原因から改善することをしているのがカイロプラクティックです。

カイロプラクティックというのは手の技で歪みを矯正することです。

カイロとは手という意味でプラクティツクというのは術、技といういう意味がああります。

手の技で体を整えていくことが目的ですからカイロプラクティックと言っています。

当院のカイロプラクティックの施術はボキボキしたりすることはありません。体をマッサージするようにして整えていきます。

マッサージするようにして体を整えていきますが、マッサージではありませんので、ご注意してください。

何が違うかというと目的も違いますし、マッサージは筋肉に対して施術している癒しです。

カイロプラクティックは背骨の矯正、骨盤の矯正、内臓矯正をしていることが違います。

癒しではなく体を治していくことが目的です

 

 

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などからカイロプラクティックなら徳力整体院。

2017年03月02日

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックというのはボキボキしたりすることですが、当院はボキボキしていません。

ボキボキしないで体を整えていくことをしています。

カイロプラクティックは歪みを矯正することで痛みやコリを改善する施術法です。

痛みやコリは歪みから起きていますが湿布や電機などを充てることでも、痛みやコリが楽になる可能性はありますが、痛みやコリの原因になる歪みは残ったままです。

歪みがあると、繰り返しやすく、痛みやコリがないときも歪みを起こした原因は進行して悪くなっていきます。

痛みやコリが楽になることだけだと、原因は残ってしまいますので、原因も解消していくようにしないと、根本的は変わりにくくなります。

悪化させたものは、今度は電機などや湿布では治らなくなります。

原因から

すべての痛みやコリには原因があります。

原因がなくて起きる痛みやコリはありません。

痛みやコリは歪みから起こりますが、歪みも何も原因がなくて起きていないということを言いましたが、この原因は、内臓の疲労から起きています。

内臓疲労が原因で歪みになります。

最終的には、すべての疲れやストレスは内臓に蓄積していきます。

内臓疲労がない方はいませんので、だれでも歪みはありますが、痛みやコリになっていないだけです。

歪みにも程度があります。

ひどいのから軽いのから色々な程度があります。

そして歪みは内臓から起きていますので下のイラストを見てください。

カイロプラクティック

 

背骨の歪みの位置で起きる症状が違います。

病気ではありません。弱りです。

A:首の部分は横隔膜の領域です。つまり、肺の弱いや、肝臓の弱りの時に異常を起こして痛みやコリになります。

B:肩こりなどに起きやすいのは、心臓、肺、肝臓、胃の弱いから起きてます。眠りが浅いと心臓は弱っていきます。セキが出やすい方は肺の弱りです。

 

 

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などから30年の経験があるカイロプラクティック徳力整体院。

2017年02月22日

頭痛

頭痛

頭痛は

頭痛が起きている方は、頭痛の原因があって起きています。頭痛には頭痛の原因がありますから薬などで抑えないで原因から改善していくように考えましょう。

頭痛が起きる方は、頭痛薬を持ち歩いている方は、最近の特徴があります。

その特徴は脳疲労が強いと言う事です。

脳疲労が強いと脳は弱っている所ではありません。

脳疲労が起きている原因は睡眠負債です。睡眠負債と言う言葉は最近、出てきた言葉ですが、多くの方が睡眠負債状態になっています。

睡眠負債になると脳は弱っている所ではありませんから、ものすごく強い脳疲労が起きています、この状態になると頭蓋骨を巻き込みながら脳も骨も垂れ下がっていきます。

つまり脳が変形しながら骨まで変改させていきます。つまり長細くなります。長細くなると耳の位置が変わっていきます。

前頭部のおでこの位置も垂れ下がって変わります。

最近はこう言う変な状態が頭痛になっていっています。

多くの方の頭痛は、脳の緊張や弱りから起きています。この弱りが脳の状態を悪くしてしまって頭痛になっています。

頭痛には頭痛の原因があると書きましたが、どうして頭痛が起きているのか理由があります。この理由を無視して薬などで抑ええて安心している原因は、頭痛がない時もどんどん進行していきます。

