肩こり

肩こり

肩こり

肩こりを楽にして行くためには一時抑えよりも肩こりの原因から改善すること。

肩こりにも肩こりになる原因があります。

この肩こりの原因から改善、解消することが一番の肩こりを直すことになります。

何も原因がないのに肩こりが起きることはありません。

肩こりを筋肉だと思って改善する方法もありますが、筋肉だけで起きる肩こりは多くありません。

多くの肩こりには筋肉以外の原因があります。

肩こりを筋肉だと思って筋肉を柔らかくする事ばかりしていると、筋肉以外の原因が進行していきます。

筋肉以外の原因も、いつまでも同じままではありません。

筋肉もマッサージしたり、低周波治療器や電器ばかりしていると、柔らかくなると思うのはしている時だけです。

すればするほど筋肉疲労が起きて固くなります。

低周波治療器や電器をすると、徐々に筋肉は固くなります。

肩こりを揉んでも筋肉疲労が起こりますから、揉めばもむほど肩の筋肉は固くなっていきます。

コリを改善

肩こりを楽にしていくためには筋肉のコリから始めなければいけませんので筋肉からほぐしていくのが始まります。

しかし、それだけでは肩こりは楽になりますが、肩こりを直すとは言えません。

筋肉だけで起きる肩こりはないと説明しましたので、では何があるのか??という事になります。

肩こりには筋肉のコリと背骨の歪みやズレがあります。

歪みと言うのはいくつかの骨が連なって起きるズレのことです。

ズレとは一つの骨のズレのことです。

例えば肩こりの場合、首の骨が関係して起きている時もありますから、首の骨の3つか4つの骨のズレがあると歪みと言います。

一つの骨のズレの場合にズレと言います。

だから体全体の歪みも歪みと言います。体全体のズレとは言いません。

肩こりを直す

肩こりを直していく時には、筋肉のコリや背骨の歪み、ズレが深く関係していますが、それだけではなく、どうして背骨の骨が歪みをズレを起こしたのかと言う事があります。

なにも原因がなくて中枢神経を守っている骨が歪みやズレを起こしたら大変です。

姿勢や猫背でも背骨が歪みやズレを起こしていたら、どうしようもありません。

外的な要因

仕事で肩を良く使うので肩こり

キーボードを使う仕事をしているので肩こり

同じ肩ばかりバックを下げるので肩こり

携帯を良く使うので肩こり

ゲームをして肩こり

洋裁をして肩こり

肩に力を入れる仕事で肩こり

などが外的な要因ですが、これでは筋肉のこりくらいです。アイシングや湿布を貼っても改善しています。

これが本当の筋肉疲労ですから。

しかし、

本当の肩こりは

外的な要因ではなく肩こりは内面的な要因で起きています。

内面的な要因と言うのは、体にたまる疲れやストレスですが、これがどこにたまるのかと言うことが重要なものになります。

疲れやストレスは筋肉にもたまりますが、多くは内臓にたまっていきます。

内臓にたまった疲れやストレスが多くなればなるほど体の内面から崩れていきます。

この体を崩す原因は、内臓です。

内臓といっても病気ではなく疲れやストレスの蓄積です。

内臓というと、即、病気と考えるのは違います。

病気になるには時間と細胞の変化が起きないと病気にはなりません。

しかし肩こりは、このと関係していますが、今は病気ではありません。

細胞の変化

肩こりと言うのは、この細胞が変化していく過程で起きる現象です。

細胞が変化していても症状は起こりませんが、首の痛み、首のコリ、肩こりとして感じています。

つまり肩こりは老化から起きるもので疲れやストレスが一時的に多く蓄積した時に肩こりとして感じる物です。

 

肩こりの原因とは

北九州市で小倉南区、小倉北、八幡東、八幡西、戸畑、門司、若松、行橋、下関市などから肩こりを楽にして行くためには。

当院では肩こりを直す為には、北九州 肩こり、北九州市 肩こり、小倉南区 肩こり、小倉北区 肩こり、八幡東区 肩こり、八幡西区 肩こり、戸畑区 肩こり、行橋市 肩こりなどの検索キーワードで人気です。

2017年08月09日