膝の痛み

膝の痛み

膝の痛みを改善する

膝の痛みを楽にしたいと思うなら原因から改善することを考えて下さい。

膝の痛みと言うと病院でヒアルロン酸を注射を打っても原因には関係なく原因から見つけて解消しないとヒアルロン酸ばかりしていると中には変形性膝関節症に進行することもあります。

ヒアルロン酸を注射することは一時しのぎですから、直している訳ではありません。

どうして膝の痛みがあるのか、トイウ理由があります。

この理由から見つけることをして膝の痛みを楽にしていくことです。

多くの膝の痛みがある方が、当院を訪れていますが、病院に行って治療を受けていても膝の部分を見てみるとブヨブヨしていたりハレがあることも多くあります。

まずは膝関節の炎症やハレを改善していくことからしないと、膝の痛みを直すことはできません。

膝の痛みを楽にすることと、膝の痛みを直すことは違います。

膝の痛みを楽にすることはヒアルロン酸でもできるかも知れません。

ヒアルロン酸では膝の痛みを直すことはできません。と言うのは原因を見つけることもしないし、ただの膝の痛み止めですから。

痛みには原因から

膝の痛みが起きるときには原因がありますから、原因から改善していくようにしていますが、原因から改善する為には、膝の痛みを楽にすることから始めなければいけません。

膝を触ってみると炎症やハレがある方が多くいます。

病院に行かれている方も膝を検査してみるとかなりの確率で炎症やハレがあります。

この炎症やハレがどこにあるのか??、どこから来ているのか、それを検査することをしないと先に進めません。

筋肉の炎症・ハレなのか。

じん帯の炎症・ハレなのか。

軟骨の炎症やハレなのか。

骨の炎症やハレなのか。

また、その他の物から膝の痛みが起きているのか??

どこに膝の痛みの原因があるのか??という検査をすることをしています。

関節が楽になったら

膝の痛みが楽になってきたら、どうして膝の痛みが起きたのか、その先にある原因を見つけていく必要があります。

多くの膝の痛みの場合、体調と内臓が深く関係して膝の痛みを起こしています。

膝の痛みと言うとある内臓を思い浮かぶくらいです。

その思い浮かぶ内臓は肝臓です。

肝臓と言っても病気ではありませんから検査しても異常は出てきません。

異常がでる場合は内臓の悪さが完成してからです。

膝の痛みに関係があっても、今はまだ病気ではありません。

しかし多くの膝の痛みのある方を検査してみると、ほとんどの方が肝臓の原因を示します。

当院では膝の痛みを楽にしたら、肝臓を元気にしていくことをしています。

肝臓に疲れやストレスが多くたまっていると外反母趾、花粉症、アレルギー性鼻炎、蓄膿、いびき、膝の痛みになりなりやすくなります。

どこに症状が出るかは、個人個人違います。

膝関節が弱ければ膝の痛みとして起こります。

鼻が弱ければ花粉症、アレルギー性鼻炎などで起こります。

肝臓と弱い部分が一致したら、その部分で起きているのが症状になります。

肝臓が弱くても弱い部分がなければ症状は起こりません。

内臓と関係する弱い部分は全員、同じではありませんから、Aと言う人は膝の痛みとして起きていたり、Bと言う人は花粉症として起きていると言う事です。

当院の膝の痛みの治療は

まずは膝の痛みから解消していきます。

そして体調を整えながら肝臓にたまった疲れやストレスを軽くしていきます。

そして体質改善の治療で肝臓を若返らせていきます。

膝の痛みを原因から解消

 

北九州地区で北九州市小倉北区と小倉南区から膝の痛みなら当院へ

2017年08月25日