この原因が一番、厄介なんです。

頭痛は頭に起きているわけですから、最近見たテレビで、頭痛が起きやすい方は先将来、脳梗塞になりやすいということを聞きました。

私も、そうだと思います。

というのは、頭痛と先将来の問題は同じ事が原因で起きています。先将来の問題の暗示が頭痛です。

でも、今は病気でもありませんから、検査しても以上なしです。

病気には病気になっていく過程があります。病気もすぐになっていくわけではなく、進行過程があります。進行過程にありながら、時々、頭痛になっていない時も、原因は進行していっています。

ここが怖いところです。

体の悪さはとどまっることはありません。いつも進行過程なのですが、ばらつきがあります。

ばらつきというのは、良いところもあれば、悪いところもあると言うことです。

良いところはあまり頭痛のは関係なく、悪いところ、弱いところが、どんどん進行していくわけです。

頭痛の方は

頭痛の方は、脳疲労が強く起きています。脳疲労が強く起きていると脳はかなり緊張したり拘縮したりしていますが、循環も悪くなっています。

循環は血流ですが、血流が悪くなると老廃物も多くたまり、流れが悪くなります。流れが悪くなると老廃物も多くたまります。

頭痛

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから頭痛を楽にして原因から改善する

 

2017年02月19日

腰痛

腰痛

腰の痛み

腰の痛みや腰痛のある方は原因があって腰痛になっています。この原因から改善することをしないと原因は残ったままになっていますから、一気に悪化したり繰り返したり、椎間板ヘルニアになることも多くあります。

湿布を貼ったり、病院でブロック注射を打っても、サプリメントを飲んでも、薬を飲んでも、マッサージをしても、低周波治療器や電器をしても腰痛の原因である骨盤の歪み・背骨のズレはかわりませんし、変化しません。

腰痛は骨盤の歪み・背骨のズレから起きています。

骨盤の歪み・背骨のズレがおきているときに、重いものを持ったり、何かを取ろうとしたり、長く中腰の姿勢でいたり同じ姿勢を続けたりすることをすると腰痛になります。

つまり、体を支えられないことをすると腰痛になるということです。

重いものをもつなどのことは切っ掛けと言います。

いくら切っ掛けをしても骨盤の歪み・背骨のズレがないと腰痛はおこりません。

逆に

骨盤の歪み・背骨のズレがあっても切っ掛けがかさならないと腰痛にはなりません。

骨盤の歪み・背骨のズレが悪化したものが椎間板ヘルニアや坐骨神経痛です。

誰でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります

誰でも骨盤の歪み・背骨のズレはあります。腰痛になっていないだけで骨盤の歪み・背骨のズレはおきています。

この骨盤の歪み・背骨のズレが起きるのは体に蓄積した疲れやストレスです。

体に多くの疲れやストレスがたまればたまるほど骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなります。

骨盤の歪み・背骨のズレが大きくなると、いつかは切っ掛けになることをして腰痛になっていきます。

 

腰痛は

腰の痛みや腰痛が起きている方は、疲れやストレスがたまって体調が落ちています。体調が落ちると歪みが起こります。

この歪みは、体全体の歪みと骨盤の歪みと背骨の歪みです。

誰でも体調が落ちていくと、それを知らせるために体が歪みを起こしていきます。これは体が起こしているボディランゲージです。

危険信号ということです。

体が起こす知らせを軽く見ていると大変なことにもなります。

痛みは

骨盤の歪みが起きると、筋肉やじん帯が体を支えられないで急に腰にきたり、徐々にきたりして腰の痛みになります。

骨盤が緩んだ時に、悪い姿勢をすると、これが切っ掛けとなって腰痛は起こります。

腰痛が起きる切っ掛けは色々あります。

切っ掛けは

切っ掛けは姿勢が主ですが、庭仕事で触ってしていたら立とうとしたときに腰が痛くて伸ばせないとか、重いものを持ったら急に腰が痛くなったとか、靴下を履こうとしたら腰が痛くなったとか、運動していたら腰が痛くなったとか、長く運転していたら腰が痛い、寝ていたら腰が痛くなる、くしゃみをしたら腰が痛くなった、何かを取ろうとしたら腰が痛くなった、などなど色々なな切っ掛けがあります。

