肩こり

肩こりを直す

肩こり

肩こりを直していくためには筋肉ばかりほぐしていないで、そろそろ筋肉以外の問題も考えていきませんか??

筋肉をほぐしていくことは重要な肩こり解消の方法ですが、多くの肩こりは筋肉だけではありません。

筋肉をほぐしていく方法は色々あります。

肩こりというと筋肉をほぐせば、一時的に肩こりは楽になったように感じますが、これが重大なことです。

何かの症状が起きた時に、何かをすれば一時的痛みやこりを感じなくなることがあるからです。

この感じなくなることが肩こりを治ったと思わせてしまうために、そればかりしていると言うことがあります。

肩こりが治ったと思わせる物は

肩こりのある部分を揉むこと。

肩こりをマッサージすること

肩こりがあるから運動で解消する

肩こりのある部分に低周波治療器や電器をあてること

肩こりのある部分に湿布を貼ったりすること

肩こりを病院で注射を打ってもらうこと

肩こりに効くというサプリメントを飲むこと

肩こりをボキボキしたりする整体院やカイロプラクティック院の治療

などです。

しかし、肩こりには原因が潜んでいます。

これらの治療は筋肉ばかりに注目している治療法です。

整体院やカイロプラクティック院のボキボキもどうして背骨の歪みが起きているのかと言うことまで考えていません。

肩こりが起きる時には原因があります。

肩こりの原因を見つけることは簡単ではありませんから、肩こりの原因はわからないから対症療法ばかりしています。

それしかやりようがないし、一応、肩こりが楽になると思われるから。

一番、簡単な肩こり解消法は低周波治療器や電器を肩に充てることです。

当院でも昔は低周波治療器や電器をしていました。

低周波治療器や電器の意味も知らずに。低周波治療器や電器の意味とは、これらをすればするほど筋肉疲労が起きます。筋肉疲労を起こして筋肉のコリを改善する所か、筋肉疲労している上に疲労を多くします。

疲労に疲労を重ねると言うことでコリを解消するのではなく余計にコリを重ねてわからなくしていきます。

この意味を知ったから低周波治療器や電器をやめました。

やめる限りは代わりになるものを見つける必要がありますから、それを技術の向上に求めて努力してきました。

当院が努力したものは検査する技術力と治療技術力です。

検査ができないと肩こりが筋肉から起きている肩こりなのか、それ以外から起きている肩こりなのか判断ができません。

検査することができないと、ただマッサージをしたり、低周波治療器や電器をしたりということになりかねません。

それでも肩こりは楽になったように見えますが、そんなことをしていたら、原因はどんどん進行していきます。

特に良く肩こりを起こして、通院している方ほど、病気なる確率が高くなります。

低周波治療器や電器などばかりしていると関係する原因は進行していきます。

低周波治療器や電器をすればするほど病気が速くなります。

肩こりと言っても病気と密接に関係しています。

肩こりの肩は確率的に心臓の病気、肺の病気、胃の病気、肝臓の病気になりやすい方です。なると言っているわけではあえりません。

確率が高いと言う事です。

いくら病院に言って検査しても病気になっていないとわかりません。

病院では病気を検査することで見つけていきますが病気として完成した物しかわかりません。

病気として完成したものは、もう病気です。

病気になる時もゼロから100になることはありません。

なっていく過程があります。いままで人間ドックで異常がなかったものが、一気に1年で異常が出ることはありません。

いままで正確にでていないだけです。

当院では肩こりの筋肉からほぐしていきますが、検査して筋肉のコリがあるか確認しながら治療していきます。

肩こりは歪みから

 

 

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にして行くためには

2017年08月15日