これらはすべて、原因ではなく、切っ掛けです。

切っ掛けが起きる前にもう原因があります。

原因がないのに、切っ掛けをいくらしても腰痛は起こりません。

切っ掛けと原因が重なったときに腰痛は起きてしまいます。

腰痛が起きているときは

①腰痛が起きているときの状態を説明すると、体に多くの疲れやストレスががたまります。

②疲れやストレスがが多くたまると体は歪みが徐々に起きていきます。

③体の歪みが起きていくと、骨盤も歪みを起こしていきます。そして背骨も歪みを起こしています。

④この歪みが、骨盤を固定しているじん帯や筋肉のバランスを崩してしまいます。

⑤この時に、ある切っ掛けをすると急に腰が痛くなって腰痛になります。

これが腰痛のメカニズムです。

必ず、腰痛が起きるときには、この状態になっています。例外はありません。

どんな腰痛も必ずこの状態になっていますので、ここから改善していくと腰痛は必ず改善していきます。

しかし、、程度が色々あります。

ひどいのから軽いのから腰痛のタイプがあります。1度で改善しないからと言ってあきらめないでください。

回復させていくのも回数や時間がかかります。

回復というのは、すぐ回復する方もいれば、こじらせていて回復しにくい方もいます。

腰痛

 

腰痛を楽にして行く為に北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院。

 

 

2017年02月19日

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティック

当院はカイロプラクティックの治療で骨盤の歪み・背骨のズレを矯正して整えていくことをしています。

カイロプラクティックは唯一、骨盤の歪み・背骨のズレを矯正して体を整える事ができる方法です。

マッサージは筋肉に対してほぐすことをしています。

低周波治療器や電器はプラスからマイナスへ電気を流して筋肉を柔らかくすると言うよりもコリをほぐすと言うよりもコリをわからなくすることをしています。

痛みやこりは筋肉でもなく背骨の歪みやズレが原因です。

この原因である背骨や骨盤の歪みやズレを矯正することができるのは、唯一なのがカイロプラクティックの治療です。

歪みやズレから起きる症状は多くありますが、腰痛、肩こり、生理痛、便秘、首の痛みと首のこり、膝の痛み、などが歪みやズレからおきている代表例です。

カイロプラクティックは

カイロプラクティックは歪みやズレを整える事で筋肉のコリや緊張、リンパの流れを良くしていくことができます。

カイロプラクティックで扱う歪みやズレは風邪を引いても起きています。

ストレスがたまっても歪みやズレは起こります。

胃の痛みでも歪みやズレは起きています。

下痢をしても歪みやズレは起きてます。

頭痛の時も歪みやズレはあります。

ギックリ腰を起こしても歪みやズレはあります。

寝違えても歪みやズレはあります。

内臓の病気でも歪みやズレが関係しています。

このようにすべての歪みやズレに歪みやズレは深く関係しています。

カイロプラクティックというのは

カイロプラクティックと言うのはボキボキすることではありません。

カイロプラクティックの施術で痛くない矯正で有名な専門の先生がいるカイロプラクティック院です。

カイロプラクティックというのはボキボキしたりすることですが、当院ではボキボキしたりすることはしていません。

カイロプラクティックというと、普通はボキボキしたり電機や機械を充てる、ことをしています。

当院では、全体の施術がマッサージ感覚で矯正をしています。

しかし、マッサージではありません。

マッサージは筋肉の対してほぐしたり癒したりしています。

しかし、、これだけでは、原因の歪みが残っています。

歪みも改善していかないと、根本的には原因だけが残っています。

原因は歪みですが、歪みは徐々に悪化していく場合が多くあります。

普通は、筋肉だけで起きることもありません。

筋肉と歪みが同時に起きています。

そして、歪みが起きる原因が、もっと奥底にあります。

当院ではこの歪みが起きる奥底の原因から改善していくカイロプラクティックをしています。

カイロプラクティックと言うのは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北九州市小倉、八幡、戸畑、行橋、門司、若松などからカイロプラクティックなら人気のある評判の良い、有名で専門の歪み矯正はカイロプラクティック徳力整体院。

2017年02月15日

小顔矯正

小顔矯正

小顔になれる小顔矯正

小顔矯正で顔が小さくなるための一番の近道は体調からあげて体質改善で体を変えていくこと。

いくら顔を小さくしようとしても体調が悪いままでは顔が小さくなりにくいし戻りやすくなります。

顔と言っても体の一部なのですべてに関係しています。

体調が悪いと疲れやストレスの蓄積、リンパの流れ、老廃物の蓄積、骨盤の歪み・背骨のズレ、内臓の働きの低下、代謝の低下などなどが起きています。

人によっては睡眠負債が多くなっています。睡眠負債が多くなると脳疲労が起きています。脳疲労が起きると体調も限界どころではないくらいに落ちていますが、これも感じない方も多くなっています。

脳疲労

脳疲労が起きると脳はどんどん疲れやストレスをためていきます。そうすると痛みやこりに鈍感な状態、痛みやこりのマヒが起こります。

ここまで脳が弱ると脳から脳内麻薬がでてエンドルフィン、エンケファリン、βーエンドルフィンというモルヒネに似たホルモンに変わります。

ホルモンに似たホルモンは脳をマヒさせて痛みやこり、体調の悪さを感じなくさせます。

当院の院長が小顔矯正の希望の方を検査してみると検査では体調はすごく悪いと言うことがわかるのに、本人は、「体調が良いと思ってきました」と言う事を言います。

当院の院長の検査の方が正確です。

当院の検査は体のある部分を使って検査することをしています。自分の体の方が正確に反応して体調が悪いと言っているのに、脳がマヒさせて痛みやこりを感じなくさせているから体調は良いと思っています。

でも、体は正直ですから背骨の検査や骨盤の検査をすると歪みやズレが多くあります。

体調が良ければ歪みやズレは起こりません。

体調が良いと、骨盤の歪み・背骨のズレは起きていません。

こんな歪みやズレがあるまま小顔矯正をしても、顔が小さくなりにくく効果が長く持ちませんし戻りやすくなります。

顔が小さくなるためには体調と体質を変えていくと小顔になることができます。

その為の小顔になれる小顔矯正をしています。

他院の小顔矯正は、体調を上げる小顔矯正ではありません。

体調から小顔矯正にしていくと言うことは、大変難しく高等テクニックの一つなので、簡単にはできませんので。

ただ、顔を押さえつけてする小顔矯正だと、効果もなく、戻りやすくなります。

そして顔の浮腫みが起きやすくなります。

小顔矯正
電器や機械も

電器や機械も同じです。

もし電器や機械などで小顔矯正をしても、効果が薄く、戻りが大きくなります。

空気の圧力でする顔を締め付ける小顔矯正も同じです。

どちらも効果が薄く、戻ります。

その理由は、

無理な小顔矯正にあります。

無理な小顔矯正は、無理にやっている訳ですから、効果と持続に問題があります。

当院では

理想的な小顔矯正をしています。

無理に顔を押さえつける事ではなく、自然な小顔矯正です。

自然な小顔矯正をしていくと、初回から小顔になることができます。

しかも、ただ単に小顔矯正をするのではなく、小顔にするための理論をかんげてしていきます。

それには体調と体質が関係することになります。

体調と言うのは多くの方が初回は体調が悪くなっています。

体調が悪いと歪みや疲れやストレスが多く蓄積しています。

疲れやストレスが多くたまっていると歪みが起こります。中には顔の歪みがある方もいます。

体の歪みと顔の歪みは関係があります。

顔の歪みが起きている方は体調が落ちて悪くなっています。

体調が悪くなると、顔に出てしまいます。

顔色も悪くなって、目の下のクマ、お化粧のノリが悪くなります。

色々な面に出てしまう事が起こります。

これが体調です。

もちろん色々な痛みやコリ、体の不調状態になります

 

 

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院で人気のある小顔矯正をしています。

 

 

2017年01月21日

肩こり

肩こりを改善するなら

肩こり

肩こりになるのは、肩こりになる原因があるから肩こりになります。なにも原因がなくて肩こりになることはありません。

肩こりと言うと筋肉のコリと言うイメージですが、どうして筋肉のコリが起きるのか、考えたことがありますか??

多くの方が肩こりについてしらないことを良いことにマッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたり、肩に注射を打っても、サプリメントや薬を飲んでも、本当の意味で肩こりはよくなりません。

それらをすると、確かに肩こりがやわらいだり、楽になるような感じを与えますが、肩こりには原因があるといいましたから、この原因をのこしておくと先将来の病気につながりやすくなるからです。

肩こりを物量(サプリメント・薬)や対象療法(マッサージする・低周波治療器や電器する、湿布を貼ったり、注射をうつこと)ばかりしていると原因はどんどん進行していくからです。

ですから肩こりの治療をしている方は病気に進行しやすくなるのが現実です。

なにも原因がなくて肩こりになる筋肉のコリが起きることはありません。

多くの

肩こりの場合、歪みやズレがあります。

肩こりになるのは背骨の歪みやズレですから、歪みやズレがあると筋肉は骨から骨へついていますから骨が歪みを起こすと筋肉も緊張したり固くなったして肩こりを起こしていきます。

しかし、背骨の歪みやズレも起きる原因があるから歪みやズレを起こしています。

ここが一番の問題です。

背骨の歪みやズレを起こすのは内臓です。しかし内臓といっても病気ではありませんから、肩こりで病院の検査をしてもわかりません。

いまだ病気にならずと言う事ですが、先将来の病気の暗示が肩こりとしておきています。

進行途中では何もわかりませんが、進行してしまったものが病気です。

ですから本当の病気にになる前にならないようにして内臓を強くしていくのが体質改善の治療です。

しかし、その前に体質改善ができる状態にしないと体質改善の治療はできません。

まずは体調から上げて体力を上げて準備をしていく必要があります。

その為にも体調を上げるだけで肩こりは楽になります。

ほとんどの場合、体調を上げると言う事はしていません。

当院だけが体調を上げる治療ができます。

体調を上げると体力も上がります。調子が良くなります。骨盤の歪み・背骨のズレも改善していきます。内臓の働きも良くなります。

この良くなった状態で体質改善ができるわけです。

肩こりというと

肩こりを楽にするなら湿布を貼ったりしても、マッサージをして揉んでも、低周波治療器や電器をしても一時的ですから肩こりが楽になっても、原因は残ったままになっています。

肩こりになるには肩こりの原因がありますから原因から変えていくことを考えないと一時抑えばかりしていると形を変えてでしまいます。

肩こりと言うと筋肉のコリと言う感じですが、筋肉も長くコリを起こしていると固くなったりしていきます。

筋肉が一度固い方にいくと、いくら低周波治療器や電器をしても、マッサージしても、湿布を貼っても、そのときだけです。

しかし、固くなればなるほどコリは、あるけど感じません。

つまり感覚的なマヒ状態になるからです。

神経麻痺が起きてコリを感じなくなります。しかし、それだけではすみません。

手の血行障害、しびれ、握力低下、ものを落とす、こわばりなどなどが起きていきます。

手の血行障害、しびれ、握力低下、ものを落とす、こわばりが起きる時には、周辺の筋肉も固くなるし中にある神経、血管、リンパ節なども固くなります。

全てが固くなってしまい、手の血行障害どころか、手が悪くなります。

筋肉が固いと言う事はそれだけではすみません。色々なトラブルをおこしていきます。

肩こり
肩こりを原因から解消していく事をしています。

肩こりは、筋肉の疲労から起きる時が多く見受けられています。

肩こりは、あまり肩の筋肉を使いすぎると、筋肉が疲れてしまって、筋肉疲労になります。

肩こりになるときには、体にも疲れやストレスがたまって肩こりになります。

肩こりで筋肉の問題がある時には、僧帽筋と言う筋肉が関係して起きています。

この僧帽筋は頭の後ろまである大きい筋肉なので、この僧帽筋がコリを起こしていくと首の痛み、首のコリまで起こります。

肩こりは

肩こりは筋肉のコリですが筋肉だけではなく歪みも関係して起きています。もちろん、筋肉も硬くなったり、循環が悪くなったり、リンパの流れが滞って老廃物がたまることも起きています。コリを起こしていているときも色々なな状態が起きています。

 

肩こり

 

北九州市小倉南区、小倉北区、八幡東区、八幡西区、戸畑区、門司区、若松区、行橋市、下関市で30周年の徳力整体院。

 

 

2017年01月19日

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティック

カイロプラクティックというのはボキボキしたりすることが多くありますが当院ではボキボキしたりすることをしていません。

痛みやコリになるときには、歪みが起きています。

この歪みには歪みの原因があります。

どうして体は歪みを起こすのか??

歪みを起こす原因があります。

もし歪みの原因がなければ歪みは起こりません。

この歪みの原因は

体に蓄積する疲れやストレスがが、すべての原因です。

疲れやストレスがというのは、簡単に考えがちですが、簡単ではありません。

例えば、

マッサージすれば、疲れやストレスがは改善する??

電気治療をすれば疲れやストレスは改善する??

サプリメントを飲むと疲れやストレスがは減る??

簡単に減ると思っている疲れやストレスが減ると思っていると大変なことになります。

疲れやストレスがは際限なく蓄積していきます。

解消する手段がないくらいに。

これほど疲れやストレスがを減らすことは難しくなっています。

疲れやストレスがの蓄積が最大に老化を促進してしまいます。

疲れやストレスがというのは最終的にどこかに蓄積していきます。

どこかに蓄積することが、その部分の老化を促進してしまいます。

老化の促進が年齢以上に早くなったものが病気です。

しかし、弱い内臓に疲れやストレスがより多く蓄積していきます。

より多く蓄積したものが、そのままの状態でないのはわかりますよね。

弱い内臓に多くの疲れやストレスががたまればたまるほど、病気に近づきやすくなります。

でも、今は病気ではありません。

今は病気ではないから、検査しても異常は出てきません。

もし、異常が出てくれば、もうそこの部分(内臓)は、病気になっています。

しかし、今すぐ悪くなっていくものではありません。

半年?、1年?、3年?、5年?、いいえ、15年から20年かけながら弱い内臓が疲れやストレスがをためて病気に近づきます。

いま、病気になっている方は、約20年前から病気になっていっています。

なっている途中では、病気ではありませんが、病気になっていってる途中で時々痛みやコリを起こしています。

痛みやコリと病気は関係があります。

病気は、先将来の病気ですから、今は病気ではありません。

ですから検査しても人間ドックで検査してもわかりません。健康ではなく異常なしでもなく、検査で異常は見つかりませんでした、ということになります。

異常は見つかりませんでしたというのは、健康でという訳ではありません。

出てきませんでしたということです。

人が何かの痛みや不調状態を訴えて病院に行って検査しても、少しくらいの悪さで大したことがないということを言われたことがある方も多いと思います。

また、心臓がどうにかあると病院に行っても、何か起きた時に来てくれということを言われた方も多いと思います。

何かの異常を訴えて病院に行っても、異常なしということで帰った方も多いと思います。

この状態を当院では痛みやコリと関係があるということを言っています。

 

 

北九州市小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松区、行橋市、下関市のカイロプラクティックの施術で矯正する。

2017年01月09日